2017.3.29
住友さん、皆様、完成しました、というか完成させました(苦笑)。
期間延長により救われましたが、骨折によるモチベの低下で
究極の短時間仕上げとなってしまいました。
住友さんはもとより、ロンメル将軍にも申し訳ない。
次回、性根を入れ替えて頑張ります。
ジェリカンなんかは、一発塗装、一回汚し、です(苦笑)。
ブランケットは鉛板(ここまではヤル気がみなぎっていた)。
でも、縞模様にはたどり着けなかった・・・。
汚し塗装なんてのは短時間でも経験がモノを言うんだぜ!・・・汚ねえな・・・。
住友さん。皆さん。そしてロンメル将軍。
本人、十分に反省しておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。


皆様からのコメントです
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
ご自分の体を壊してしまっても、模型は壊さずに完成できましたね。
いつもの屋根裏戦車隊さんの味わいのある汚しは好きですよ。壊さなくても、やはり屋根裏戦車隊さんには汚して頂かなくては...
2枚目写真の屋根のシートも車両部分とは違った汚れでリアルです。
ロンメル将軍を楽しみにしていたのですが、いないのが残念です。
お疲れ様でした。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
おお、壊れてない…いや、クラッシュモデルではない!
(たぶんパーツが反りまくっていて)組めない!と仰ったときにはいっそ壊してしまったら?と思ったのですが、骨折のアクシデントにも動じずっきっちりとやり遂げられたのはさすがです。
屋根のアクセサリーを含め、屋根裏戦車隊さんワールドの作品だと思います。お疲れさまでした。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます!!
me20さんと同じく、クラッシュしていないのが新鮮(笑)
有名な車両だけにいろいろ見どころがありますね。
個人的にはフロントの重厚で鉄っぽい質感が、屋根裏戦車隊さんぽさを感じます
お疲れ様でした!
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
実は今、AFVクラブのボフォース40mm対空砲をいじっているんですが、確かに細かく凝っているものの、
説明書はあちこち間違ってるわ、存在しないパーツを使うよう指示されてるわ、接着位置がよくわからんパーツはあるわ、妙に組みづらいわで、ちょっと参っています。
この調子で大きいパーツに反りまであったら嫌になっちゃうわなあ……と、屋根裏戦車隊さんの苦労がなんとなく実感できます。
塗装に関しては、おそらく、もっと白く乾いて埃っぽいほうが「らしい」のかもしれませんが、
このダークな表現は、いかにも「屋根裏戦車隊節」という感じがします。
一方で、鼻先の変なまだら模様はMax実車のパターンをかなり忠実になぞっているのも素敵です。
>>縞模様にはたどり着けなかった・・・。
ってなんだろう?……と思ったのですが、Beutepanzerに出ている写真を見て納得できました。
いかにも現地調達っぽい感じの柄ですね。
余談ですが、前面装甲板の迷彩、ちょっと

 うい
 ろう

って書いてあるように見えません?
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
パーツが反っていたりで組み立てにも苦労していらしたようですが無事に完成しましたね
大きいバルケンクロイツが鹵獲車両らしくていいですよね。

AFVクラブってキット自体には愛が溢れているのに説明書になると急に素っ気なくなりますよねこちらはどうでしたか?
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます
AFVクラブのキットはあまり作ったことないのですが、大変なのでしょか
組みあがった姿は素敵ですね
骨折のアクシデントにもめげず、完成されてよかったです
お疲れ様でした!
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます!!
マンモスが見れること自体、感無量。
そこへきて、こういう味のある姿で再現されたのは、まことに、ありがたい。(って、宗教じゃないし・・)
組み上げの苦労はお察しします。AFVクラブは組んだことあるので。
将軍との会見が次回に持ち越されたのははなはだ残念ではありますが、
颯爽とした軍団長の姿にいずれお目にかかれることと確信しております。
本作、同様、本体もまた整えられた状態に至られたと推察、予後を祈らせていただきます。
・・・すいません、いっつも、こんな調子で。バカと苦笑していただければ幸いです。

ちなみに、ワタシの現在の状態は、
みなさんのイロイロも、すでにコメントする時間も気持ちの余裕もふっとんでいたりします。
あと2日!
なんとか95%くらいはいってます。もう今日は画像アップの時間もないぜっ!!(笑)
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます!!
カッコいいじゃないですか!!このキット全然注目してなかったのですが、俄然興味が出てきましたよ!
汚しイイですよ!砂漠はこれくらいハードに汚さなきゃ!^^ジオラマに展開とかしたらよりイイ感じになりそうですね。
>一発塗装、一回汚し
って洗剤の宣伝コピーみたいでいいですね。私も一発塗装一回汚し多いです^^骨折されてここまでの完成度、本当に素晴らしいです。おつかれさまでした!
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
実車については全く分からないんですが、結構奇抜な迷彩柄なんですね。塗装が大変だったのでは?おまけに平面車体の形状なので汚しも難しそうです。
骨折のアクシデントにもかかわらず完成させたモチベが屋根裏戦車隊らしいです、私は今月モチベがだだ下がりでキットを触る気が起きません
お疲れ様でした、早いご回復をお祈りします。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
お疲れ様です!
なかなか味わいのある塗装ですね。変な(失礼)な車輌にとてもよく似合った迷彩・塗装方法だと思います。
細かいところですが、車体上部の柵から垂れ下がっているロープなどがいいアクセントになっています
完成おめでとうございます!
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます^_^
いつかは作りたいと思っているマンモス完成させてうらやましいです。汚しいかにも戦火をくぐり抜けてきた感じでリアルです。工作大変だったと思いますがお疲れ様でした。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
ドチェスターは「ロンメルのあの車」しか印象なかったのですが、イギリス軍時の迷彩そのままで使用されているのは意外でした。
しかも前面と側面他とでパターンが異なっていたりとか。
出来れば男のドールハウス的な車内も見てみたかったですねー。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
ハードなウェザリングで鹵獲されて更に酷使され車両の状況を物語っている様です。
面ごとにウェザリングの調子も変えてあって実際の写真をよく観察されて汚れ具合を再現されているものと思います。
ただ、何せ屋根裏戦車隊さんの作品なのでじっと見ているとバラバラに崩れ落ちるのではと期待してしまうのは私だけではないはず。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます
いやーマニアックな車両ですよねー結構好きかもです
汚しの感じもいいですよね
アクシデントもあったようですが期間内完成お疲れ様でした
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。この仕上がりは壊れていなくても屋根裏戦車隊さんの作品だと解かるものである意味、作者独特の作風の域に達していますね。骨折というアクシデント(吹雪の山に一人で行くのはやめましょうね!)もありながらの完成お疲れ様でした!
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
ガッツリ汚しが決まっていますね。
なかなか難儀なキットのようですが、きっちりとくみ上げておられると思います。
屋根裏のブランケットが鉛板とのことですが、そのせいか「重み」を感じます。
浮いてない、というか、屋根にズシッと載っている、というか、プラパーツでは表現しにくいところを、うまく工夫されていると思います。
次こんなの作るときは参考にさせていただきます。
お疲れさまでした。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。強めに汚されても
今回の作品では「バリバリ動いているぜ」という
エネルギーを感じます。
開いているドアから中をのぞきたい衝動に駆られます。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成お疲れさまでした!
破損状態の模型といったら屋根裏戦車隊さんと言っても差し支えないスミコン名物ですが、破損していない作品を見れる珍しい機会で感無量です!?
骨折は私もした事あるので良く分かります
症状にもよるとは思いますが耐えられない痛みではないのですが、地味に日常的に痛いんですよね
そんな中、完成までこぎつけているのに心からお疲れさまを贈ります
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
何よりもまず、アクシデントに見舞われながら
きちんと期日を守ったことが賞賛されてしかるべきだと思います。
それにしても、(ある意味イギリスらしい)単純な面構成で面白みのないデザインですが
迷彩と大胆な汚しで、目を引く仕上がりになりましたね。
(しかし、この形状で組み辛いのはキツいですね)
一枚、開いたドアが気になりますね
中から誰かが出てきそう。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます
存在感がすごいですね。やはりハードなウェザリング仕上げが
屋根裏戦車隊さんならではですね。
わたしもこのキット組みましたが塗装の手順で悩み未だ放置しています
お疲れ様でした
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
生きているような、廃車のようなギリギリ感のある作品で、ついつい、細部までじっくり観察したくなります。そうすると、小物類や、車体内部など、しっかりと作り込まれておられるのが分かり、ハッとします。完成おめでとうございます。

05 屋根裏戦車隊さん
MAMMUT