タミヤ 4号戦車 G型を使ったディオラマ、完成しました。
タイトルは"tomorrow it might be me"(明日は我が身)です。
タミヤの新製品を使いたかったので、フィギュアの仕様からアフリカ戦線になりました。
最近のタミヤのフィギュアは、載せるだけで情景が想像できる素晴らしいものがセットされているので、いいですね。
特にこのケベックカステンに腰かけてるフィギュアを見たときに、「これを載せたい!」と思いました。
何といっても重心や体重移動がとても自然で素晴らしいです。
今回はドライブラシにエナメルではなくアクリルを主に使ってみました。
塗料が無駄に伸びすぎず、これがスタンダードになりそうです。
ティリーも土台も以前に作ったものを再利用しているので、時間も短縮出来ました。
(2021.9.26)



製作記へ