TYPE 97 TE-KE (37mm TANK GUN)
 戦場での偵察、捜索や連絡などのために開発されたのが九七式軽装甲車テケです。小型軽量にまとめられた車体は、この種の車両としてはトップクラスの出来といわれ、7.7ミリ機銃型と、37ミリ戦車砲型の2種類が生産されました(作例は37ミリ戦車砲型)。捜索連隊を中心に配備され、本来の任務はもちろん、一部では歩兵直協の豆戦車としても奮戦。また侵攻作戦時には揚陸しやすい小型軽量の利点を活かして上陸部隊の拠点作りにも活躍しました。
(ファインモールドの解説より抜粋)
 初のビネット、完成です。簡単に地面を付けるだけと思ったんですが、ベースやネームプレート、木や草の作成に時間がかかり、ちょっと苦労しました。もう一体、フィギュアを付けたかったのですが力尽き、断念・・・・。(笑)
 ネームプレートは真鍮板をPカッターで切り出したのですが、厚さ5mmだったのでなかなか切れませんでした。3mmぐらいが適当ではないでしょうか。文字はパソコンでクリアラベルに出力し、貼りつけました。シートの貼り方にはコツがあって、端から人差し指で空気を押し出すようにして貼らないと空気が入ってしまい、すごく汚くなります。また、指紋も厳禁です(貼る前は手を洗剤で洗っておいたほうが無難です)。あと、文字が乾くまでしばらくかかるので、プリントアウトしたら最低10分はおいてから貼るといいと思います。
 (1999.12.28 完成)
製作記へ