2016.10.31
チャーチルのジオラマはドイツ国内を想定しています。
チャーチルはAFVクラブを使わずあえてタミヤに手を加えましたが作業時間を考えると
AFVクラブをベースにタミヤのパーツでmkZにするべきでした。
今回段取りが非常に悪く、仕上げ(特にベースや車両のウェザリングにまったく時間を
掛けられなかったのが反省です。おかげでまとまりのないものになってしまいました。


皆様からのコメントです
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ジオラマ・単品、両作品の完成おめでとうございます!

ジオラマの方は兵士の声や息づかいまで聞こえてきそうな臨場感ですね。
また、車両や後ろの家の廃墟など、高低差のある配置で躍動感を高めてると思います。
製作お疲れ様でした!
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。

私もこのチャーチルは思い出深いキットです。
発売当時、こんなスゴイ戦車を、よくタミヤが出したな〜という感想でした。もちろん発売日を待って購入しました。
これだけの作品を、短期間で2作品作られたのですから苦労も多かったのではと思います。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。ディオラマは戦車2両、建物、フィギュア7名?、高低差ベース、それぞれ抜かりの無い工作と塗装で徒ならない雰囲気を醸し出しています。
建物の色調、フィギュアの動き(配置)、段差部分の煉瓦など見所が満載です。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
ディオラマ部門は緊張感が感じられる大作ですね、これだけの情景を作り込んで尚且つビックスケールの単品まで完成させるのは大変だったと思います。
お疲れ様でした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
緊迫感のある情景と大スケールの単品ともに素晴らしい出来ですね。
情景は隅々まで緻密に作り込んであって何処見ても見所ありますね。
これくらい立派な情景を作れるようになりたいものです。
お疲れさまでした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成、ご苦労様でした
建物と言い複数の車両と言い、いつも膨大な作業量をきちんとこなすパワーに感心しています
お疲れ様でした
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
両部門、完成おめでとうございます。
ディオラマでは、建物あり、フィギュアもたくさんと、さぞ制作は大変だったろうと思います。
フィギュアそれぞれに表情があって、緊迫感が伝わってきます。
お疲れさまでした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
俊 様
情景、単品とも完成おめでとうございます。
情景については何と言っても改造フィギュアの演技が素晴らしい。やはり再現したいシチュエーションにあったフィギュアを作れるというのは強みですね。
構成としては工程差の迫力もさることながらチャーチルに角度が付けてあったりと単調にならない様な工夫がされている様に見えます。強いて言えばチャーチルの方が主役かと思いますのでこちらにももっとフィギュアが絡んでいると盛り上がったのではないかと思います。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
俊様のつくるジオラマのフィギュアの構成は、群像劇とも
言えるくらい緻密な構成とフィギュアの作り込がなされており、
毎回楽しみに拝見させていただいております。
今回もフィギュアの関係性が計算されつくしており、緊迫感のあるシーンを作り上げられていて、見飽きません。
お疲れ様でした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
ジオラマの部
陰影のつけ方が綺麗で生き生きとしたポーズのフィギュアがいいですね。
高低差のある地面に焼け焦げて色の変化しているこの感じもいいです。
自作のフィギュア、廃墟、戦車2台と膨大な製作量だったと思います。
じーっと見ていると参考になる所がたくさんあります。
お疲れ様でした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます
後ろの建物がドイツ国内の地方都市の感じがします。フィギア達も躍動感ありストーリーを感じ、敵の方向や動きがわかります。映画のワンシーンの様で素晴らしいです。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。両部門完成は本当にすごいです。
ディオラマはこれほどの大作なのに手抜きがないです。
植物をうまく使っておられ、参考にしたいです。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
既に戦場はドイツ国内、ラングは破壊されて最早イギリス兵の盾になってしまっているのですね。
追い詰められたドイツ兵が何かの拠点に立て籠もって最期の抵抗・・・
というシチュエーションでしょうか。
チャーチルの砲塔が向く方向に、ドイツ兵がいるのでしょう。
いくらか抵抗しても、拠点内で焼死する未来しか見えませんね。
などと、ジオラマの外で、これから起こる事を色々と想像してしまいます。
(見えていないだけに)
誘導輪が妙に白っぽいのは何か意図があるのでしょうか?
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
遅くなりましたが、完成おめでとうございます。
ディオラマ
まず手前の兵士に目が行くのですが、放棄車輌の車上の戦車兵の指す方向と、どなる会話の先は…と次々と目線が動いてフィギュアの動きがそれぞれ意味を持って配置され、見るものにいろいろと想像させるとこ、すごいと思います。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます
マフラーの錆が進行している部分とまだ金属地がある部分など細かい演出がいいですね
>誘導輪が妙に白っぽいのは何か意図があるのでしょうか?
私も気になっていたのでよろしかったら教えてください
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
投票時のコメントです
フィギュアの改造、スクラッチにより緊迫感のある場面を見事に切り取っています。個々のフィギュアの表情が豊かであり、それぞれの関係性が明確で、説得力のある構図になっています。それぞれの登場人物が「芝居」をしているのが素晴らしいと思いました。
車両の作り込み、および塗装もGOODです。
英兵達の動きが感じられて交戦中の緊張感が伝わって来るようです。また、兵士の塗装がとてもカッコイイのもポイント高いです。
チャーチルの色味もとてもいいです。

車輌や建物が素晴らしいだけに、ご本人も仰っていますがグランドワークに掛ける時間が足りなかったようでそこが残念です。
緻密なベースの作り込みに躍動感のあるフィギュアが不自然なくマッチしていて素晴らしいです。
密度の高い情報量に引きつけられます。
俊さんの作品にはいつも「子供の頃に感じていた興奮」が蘇ります。
カンプグルッペ・ジーベンとか熊谷徹氏を見ていたときの感覚と言いますか。
ただ、意地悪な見方をすると、テーマに対して時間不足を感じます。
「戦車もフィギュアも塗り重ねたら、もっと凄いのに!」と、思うのです。
動きのあるフィギュアーが印象的で選ばせてもらいました。
特に遺棄車輛に乗っている二人の演技が良くて…戦車兵と歩兵の戦場での心情が伝わて来て、自分ならどうなんだろうと思ってしまいました。
また、Baseもしっかり作りこまれていて、破壊された家の立木は当然影響を受けるわけで、倒木がさりげなく再現されているところ、さすがだと思いました。
もっと、細部まで見たくなる作品だと思いました。
動きのあるフィギュアが最高です。
塗装も丁寧。車輌、建物共に作者様は物を知っている方だと解ります。
高低差や車両、フィギュアの配置などよく考えてありとてもストーリーのあるディオラマ二なっていると思います。それぞれの塗装なども素晴らしいです。

D12 俊さん
1/35 “Fire Drake”