97式軽戦車 テケ (ファインモールド)製作記
TYPE 97 "Te-Ke" (Fine Molds) making
 組みたて完了です。車輛自体は小さいけど、キットにエッチングパーツが入ってたり、リベットを追加する部分があり、予想以上に時間がかかってしまいました。キャタピラの部品が小さく、組み上げるのに少し苦労しましたが、完成後は重量感がでて、いい感じです。
キットには車輛に関する詳しい解説書が入っており、メーカーの車両に対する「愛」を感じます。また、合いもバッチリで良いキットだと思いました。エンジン等、車内も再現されており、前部ハッチを閉じてしまうのはもったいないと思いつつ、泣く泣く閉じました。
(1999.11.14)
 ビネット作製途中経過です。11.5cm×15cmのベースに4.5cmのアガチス材(厚さ3mm)で立ち上げ部を作ってます。ウレタンフォームを適当に貼り、ドフィックスの壁補修材を盛った上からミラコンを茶こしで振りまきました(AM誌でおなじみの方法)。目止めのためマットメディウムを水で薄め塗ってます。
 フィギュアは、ドラゴンにホーネットのヘッドを付けました。日本人のヘッドを探したけど見つからず、仕方なく代わりに「アフリカンヘッド」を使ってます。(内緒です)
(1999.12.10)
 テケのベースの完成です。お昼から作業始めて、夜11時ごろ終わりました。ゼィゼィ・・・・
なにせ草植えが、めんどくせ〜っす。草は麻ひもをピンセットでしごいて、ほぐしてフィールドグラス(鉄道用)と混ぜて、ドリルでベースに穴を開け、マットメディウムを付けて、ピンバイスで穴にねじ込みます。短めの草は直接、マットメディウムで貼りつけてます。地面には乾燥パセリをマットメディウムで貼りました。(最初は青のりをふりかけようと考えたんですが、お好み焼きになるのでやめました・・笑)
 後ろの木は針金(東急ハンズで見つけたもので細い針金が20本ぐらい束でねじってあり、ほぐして形を整えるようにできています。)にファンドという粘土をくっつけて作ってます。
 (1999.12.11)
 九七式軽装甲車「テケ」、完成です。小さな車輛なのに結構、時間がかかってしまいました。迷彩はアクリルガッシュの筆塗りです。やっぱ、筆塗りは難しいですね。色合いが実車とはちと違うかもしれませんが、許して〜(笑)
(1999.12.19)
完成ギャラリーへ