Tiger 1 Early Production
 ソ連の新型戦車T34に対抗すべく開発されたドイツのタイガーI型重戦車は、強力な88mm砲と最大100mmもの装甲厚を持つ当時の水準をはるかに超えた戦車として早くも東部戦線に投入されました。塔状のキューポラを持つ旧型砲塔のタイガーI型のうち、1943年1月の操縦手用ペリスコープ廃止から、新型砲塔が装備される1943年7月までの生産車を一般に初期生産車と呼びます。

  アカデミーのティーゲルI、完成です。虎コン用に、ベースを付けて、なおかつカットモデルを!と奮発しましたが、なんだか中途半端に思えたので、ベースは外し、単品となりました。今回は足回りをいつもより汚そう!と決意。アクリル溶剤をサッと塗り、その上からパステル粉(ダークイエロー系)を筆で乗せるように置いていきます。その後、黒+茶色のパステルをくぼんだところに塗りつけて、乾いていない泥を表現してみました。(でも、なんだかきな粉を付けた、わらびもちに見えてきた・・・・汗)。ウェザリングは奥深いです・・・
(2001.8.1完成)
製作記へ