2016.10.29
ようやく、ジオラマが完成いたしました。
舞台はフィンランドです。
「撃破されたSu76mの搭乗員が命からがら脱出に成功したけれど、乗っていた崖の氷が崩れて崖下に転落。
そこに通りすがりのトナカイ遊牧民と出会った瞬間」というシーンです。
元々、高低差のあるジオラマを作ってみたいと思いつき高低差〜崖〜落ち物(人)〜冬なら死なないだろう〜
冬といえばサンタという連想からジオラマを構成していきました。
崖下がファンタジー成分高めなので、ハード目にダメージおよびウェザリングを施しました。
ネイチャー系のグランドワークは、いろいろと工夫ができて楽しかったです。
ソリは自作です。兵士、トナカイ、ソリ(じじい)3者のセッテイングを調整するのが、大変かつ楽しく作業できました。
上にも記載いたしましたが、崖上の車両は現実感を強調するため細かいディテール追加を行っています。
タイトルですが、「やあ、ここは天国なのかい?」でお願いいたします。
最後になりましたが、この場を提供くださった住友様、また、コメントを頂戴いたしました方々、コンテストに参加されている皆様に御礼を申し上げます。
では。


皆様からのコメントです
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
おもわず「うふふ」となる作品ですね。
助かった兵士はこの後オッサンの小屋で暖かいスープとかをごちそうになるんでしょうか。
そんな雪と氷の世界でのホットなストーリー展開まで想像しちゃう楽しい作品です。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます!
高さがあり迫力のある情景作品です。インパクトもスゴイ
車輌の作りこみや、氷の表現など単品としてもレベルの高さがわかります。
フィギュアの塗装は素晴らしいですねお疲れ様でした!
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成、お疲れ様でした
高低差と崖の表現がすごく印象的な作品ですね
トナカイと遊牧民の塗装に目が行きました
自作のソリもいい味出てますね
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
>VKインタラさん
完成おめでとうございます。リアル版サンタクロースですね。鮮やかな民族衣装が白い情景のなかで一際引き立って見えます。クラッシュしたSU-76Mの車体や自作された艝の仕上がりも素晴らしいですし、ベースも崖から伸びる氷柱など冬の情景の見所がたくさんあっていいですよね。タイトルの「やあ、ここは天国なのかい?」という問いに「残念だがまだ現実という地獄だよ。」という返答が返ってきそうなブラックユーモアある作品に思えました。お疲れさまでした!
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
途中経過でも「こりゃ、凄くなるな」と思っていましたが、
何というか、とにかく面白い。
いろんな知識があるんだなあ、と感心してしまいます。
お疲れ様でした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。高低差のある、しかもストーリーが明確、樹木、おまけにトナカイとそり、雪景色に青い衣装と何拍子も揃ったジオラマですね。
車輌のダメージ工作も効果的で、かなりポイント高いのではないかと思います。お疲れさまでした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
冒険したようなレイアウトですが、自然にまとまっていると思います。民族衣装が普段地味な色になりがちなAFV模型にて良いアクセントになっていると思います。レイアウトだけでなく、車両やフィギュア、地面や樹木なども手抜きせずに仕上げられていてすごいますね!
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます!

車両とソリのおじいさんの対比が面白いですね。
Su-76の方は破壊された状態で色味も寒々しく重たい雰囲気なのに対して、
おじいさんの方は絵本の登場人物のような暖かみで、何かこのあとストーリーが展開するのかとか色々と空想できますね。

あとトナカイが凄く可愛いです
製作お疲れ様でした!
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
大胆なレイアウトですね!とても目を引きそうです。
トナカイを含め、フィギュアの塗装がとてもいいとおもいます。ところでトナカイって角に手綱を付けているんですね。初めて知りました。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとございます。
高低差もありユニークな題材でとても目を惹かれる作品ですね。
雪の情景もリアルでファンタジーさ満開です。
うーむ、発想も表現も実に参考になります。
お疲れ様でした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます
これは、大作ですね。私は雪国に、住んでいるのですが、これはリアルですね。雪って以外と茶色と混ざってる部分多いです。サンタさんの顔の塗りも上手いなぁー
対照的な戦車内部の作り込みと計算されつくされてますね。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
作品から、冷たーい冬の空気を感じます。
トナカイ遊牧民のほほの赤くなっている加減が、さむーい雰囲気を醸し出すのに抜群の効果を発揮していると思いました。
お疲れさまでした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。これだけボリュームがあるのに全部の完成度が高いです。
車輌の方は細かく手をいれて精密感がすごいし、フィギュアの演出も実に巧みです。
タイトルもいいですね。サンタさんのトナカイにペロンチョされてみたくなります。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
高低差のある情景いいですね。4枚目の写真ではその効果が良く出ています。
モノトーンになりがちな雪の情景が、おじいさんの服装やトナカイの背中の布?により色美しい情景となっています。
横たわっている兵隊をトナカイがなめているシーン、トナカに愛らしらを感じます。
つららはどよように製作されたのでしょうか?
ストーリーの発想のユニークさ、地形の面白さ、色の選択の良さ、細部まで製作されている表現力、どれをとっても参考になる所ばかりです。
今後の作品にも期待します。
お疲れ様でした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
全ての要素がキレイにまとまっている、素晴らしい作品ですね!
フィギュアの塗装もキレイで流石です。
SU戦車の内部、見えにくいところも工作、塗装が丁寧で惹かれますね
ステキな大作、お疲れさまでした!
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
車輛はもちろん登場人物やトナカイ、情景まで見どころが沢山詰まった作品に仕上がっていると思います。
お爺さんの出来がなんともグッドです。
大作お疲れ様でした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
転落したソビエト兵がどうなったのか続きが気になってしまいます。民族衣装をまとったお爺さんやトナカイ、撃破されたSU-76m
など登場人物やセットのバランス、これか何が起きるかわからない
ドラマ感がさすがだと思います。
お疲れ様でした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。これはまた、美しくも情緒あふれる作品ですね。これ展示したら、きっと人だかりができるでしょう。かなりの高低差をうまくまとめていますねえ。素晴らしいです。お疲れさまでした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます!
斬新な構図、塗装の素晴らしさで思わず絶句です!
でもフィンランドはムーミンとカトリ、MG誌での知識くらいしかないのが残念です。勉強しておきます。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
高さ方向の見せ方、こういうやり方もあるのですね。
冬の寒々とした雰囲気がとても出ていて破壊された車輛と合わさって、さらに寒さが増しているように思います。
一方で、おじいさんとトナカイの衣装が対照的で見せ方が上手いな〜と関心です。
さらに、トナカイさんが兵隊さんを舐めている?ところなんかは、遊び心も入っていているなと思いました。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
何か北欧の物語の一場面のような、従来のAFVのジオラマとは一味違った作品で見惚れます。
子供のころ、雪庇に恐る恐る乗ってはわざと落ちて遊んでいたことを思い出しました。
トナカイと翁の青がとても鮮やかでいいですね。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます
遊牧民のじーさん素敵です!
青の具合が如何にも民族衣装の雰囲気が出ていて一発で伝わってます
トナカイも兵士の頭を舐めている?仕草なんかもつぼに入りました
兵士も『そこ歩いたら落ちるだろ!』っ突っ込みたくなるスチュエーションだったりと見所が多くて面白い作品です
ぜひ東京AFVの会で生で見たいです!
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
かんせいおめでとうございます
一見ファンタジーに見えますが、間近に戦争の現実を見せ付けられる強い作品ですね。
破壊されたSU76も迷彩塗装も自然で綺麗ですし破壊された作りこみも素晴らしいです。
鮮やかな民族衣装をきたおじいさんがまた、対照的で目を引きます
-------------------------------------------------------------------------------------------------完成おめでとうございます。
ファンタジー色の強い、楽しいジオラマかと思いましたが
「幻想じゃないよ、現実だからね」という見方もできるわけですね。
人懐っこそうなトナカイは可愛いですが
おじいさんの目は、よそ者に対する冷たい目にも見えます。
ところで検索して気付きましたが「サージ人」でなく「サーミ人」ですね
なかなか興味深い民族ですね〜
ラップランドと言えば「ニルスのふしぎな旅」でありますな。
(最初しか見てないけど)
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
投票時のコメントです
分かり易いストーリー構成だけで終わらせる事なく、細部にも補足するサブストーリーがあるのが面白い作品でした。
色の記号で民族衣装と理解させていたのもなかなかの表現力でした
つららが真下を向いていない部分などが気になりました
ユニークな取り合わせで楽しませてくれた作品。
トナカイのおかげて殺伐とした雰囲気にならず、
こういう演出大好きです。
色鮮やかな先住民の服装やグラウンドワークなど見どころが多いと思いました。もちろん車両の完成度も高く、空薬莢などがアクセントにされているところなどVKインタラさんの丁寧な性格がにじみ出ていると思いました。
いいたいことがストレートに伝わってくるいい作品だと思います。たとえ戦場であっても、カラフルな風景がないわけじゃない、という、あまり考えつかない視点が特に秀逸です。むろん説得力のある技術あってこそで、極端な上下のあるセッティングを破綻なくまとめた腕前に拍手です。
高低差を利用した面白い作品で、思わず楽しくなってしまいました。雪の情景は難しいと思いますが垂れ下がる氷柱や車輌内部の凍結表現など表現力豊かで驚かされました。車輌、ベースフィギュアとバランスよく仕上がっている作品だと思います。とくにフィギュアの塗装が気に入りました!
一目見まして、構図がダイナミックでスゴイ迫力を感じました。
車両やフィギュア、小物の塗装まで素晴らしいです。
積もった雪に、足跡がきちんとつけられており、こういうところがリアルさを生むのだと思いました。
樹木の仕上がりも素晴らしく、バランスのとれた情景だと思います。
情景のストーリーの企画力(現実と空想のバランスが絶妙です)とそれを実現する工作力と塗装の技術がハンパないです。失礼な言い方ですが当初の情景案ではこれほどのインパクトのある作品にはならなかったと思います。
フィンランドの民族衣装フィギュアのインパクトが強くて…勿論、Su-76mと倒れたソビエト兵の構図、この後の展開が楽しみになる情景です。
ユーモアのある情景です。
それに高低差を生かした構図、雪の表現など見るべき事の多いジオラマだとおもいます。
戦場でありながらどことなくのどかな、AFVに興味のない人でも
目を留めてしまう魅力があると思います。雪景色の中の青が目を惹きます
つららが斜めになってしまったのがやや残念です。
一見、コミカルな雰囲気の漂うジオラマですけどトナカイを遊牧して暮らす民族・サーミ人のことを調べてみると見た目と(当時の)状況とのギャップを色々と考えさせられてしまいました。
発想、構図、色彩ともプロの作品ですね。冬の冷たさまで伝わってきました。フィギュアも上手い!
当初の予定から変わってしまっていますが、これはこれでストーリーがあって面白い作品だと思います。
また高低差があって、破壊された車両や、フィギュアやトナカイと見どころも沢山あって楽しいですね。
3次元の空間を使って見事にドラマを演出されている。
上下の空間的な対比、生死の紙一重を体験した兵士と争いには縁遠い遊牧民との対比、戦車とトナカイの色の対比など、ニクい演出が色々と見てとられ、妄想を膨らましてくれる作品です。
構想からその実現まで、壮大なプロジェクトを計画的に進めて最後まで成し遂げられたその努力に感服します。
ストーリーの発想の面白さが印象的です。
モノトーンになりがちな雪の情景を色鮮やかに表現しています。
車両内部やフィギュアもリアルであり、立体構成、色の選択、グランドワーク、物語性等どれをとってもレベルの高い作品だと思います。
高低差をつけるという王道ですが、同じ時の流れの中で上と下で違う世界を再現されていて、こういうこともできるのか〜と着眼点にやられました、
上だけを見ると、破壊された車輛と冬という殺伐とした情景が成立し、視線を下に移すとそこには深い雪で気絶で済んだ乗員をトナカイがペロペロと和やかな雰囲気とトナカイとおじいさんの衣装も生を感じさせるばとなっていて、見る人にいろいろと考えさせる作品だな〜と思いました。
私もジオラマを作る際は、テーマが重要だなと改めて思いました。
塗装、工作共に素晴らしいです!
素晴らしいセンスだと思います。
特にトナカイの表情が最高です!
とても太刀打ちできません。
アイデアがすごいです。
状況設定にちょっと笑ってしまいましたが、冬景色の中でサーミの民族衣装の鮮やかなブルーが映えて、目をひかれます。兵士の立場、おじいさんの立場、それぞれどう思っているんだろうとかストーリーを想像したくなるジオラマだと思います。
車両から脱出〜崖から落下〜サージ族のおじさんとの出会いという時間の経過が表現されているところとユーモアのあるストーリーが上手い!
個人的には戦闘が絡んだのディオラマが好きなのですが、この作品にはファンタジー的な部分があって、上手く戦車と絡んでいたのが印象的でした。また塗装や製作技術も相当高いのではないかとお見受けいたしました。
高低差があり、また上と下の世界観の違いを演出されている作品だなぁと思いました。
このジオラマを二つに別けても、それぞれ作品として成り立つんじゃないかなぁと。
上下とも見どころがあって、とても素晴らしいです。
破壊されたSU76とカラフルな民族衣装をきたそりに乗った老人との対比が効いてます。世界観が出し切れているのが素晴らしいです
高低差のある構図や雪景色に原色のフィギュアなど思い切ったネタが非常に目を引きました。
インパクトだけでなく細部の仕上げにも手を抜かず取り組まれていて作品の完成度がとても高いと思います。

D09 VKインタラさん
「やあ、ここは天国なのかい?」