2016.10.30
完成しました。と言うか、明日の日曜は作業できないからですが(苦笑)。
まずは全体から。
地面、建造物、車輛をそれぞれ斜めに配し、動きを狙っています。
後ろにはロシア兵の生きてるのを数名欲しいと考えていました。
戦車が電車を巻き込みながら進んだ、と考えています。
索敵中の兵隊が3名、負傷兵2名、救出中が2名、指揮官1名。
将校制帽、アルパインを使ったのですが、妙に前に突き出してます(泣)。
このディオラマ、いろんな角度が楽しめます。
地面にはドイツ兵の死体×1、ロシア兵の死体×2、戦車の上に死体×1。
生きてるドイツ兵8名と合わせて12名になりましたが、なんか物足りない。
やはり戦車の影に潜むロシア兵が欲しかったです。
この戦闘の数時間後、見慣れないマーキングのタイガーが通りかかったようです。

住友さま、皆さま、お付き合いありがとうございます。
今後とも宜しくお願い致します。


皆様からのコメントです
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
建物や車両もすごく作り込まれていて、フィギュアも動きがあって市街戦の激しさが伝わってきます。瓦礫まみれなのも良いですね。
あえて言うなら建物と車両の角度が少しづつ違った方が密度感が出たかもしれませんね。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。ジオラマも単品も「激しく汚して激しく壊すために、作る」という明確なコンセプトが感じられる(違ってたらスミマセン…)作品だと思います。
特にジオラマのフィギュアの動き(生と死)が素晴らしいと感じます。是非アップにして頂きたいです。
それにしても独特の作風は、単品にも生きていますね。お疲れさまでした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ジオラマ部門、単品部門、どちらも完成おめでとうございます!
ジオラマの方は破壊されたトラムの工作が秀逸ですね。
トラムの陰に隠れるドイツ兵も皆動きがあって面白いですね。
ご自身でおっしゃられているように反対側にソ連兵が何人かいれば、
それぞれの視点から戦場観察するという楽しみも出来るかもしれませんね。
製作お疲れ様でした!
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
とても本格的で重厚な情景ですね。
こういうスクラップ車両を交えた情景を作ってみたいものですがハードルが高すぎてなかなかチャレンジできません。でも今後の目標として大いに参考にしたいと思います。
単品もユニークな車両選択で見応えありますね。
これも一度はチャレンジしてみたい車両です。
お疲れ様れした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
両部門完走おめでとうございます。
路面電車の横の兵士たちが戦争映画のワンシーンのようですね。動きがあって面白いです。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
両部門の完成、おめでとうございます。
ディオラマですが、破壊あり、死体ありで、戦争のむごたらしさが表現されており、見入ってしまいました。ぜひどこかで現物を見たいものです。
お疲れさまでした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます!
破壊された路面電車は途中写真を拝見した時から
どのようになるだろうかと興味津々でしたが、
戦車に切り裂かれた設定であったとは驚きです。
撤退するドイツ兵の群像劇も配置、ポージングとも
よく計算されたものとなっており、
緊迫感が伝わってまいります。
願わくば、ソ連兵等も配置された完全版も
拝見したいところです。
とまれ、お疲れ様でした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成、おめでとうございます!

スミコン名物といえる屋根裏戦車隊さんの破壊物
ただし、ただ壊れているだけではなく豊富な経験がさせる技だと思います。
実際に、やろうと思うと難易度はかなり高いです。
単品でもその個性は爆発していますね素晴らしいです!
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。ディオラマと単品の同時完成はスゴイです。
ディオラマの思い切った壊れ方、いつもながらリアルで見事です。
兵士がつくりだすドラマも感じ、タイガーのオチも感心しました。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ジオラマの部、単品の部、両方同時の完成おめでとうございます。
ジオラマの部
完成楽しみにしていました。途中経過が途切れたのでどうしてしまったのか気になっていました。
お得意の破壊車両に加え今回は「フィギュアたくさん」の目標も達成されており膨大な作業量だったかと思います。
既製品には、なかなか存在しないだろう死体のポーズも自然な感じに仕上がっています。
絶妙に変化して行く地面の汚れ具合、散らかり具合も素敵で参考になります。
私にはなかなか表現できない、車両や建物の焼け焦げた表現もリアルです。
街灯から垂れ下がっているパラシュートらしき布にも細部まで製作へのこだわりが感じられます。
お疲れ様でした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
両部門の完走、お疲れさまでした!
独特なダークな雰囲気が、緊張感を感じさせる作品だと思います。
こうした壊れを入れるということは、やはり本物について理解がないとできないことと思ってますので、いつもすごいなぁと感心しております。
ステキな作品で、素晴らしいです
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ダブルの完成おめでとうございます。
ジオラマ、上手く電車を破壊されてると思います、プラス車輛まで絡んでますからね、いろいろ考えられたんじゃないでしょうか?
人物も4枚目の写真からは悲壮感が漂ってます。
お疲れ様でした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成、お疲れ様でした
市電のこのキットをこんなにバラバラにするのはなかなか勇気が要ると思うんですが、見事に破壊されてますね
動きがある場面でなにやら音が聞こえてきそうな場面です
お疲れ様でした
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。お疲れ様でした。電車破壊の最初の画像をみたときは、どーなっちゃうんでしょー?これ?みたいに思ってましたが。予想以上のすさまじい凄惨な市街戦で、リアルすぎて、怖いよー。ですね。タイガーの登場でななんか救われた気が・・・。とはいえこのリアルさは、素晴らしい工作技術、塗装術のたまものですね。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
単品も情景も素晴らしい完成度ですね。
情景の緊迫感が見る方も引っ張られて行く感じが凄いです。
リアリティーがあふれてきます。
お疲れ様でした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
屋根裏戦車隊 様
2部門同時フィニュッシュお疲れさまでした。
まず情景の方ですが破壊×破壊の状況にダークな塗装がドロドロの撤退戦の雰囲気をしっかりと演出していると思います。
今回は動きのある情景ですがやっぱり屋根裏戦車隊さんのカラーが出ていて楽しんで製作されているのがよくわかります。
欲を言えば電車の残骸が戦車にもっと絡まっていると破壊の様子がより強調されたかもしれませんね。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
ジオラマ作品ですが、フィギュアを使って動と静が再現されており、また、見る方向で違った場面にもなる仕上げになっていること感心しました。
また、電柱に引っかかった布?があるだけで、周囲に高い建物がある中での戦闘という場面が思い浮かべられるのも、効果的な使い方だと思いました。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
遅ればせながら両部門完成おめでとうございます。情景部門の作品は某アニメではありませんが硝煙と死臭の臭いが漂ってきそうな激しい戦闘を感じさせるものに仕上がっていますね。列車の後ろに数名のロシア兵がいればと言われますが、去年のスミコンの情景部門の住友さんの作品をこの作品の後ろに置くと連作のような感じになると思いますがどうでしょう?
お疲れさまでした!
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
破壊された電車がどんな風に使われるのか、興味ありましたが
JSUに引き裂かれてしまったのですね。

そしてJSUは暴れているのかと思ったら
電車を破壊したところで息絶えてしまったのですね。
何か、街を破壊し尽して息絶えた王蟲の群れを連想しました。

こんな状況になっても、継続する戦闘には少しうんざりしますね・・・
(終焉は見えておりますけれど)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます
ジオラマは兵士達の緊張感あふれる様子から瓦礫の向こうにいる敵を感じます。トラムの作りこみは目を引きますし作業量の多さは圧巻です。実物をじっくり見てみたいです。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます
>ジオラマ
廃棄車両や破損と言ったら私の中では屋根裏戦車隊さんというのが定番ですが、今回も期待を裏切らない壊しっぷりに『6000円がー!』とキャーキャー言いながら拝見しております(家族の生暖かい目線が・・・)
電車の破損が『プラを壊しましたよ!』という感じ出ていないのが素晴らしいです
製作中の写真もどうやって壊しているのか興味津々で拝見させていただいておりました
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます
路面電車と凶悪なJSU152って相性抜群ですね。大戦末期の雰囲気がビリビリ伝わって来ます。どちらも破壊と狂気が入り混じって渋めの塗装と相まって素晴らしいジオラマになってますね。
大作お疲れ様でした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます!
両部門ともに見事に壊れていますね。
共に直に見てみたい作品です!
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
投票時のコメントです
トラムの壊れっぷりが良いですね。
ソ連サイドでもう少し動きのある要素が何かあれば更に良かったかもしれません。
技術と表現力、凄まじいものがあります。電車をブッチする思い切りのよさといい、唖然とさせられる模型道の極みの見本です。ただ作品的にはそのほうが、いいに決まってるんですが、リアルすぎて怖すぎです。
路面電車のダイナミックな破壊は、圧巻の一言です。これ、かなりの部分は想像で作られたと思いますが、見る者に十分な説得力を感じさせてくれます。兵士の配置、ポージングも素晴らしく、緊迫感が伝わってきます。ただ、電車ないし地面の明度を上げると、もっと見やすいジオラマになった気がします。
撤退戦、電車とJSU-152のクラッシュの中にドイツ兵が逃げる姿。隅の隅までドラマがあふれている感じが良いです。
・トラムを壊す、というすごい発想
・更に大型の車両を2台並べて壊している
・フィギュアのアクション
・生と死の表現
これぞジオラマ、といった迫力の大作です。
おそらくはジオラマストラクチャーとしての商品であろう路面電車をうまく生かし、そして大胆な破壊も見せるエンターテインメント性にあふれる作品だと思います
戦いの激しさが感じられる瓦礫だらけの雰囲気が良いです。
お得意の破壊車両も上手く取り入れられています。
兵隊や死体のポーズもリアルで良く考えられています。
車両やフィギュアの製作量も膨大だったかと思いますが、その甲斐あって迫力ある作品になっています。
いつものジャンクヤードもそうですが、「単位面積当たりの工作盛り込み密度」の高さは屋根裏戦車隊さんならではだと思います。高いキットを惜しげもなく壊しても、元キットの緻密な部分等は活かして、それを「壊れた部分の見せ場」にしてしまうのは、さすが壊し屋さんのベテランという感じですね。
敵味方双方が斃れる総力戦の末期、でしょうか。
市電の陰で兵士達の銃を構える方向がバラバラなのも囲まれている混乱した状況が伺えます。
市電キットを惜しげもなくブチ壊している潔さがいい。時間の制約のせいか、地面にばらまいた瓦礫が無塗装で汚しを加えただけなのが分かってしまって勿体ない気がする。
以前のスミコンでのスクラップヤードの情景も象徴的に死や虚しさを感じさせますが、今回の市外戦の情景もより直接的に破壊や死が表現されていてドラマチックさが際立っていました。
情緒的、抒情的な部分への訴求力に1票です。
屋根裏戦車隊さんワールド全開ですね!焼け野原にされた感が迫力があってハンパないです。こんなふうに路面電車をリアルに破壊できるのも 屋根裏戦車隊さんならではですね。参考にさせて頂きます(^_^)
路面電車の壊れ方がリアルで見応えがありますね。JSU-152とのからみもバツグンです。個人的には新境地を開拓されたのではないかと想像してしまいます(笑)。
大戦末期の混沌とした市街戦が良く出ています。
兵士達の動きも銃撃戦の緊張感があります。
破壊されたトラムの作りこみがすごいです。
グランドワークも素晴らしく、暗めの塗装が戦場の陰惨な雰囲気をうまく表現できていると思います。

D04 屋根裏戦車隊さん
タミヤ JSU-152