2016.10.31
本日は仕事が休みだったこともあり、前日から徹夜で完成しましたので報告いたします。
タイトルは「The Siege of Budapest」ブダペスト包囲戦という意味そのまんまです。
ソ連による包囲が開始された44年12月ごろのハンガリー首都ブダペスト市街という設定にしました。
押し寄せてくるソ連戦車の第一波を押し返し、次に備える為に対策を練っているという情景です。
フィギュアは雑多な面々です。
ズリーニィ乗員の、44年から採用されたドイツ戦車兵風の青灰色の制服で末期ハンガリー軍の雰囲気を出してみました。
ドイツ戦車兵と話をしている戦車兵は旧来の制服で、彼だけは古参兵という設定です。
ドイツ軍側は包囲下にあった2個装甲師団とSSの騎兵師団がいた為登場させましたが、SS兵士は乗馬ズボンの方が騎兵らしかったかも知れません・・・
T-34/85の残骸の前にいるのは、パンツァーファウストを担ぐ少年兵と私服の矢十字党員の民兵です。
軍人達が対策にあれこれ話し合っている一方で、元は一般人である2人は自分達の街に現れたソ連戦車を初めて目にしたのか興味深々、といったところでしょうか。
しかし少年兵は第一次大戦時の小銃、民兵の方は拳銃のみという包囲下の逼迫した状況を表現しています。
矢十字党員の腕章は手描きでやったのですが、フィギュアの塗装でこれだけ一番時間が掛かりました。
ブロンコのズリーニィは今回2作目になりますが、足回りの製作は相変わらずやる気が削げます。
キットは前面の予備履帯ラックが訓練用なので量産型のラックに自作し、細部を修正した程度です。
T-34/85はAFVクラブの174工場製から。
前面装甲板が豪快に吹っ飛んで炎上させています。
後部の機関部ハッチは内側のディテールが無いので実車を参考に追加工作しました。
燃えた際の灰は線香の灰を使ったのですが、ホコリっぽい色になってしまったので、白系のピグメントをのせています。
ミニアート製のHungarian country houseはキットの建物が天井が無く、2階部分の床が半分崩落しているという構造です。砲爆撃で崩れたのだと思われます。
という事で、エントランス部分は上階の床や天井の瓦礫の山になっています。
瓦礫は石膏やプラスモデル製のレンガ、床に使われた木材の細切りを使用しました。
外壁の看板は同梱のプリントされた看板の紙をラベルシールに置き換えて、厚みを持たせる為プラ板を貼っています。
外の歩道に見える広告塔はプラスモデルのレジン製です。
広告のポスターはネットで30〜40年代当時の広告を探し、縮尺して貼っています。


皆様からのコメントです
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。Nasi kandarさんらしい、豊富な知識に裏打ちされたディオラマですね。
先ずズリーニィの周りの群像に目が行き、見慣れないコスチュームの裏側にある大きなストーリーを感じます。
生きているズリーニィと焼け爛れたT-34との対比が、いやはや素晴らしい表現です。お疲れさまでした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
ズリーニーと焼けこげたTー34、それに崩れた建物と見所満載の作品ですね。
特に破壊炎上した表現はお見事でとても参考になります。
フィギュアもそれぞれに個性があってストーリーのイメージがわきやすいですね。
いやはや、本当にお疲れさまでした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
フィギュアの制服も含めた軍装品へのこだわりが、ジオラマにリアリティを与えるとともに見どころとなっていると思います。
また、場面設定に応じたフィギュアの配置、あるいはポージングなども、深く計算されているのが伺えます。
満喫させていただきました。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成、ご苦労様です
ブロンコのズリーニィ、作りたいんですけど手強そうなので躊躇します
壊れた車両や建物、フィギュア等、作業量は相当大変だったと思いますが、上手にこなされてますね
特にフィギュアの面々がかっこいいです
迷彩服の塗装、上手いですね
お疲れ様でした
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます!
撃破されたT-34や破壊された建物、セミスクラッチされたフィギュアなど見所が沢山ありますね。
ポスターがべたべた貼られている広告塔も良い味出してますねぇ。
製作お疲れ様でした!
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
フィギュア、すごいです!数も多いし、一体一体抜かりなく、しっかりと塗装されている!それもそれぞれ異なる制服、、、
被弾車両、すごいです!さっきまで燃えてたみたいです!車両内部も抜かりなく、しっかりと再現されている!
素晴らしいものを見させていただきました。
お疲れさまでした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Nasi kandar 様
完成おめでとうございます。
破壊されたT-34や瓦礫が詰まった建物など手間をしっかりとかけてあり兵士一人一人の細かな設定までこだわって仕上げがされいるところから誠実に製作に取り組まれている様子が感じられ好感が持てます。各部の仕上げも非常に緻密で密度感がすごいです。
一つ気になったのは全体的に高密度な作り込みがなされているのに対して手前の空間が広く空いていてこの部分だけがちょっと寂しい感じがしました。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
T-34、見事に吹っ飛んでますね。これだけでもさぞ大変だったと思います。
人物に対する考証や建物、見どころが一杯です。
ズリーニ、何とも味のある戦車ですね。作りたくなりました。
お疲れ様でした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。

最初、ズリーニィがT-34を撃破!と聞いて
小国AFV好きにとって夢の再現、などと思いましたが
実際の状況は、そんなモンじゃないのですね。

首都ブダペストでの防衛戦ということで
ハンガリー軍人にとっては最期の戦いですね。
ドイツ兵も、包囲されて脱出は絶望的な状況でしょうか。
「次の攻勢が始まったら、もう我々は・・・」
という彼らの心の声が聞こえてきそうです。

素晴らしい作品をありがとうございました。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
戦車と建物とフィギアそれぞれにドラマがあって素晴らしいです。
写真でも十分迫力があるとお見受けしますが、機会があればガン見してみたいです。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます
歴史的なドラマを感じさせる素晴らしいジオラマです
破壊されたT34と対照的なズリー二と個性的な兵士たちと見所が沢山です。
無理に詰め込みすぎずに適度な広さがあるのがリアリティを増してると思います。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。全体がひとつの場面としてとてもまとまっています。
さらに全部の要素がリアルです。壊れた戦車ひとつでも充分な見応えですし、
建物や人物などどれをとっても文句なしで驚きます。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Nasi kandarさま
完成おめでとうございます。
廃墟、廃車、軍装ヲタ、何と私とまる被りじゃないですか(笑)!
しかし、私よりだいぶ丁寧なのは参りました。
それと、建物内部のガレキ、私も多い方が自然で良いと思います。
お疲れ様でした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
遅くなりましたが、完成おめでとうございます。
T-34の壊れ具合、加えて焦げ具合がなんともリアルですね。
また、すぐ後ろの建物に炎上した炎に焙られた跡がうっすらと見える演出、にやりとしました。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
廃墟や石畳みの町並み、屋根裏戦車隊さん同様、私ともかなり被っています。
しかし作者が変われば仕上がりも変わり、興味深く拝見させていただきました。
右手前の空間にマンホールが・・・こう来たかと、ニヤリとさせられてしまいます。
焼け焦げ破壊された車両がリアルであり製作の腕の他に構造の知識があってこそ、ここまでできるとだと思います。
見どころたくさんの作品、膨大な製作量だったと思います。
お疲れ様でした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます
T-34/85の素晴らしい作り込みと壊れっぷりは脱帽です
実際の機械の形状から壊れて変形しているのが違和感無く出来ていて、知識と技術が高いレベルでなければ出来ませんよね
フィギュアも素晴らしい出来に、ただただ感嘆するのみです
どの部分にも丁寧かつ緻密な工作、そしてそれに比肩する塗装を堪能させて頂きました
是非、生で見て色々勉強させて欲しい作品です
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
投票時のコメントです
ブロンコのズリーニィーは私も作り、パーツが細かく作りにくい印象を受けたのですが、それを丁寧に仕上げた上にT-34-85も一緒に作ってジオラマにする気力が凄いです。建物も完成度が高く真似したくなるような出来だと思いました。
登場車輛の出来や手を入れられたフィギュアの出来がとても良いです。
マイナーな国なのに軍装に関する知識も半端有りません。
・時代設定および軍装などの考証がきちんと為され、改造されたフィギュアが独特である
・車輌にもきちんと手が入っている
・時間切れだったと思われるが、建物も延焼していた方がよりリアルだったかも
車両の壊れ具合が凄くてそれだけで物語ができそう。です。
「ハンガリー戦車を使ったジオラマ」というだけで興味津々でしたが
首都ブダペストでのハンガリー軍最後の戦い、という
王道な題材と
緻密な考証に圧倒されました。
ハンガリー末期のいつかはみたいジオラマを高次元で見させていただきました。車両も単品でも十分すぎるような出来ですね。
ダメージを受けた車両の工作力、塗装がすごいです。これだけで車両2台分くらいの労力じゃないでしょうか。(それ以上だったりして・・・)さらにもう1台と建物まで!さらにさらにフィギュアも9体!これだけの作業をこれだけのクオリティーで仕上げられる力量は、ただただ「すごい!」です。生きている車両の足回りを見てますと、工作がたいへんそうだなぁ〜と思いますが、細部にわたってかっちりと仕上げられている様子で、本作への意気込みを感じました。
もちろん工作も確かで、登場する2輌ともに、単品として見ても見応えがある工作なのですが、1位に選んだ最大要因は、「ネタ的に私自身のツボ!」であるという点に尽きます。
手間のかかる車両、廃棄車両、たくさんのフィギュア、大きいストラクチャーとかなりの作業量を自分に課してストイックに仕上げているところが素晴らしい。時間の制約のせいか、もう1歩詰め切れていない感があるが、時間さえあれば出来る人だと思うので勿体ない気がする。
破壊されたT−34や崩れ落ちた建物、街並みの再現等高い技術がつぎ込まれた情景作品だと思います。
空間的にちょっと間延びしているような気がしたので3位にさせていただきましたが、記録写真の一葉のようでもあり却ってリアルな配置かも・・・。
各部のこだわりが凄いです。
破壊されたT34や個性的でキャラのたったフィギアたちが目を引きます。

D13 Nasi kandarさん
「The Siege of Budapest」