2016.10.8
住友さん、スミコン参加の皆さん、CGV装甲車(シャロン装甲車)が完成しましたのでご報告いたします。
キットはフランスのJMGTというガレージメーカーのレジン・バキュームフォームでスケールは1/35です。
第一次大戦前の1906年にグルジアの技術者が設計し、フランスのCGV(Charron, Girardot et Voigt)が製造した、初の「鉄板で覆われた装甲車」です。ロシア帝国の車輌ですが、ドイツやフランスでも使用されていたようです(←日本語で読める資料が無いですが、たぶんそんな感じだと思う)。
キットはいかにも古いガレージキットらしく、ディティールはかなり大味なうえ合わせは悪いですが、気泡も少なく、ムクのパーツが多いため歪みもありませんでした。
全体的にあっさりした出来なので、余り細部に拘らずに、それらしく仕上げています。
車体の右側にはドアがないので、ドアのモールドを埋め、記録写真を元にディティールを加えました。
左右4か所の窓は全てシャッターで塞がれている状態で成型されています(実車のシャッターは上下にスライドさせて開閉する構造です)。
また、砲塔のオチキス機銃はCalibre35のものに替えています。
前照灯は記録写真では布カバーで覆われており細部は不明ですが、当時は未だオイルランプであり、素材は市販車と同じブラスのままだろうと判断してガイアノーツのブラスで塗っています(黄色が凄くキツイ)。
車体両側面に斜めに取り付けてある樋状の物体は、簡易架橋です。
言わばWW2ドイツ軍のSd.Kfz.251/7に搭載されている突撃橋の先祖のような物ですが、このシャロン装甲車は基本クラシックカーを鉄板で覆っただけの物なので、余程荒地の走破性が悪かったのだろうと想像します。
塗装は、キットの説明書にぽつんと書いてあった「フランス陸軍はミディアムグレー」「ドアに文字(デカール)」だけを頼りにでっち上げました。実際はもう少し濃い色かと思われますが、詳細はさっぱりわかりません。
基本塗装は下地にガイアノーツのジャーマングレーをムラムラに吹いた上にガイアとMrカラーの飛行機用のグレーの混色をオーバースプレー。ウェザリングは全て油彩(茶系・グリーン系)で行っています。
また当時のタイヤはまだカーボンが含まれていないため、白く塗っています。
キットの白文字デカール(Armee L- Q - G No.50)は使用不能だったため、インレタをクリアデカールに転写して自作しています。
相変わらずのあっさり仕上げですが、グレーと白で目に優しいね、ということでひとつ(笑)。
住友さん、ご参加の皆さん(既に完成された方も、現在ガンバって製作中の方も!)、今回もまたスミコンに参加させて頂き、ありがとうございました。

今後もこんな感じで地味〜に作って行けたらと思っています。よろしくお願いします。


皆様からのコメントです
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
装甲車ってトラック改造でも、見た目にも強面に見えますが、こちらの作品は何だかほのぼの愛くるしい形をしていますね。
毎度のことながらキチンとカッチリした作りで、仕上もさわやかでとても良い香りがしそうです。
いつまでも見とれていたい作品ですね〜。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成、ご苦労様でした!
いや〜、いいですね、このフォルム
ビックリドッキリメカ大好物なのでたまりましぇん
タイヤは真っ黒に塗ってしまいそうですが、カーボンが含まれてないんですね
勉強になります!
お疲れ様でした〜
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
フェンダーおよび支持架の薄さといったら!!
お見事としか言いようがございません。
また、前照灯が差し色となって全体を引き締めているのも
素敵です。
なので、ちょっと現実感を忘れるくらい、不思議かつ魅力的なモデルになっていると思います。
お疲れ様でした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
とてもシブイ仕上がりで、素晴らしい作品だと思います
モノトーンの雰囲気ですが、ボディをよく見ますと、さまざまな色味があり、深いですね。
タイヤの件、初めて聞くお話で、大変勉強になります。
ご苦労さまでした!
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
自分は不器用なのでレジンキットが苦手なのですが、この作品を見ていると非常にカッチリと仕上げられていて自分でも出来そうな気になってきます(笑)
ブラスで塗られた前照灯もいいアクセントになっていて単色の車体の印象を引き締めていると思います。
工作の方法など勉強になりました。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます!!
カッコイイ、カッコ良過ぎますこの車両。まさに私はツボです。
私個人的にJMGTの飛行機系のヌキの綺麗さが好きでフランス機のソルニエやポテーズ、トリダンにイスラエル仕様のウーラガンまで買ったのに、どーーしてもこの車両だけは、購入するまでには至らなかった車両の完成品だけに感慨深いです。だってどんな車両か全く分からないからです笑。なぜJMGTは35でこの車両だけ製品化したのか??
まず完成品を見ることができない貴重な車両を、本当に丁寧な工作、清潔感ある塗装、いつまでも見ていたい作品ですね。
お疲れ様でした(o^^o)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます!

この手の車輌が喜ばれる場所は、もうココしかありません
合同展で展示されるのが楽しみです。作品を拝見できるのも、もちろんですが
私の、もう一つの楽しみはme20さんの作品に見入るマニアの人たちです。
みなさん、ただ者ではない雰囲気を醸し出していますからね
黙っていれば質の良いインジェクションキットが発売されたと思う素晴らしい作品です。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
小さくて派手なポイントのない車両をここまで存在感のある作品に仕立てられるのは流石ですね。
タイヤまで含めて単色に近い状態で下手をするとサフ吹き状態になってしまう様な表現の幅が限定された条件下でも一目でそれとは異なる深い表現がされている様に思います。
ディテールも最新のキットにも見劣りしないパリッとしたキレのあるものになっていてカッコいいです。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。やはりひと味違いますね。
目に優しい色合いでほっとする中に、精密さのスゴ味を感じます。
正確な形と細かく薄い部品の対比で、とても大きく見えますが、
手のひらにすっぽりおさまるサイズですよね。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
大変のっぺりとした車体に繊細な塗装をされてて見飽きない作品に仕上がっていると思います。
me20 さんの作品を拝見していつも思うのは、工作の繊細さはもちろんなんですが塗装の仕上げ方がなんとも絶妙なんですよね。
2枚目のオイルランプに付属する青い(何か分からんのですが)のか何ともお洒落さんです。
来年静岡で拝見させていただきすね
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます!
いつもながら高い工作精度と上品な塗装でとてもバキュームキットとは思えない高い完成度ですね。

車体色の淡い色の中で前照灯の金色が文字通りキラリと光っていて全体に引き締まった印象を与えているのが凄く良いと思いました!
製作お疲れ様です!
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。

う〜む。かないませんなあ。
ブログでもコメントしましたが、元が「レジンのむくの塊」であるにもかかわらず、
塗装で一気に「ペラペラ感」が演出されているのが不思議でもあり、さすがでもあり、という感じです。

第一次大戦頃までの車輌や飛行機でもよく見る、カーボンが混ぜられていない「白いゴム」の表現も素敵です。

しかし、いかにペラペラの装甲であっても、この細いタイヤでは、「どうぞめり込んでください」と言っているのと同じですね(笑)。
コの字の簡易架橋というかサンドチャンネルというか、もう始終大活躍だったんじゃないでしょうか。
これもいつか秋葉原YSに出張してくるといいなあ……。
ちなみに「先輩」2輌は秋葉原に行くたびに見ています。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
三ヶ国語で検索してもヒットしないとは!かなり貴重な完成品ですね。
機会があればぜひ実物を拝見したいです。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます!
かっこいいかっこ悪さ?ですね。
大変だったと思います。
でも、ガレージキットを完成させる満足は作った本人にしか解りませんよね!

クランクハンドルを回してみたいです。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成、おめでとうございます。
レジンキットの車両って、そもそも希少な車両なのでしょうけど、
その分、情報も少なくて工作や塗装にはさぞご苦労があったかと思います。
あっさりとした車両に見えますが、その時代にはれっきとした兵器だったんですよねー。勉強になります。
お疲れさまでした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
窓枠内部等に見られる微妙に変化するグラデーションが美しいです。
この表現、やってみたいのですがなかなかできるもではなさそうな気がします。
時間を費やして、じっくり製作されていたようですが、その情熱がすごいですね。
私はすぐに飽きてしまい、次の物を作りたくなってしまいます。
秋葉原または静岡ホビーショーで実物を拝見してみたいです。
おそらく実物は写真で見るのとは違う見え方が感じられるのではないかと思います。
お疲れ様でした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
途中経過からは全く想像できない美しい仕上がりに惚れ惚れします。
しかも、意表を突く白さ。
工作も塗装もアイディアも文句のつけようがありません。
素晴らしい。
お疲れ様でした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます
いつもレジンキットを綺麗に組む方々は尊敬してしまいます。
インジェクションキットの常識が通用しないのを
その後残さず仕上げてしまいますから
塗装も微妙なグラデーションが綺麗です
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます
あの夏休みの自由研究的な雰囲気を漂わせていたガレージキットをピシッと仕上げるのは流石としか言いようがありません
やはり模型は基礎の技術があってこそいい作品ができるのだなと改めて感じさせられました

私はこの車両はグランドパワーで白黒の写真を見かけたぐらいなのですが、塗り分けはどのように調べたのでしょうか?
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
VKインタラさんが言われているように。前照灯のブラス、アイキャッチでいいですね。
最初にここに目が行って、全体のモノトーン感との差が印象的です。
白黒映画から出てきたようなノスタルジックさがとても出ていると思います。
これが塗装で再現できるところ、さすがme20さんです。
機会がありましたら、この作品もぜひ実物が見てみたいものです。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
>>このキットに徹底的に手を入れて原型を留めない作品を発見しました。

こ、これは……。装甲ボディの縦横比をやり直してるんですね?
しかし、せっかくボディを組み直すなら、窓のひとつでも開ければいいのに……。
あっ。元キットのムクのボディにプラバンを貼り重ねてるのか。
しかしまずは何より、裏面のシャーシディテール、どこにそんな資料があったんだろ?ってのが気になりますね。

(でもはっきり言ってしまうと、ボディ作り直しには敬服しますが、仕上がりはme20さんの作品のほうがずっといいです)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。エントリー時のコメントはどこえやら大らかな内容のキットを期待通り「俺が修正してやる!」の硬派な作業でエッジの効いたカッチリしたものに仕上げましたね。塗装の方も以前、何かの洋書で当時のパリの新聞の挿し絵に色付きのものでこの車両が紹介されたものを見てタイヤも含めてずいぶん白っぽい車両だと思ったのですがなるほどタイヤが白いのはそういう訳でしたか。上のスレにある車体裏の超絶ディテールの作品、私も見ましたが本当にどこからあの資料を揃えたのか知りたいです。me20さんも負けずにこの(↓)キットのように壁に当たると分解するようなギミックを付けてください(ウソです。)お疲れさまでした!
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
こういうクルマに鋼板貼っ付けた装甲車、大好物です。
製作状況を見守っていましたが妥協のない工作は感服するばかりでした。
塗装もクラシカルなフォルムに映える色合いですね。
私の師匠であるme20さんのこの作品、是非実物を拝見してみたいです!
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
工作精度の素晴らしさは、途中経過で拝見しておりましたが
こうやって完成した作品を拝見すると
(かば◎さんもコメントしてますが)
薄々装甲で華奢な雰囲気が漂っているのに驚きます。
それと
ツヤ消しの白っぽい基本塗装+ウェザリング
というのが新鮮ですね。こんな仕上げ方もあるのか、と。
ガスヘッドライトもメタル製パーツのような仕上がりで
なんだか高価なミニチュアカーのようですね。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
ちょっと変わった感じの装甲車、面白いです。
高価なレジンキットから時間をかけて仕上げる工程は
未だした事がないので参考になります。
いつかは挑戦してみたいです。
お疲れさまでした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
おくればせながら完成おめでとうございます。ってコメント遅れすぎですよね。いやー、でも、このシャロン装甲車、オシャレの極みです。今は亡き私の類友が見たらさぞ狂喜するハイセンスな一品であります。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
ユニークなスタイルに独特の塗装でびっくりです。
最初はペーパーモデルかと思いました。
黒くないタイヤなんてあったのですね。
明るい色だと下手すると粗が目立ってしまいそうですが緻密に作られていてもちろんそんなところはありませんね。脱帽です。
お疲れさまでした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。コメント遅くなりましてすみません(自分の作品を仕上げることで必死でした)
私もこのキットを持っていますのでどんな工作がなされるか楽しみにしていましたが
これだけすばらしい作品を見てしまうともう自分が作る必要もないかとも思ってしまいます。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
投票時のコメントです
通常、AFVってオシャレ感が乏しいものなんですが、題材の選択のセンスもさることながら、洗練された作品に昇華させる確かな技術と地道な製作姿勢に感嘆いたしました。
最新の中国メーカーキットが雑誌などで多く取り上げられていますが、このようなキットのレポートを見られるのはスミコンしかありません。箱を開けたとたんに気絶するようなガレージキットですが、まるでインジェクションキット?と疑うような正確な組み立ては高い技術があってこそだと思います。やってみると工作難度が高いわりに目立たないフェンダーやライトなど加工パーツの合わせも素晴らしいです。工作技術では群を抜いています。毎日、見ていても飽きないステキな作品です。
今回もサクッと行くつもりがそのままだとたいへん大らかキットを見違えるような素晴らしい仕上がりに仕上げた工作力、またともすれば、サフ仕上げのままだと言われかねない塗装も車体色の微妙な変化が出ていて(白いタイヤもポイントが高いです。)素晴らしいです。
一目見て、大変丁寧な工作がされていることに感心します。
特に整然と並ぶリベットが美しい。フェンダーなどもおそらく華奢な構造だと
思いますが実にかっちりと仕上がっており見ていてとても気持ちのいい作品です
さらにその細かい作業を十分に生かす上品な塗装がいいです。
玩具に等しい樹脂の塊が
徐々にスケールモデルへと変化する
プロセスを楽しませて頂きました。
美しく光沢がありながらリアルな、まさに高級感たっぷりの完成品です。憧れの仕上がりです。いつまで見ていても飽きません。
いつもながらキットに前向きに取り組まれ、たっぷりと時間をかけて作られていて、その仕上がりの美しさには驚かされます。
最初の頃の、あの塊がこうなってしまうのは
驚きを通り越して笑ってしまうレベルです。
そして塗装のセンスの良さ。
タイヤまで真っ白で、アクセントのブラス色。
憎いです。
こんな車輛があったのか!とレジン組合方々の作品選定にはうならされています。
今回の作品は車輛の選定もさることながら、このような塗装があるということ、古き良き時代を模型を通して感じさせていただきました。
また、タイヤの件、カーボンが入らないと白!、これも言われてみればなるほど納得ですが、模型で再現すると違和感を感じる方が多いと思いますが、あえて再現されるところがさすがme20さんだと思いました。
面出しのやり直し、リベットの打ち直しetc……。いかにもme20さんらしい工作を施し、いかにもme20さんらしい塗装で仕上げた作品。me20さんにしては(元がレジンの塊ということもあって)結構さらっと終えたな、という気はしますが、とにかくこういう工作、こういう塗装は大好きなので(自分ではできないなー、というところを含め)1位に選びました。
黎明期の装甲車が持つゴチャゴチャ感という、それもレジン製キットは一筋縄ではいかなかったと察します。
最近では模型誌はおろか、ネット上でもこういったキットの完成作品を目にする事は少なくなっている印象があり、とても貴重なAFVキットではないでしょうか。
工作は大変だと思いましたが綺麗に仕上がっていると思います!
古写真から抜け出してきたようなスタイルと色調、かっこいいです。リベットの存在がしっかり感じられるところも、個人的に好みです。
見た事も聞いた事もない車両を難解なバキュームホームキットから形にしてしまうのは驚きです。塗装も軍用車両らしくないですが、当時はこんな感じだったんだなと納得のいく仕上がりです。
元のキットの出来をものともせずキッチリと精度よく仕上げられる確かな腕は確かなものと思います。
そこをあえて派手なアピールもせずクールに仕上げられえているところが最高にカッコいいです。

T07 me20さん
CGV1906年式装甲車(シャロン装甲車)