2015.10.29
今回もギリギリになってしまいましたが完成の報告です。
 前回のイタレリコンに続いて映画に登場した車両を製作してみました。今回は「遠すぎた橋」に登場するレオパルド改めパンサー戦車です。
 幼いころに映画を観てこの戦車に惹かれ、いつかはやってみたいと思っていたテーマでした。この度スミコンという機会を得てようやく形にすることができました。
 住友さん、今回もこのような場を提供してくださりありがとうございました。

 さて作品についてですが、タミヤのレオパルドに映画の画面を観て自分が読み取れる範囲でプラ判やティッシュ、ガーゼで手を加えています。各部の寸法は現物合わせで飽くまでもイメージ優先の工作です。
 今回ベースにしたのはタミヤのベテランキットですが、キット自体はシンプルな部品構成でスムーズに組みあがりますし、要所に手を加えればそれなりに満足できる出来になります。とかく新しいキットに目を奪われがちですが、古いキットにも素性を生かした楽しみ方があるのだなとあらためて気づかされました。


皆様からのコメントです
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます!
以前WTMのシークレットでこの車両がありました。
1/144ではあまりカッコイイと思えなかったのですが、大きなサイズで丁寧に作られていると違って見えます。
私は考証が苦手ですが、このように映画車両を作ったりするのは楽しそうで良いですね。
プラモデルは楽しんで作るってのが一番だと思います。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
「映画に出たオリジナル?戦車」シリーズですね。
Googleで画像検索すると、同じ車輛を作ってるモデラーがそれなりにいて
皆さん楽しんで作っていますね。
マサキ様の偽?パンター、砲塔の改造箇所もカッチリしていますし
フェンダーやシュルツェンの薄い仕上がり等
「楽しんでるけど手抜きなし」感が素敵です。
ちなみに「遠すぎた橋」はTVで一度みましたが
連合艦隊にしか興味のないミリオタだった当時の私には
チンプンカンプンの内容でありました。
(バルジ大作戦はわかりやす〜い)
そのうち、もう一度見よう。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
劇中に登場した車両の再現というテーマを見事に達成されているだけでなく、砲身の差し替えやキャタピラに引っかかったドラム缶など遊び心のある再現ポイントがイイですね
お疲れさまでした。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
レオパルドも映画出演していたんですね。
あの当時の戦争映画は例えハリボテ、別モノ戦車でも
本物の迫力を伝えることに意義があったのでしょうね。
たとえテレビの前のオトモダチに「これパンターと違うやーん!」と言われても
一生懸命演じ続けた名優たちにスポットを当てるマサキさんの
作品はとても素晴らしいと思います。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
マサキさま
完成、おめでとうございます。
控えめにうつるほこり加減が、本当の実車にありそうな感じでいいですね。
写真撮影においても、作品を引きたてる背景、照明の感じもとてもいいと思いました。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成、ごくろうさまでした
かっこいいですね
色合いも素敵だと思います
映画、見たくなりました!
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
「バルジ大作戦」は何度か見ていましたので、M47は存じ上げていましたが、恥ずかしながら「遠すぎた橋」は観ていなかったです。
パンサーはこんな形で登場するんですね。
まるで現存していたかと思わせるような素晴らしい工作ですね。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます!
砲塔のカチッとしたところ、とてもカッコイイですね
工作が大変だったのではと思います。
車体色もホコリっぽさが効いていると思います。
遠すぎた橋、失礼ながら観ていませんでした
勉強になります!
お疲れさまでした
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
マサキさん 完成おめでとうございます♪
「遠すぎた橋」のレオパルドカッコイイですね〜♪
オイラも作りたくなりました。。。(=^ェ^=)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
マサキ 様
完成おめでとうございます。
劇中車とは面白い題材ですね。古いキットを徹底回収して別物の様なクオリティに仕上げるといった作品は時々見かけますがちょっと違った車両にリフォームするという選択肢もあるんだなと思いました。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとう御座います!
映画のプロップ再現は大好物です!
特徴を素晴らしい工作でカバーされていて、格好いいですね
お疲れ様でした!
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
映画で見たのよりカッコいいですね。
埃の感じがリアルですね。お見事です。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
映画だとなんだこりゃな戦車でしたがこうしてみるとかっこいいですね。
マズルブレーキがあると少しパンターに見えますね!
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
>マサキさん

前回に続けての映画車輌、個人的にはちょっと縁遠い題材なのですが、
それを、単純に「まあ、フィクション車輌なんだから適当にそれらしく」ではなく、きちんと改修点をリサーチして反映する製作姿勢には脱帽です。
工作それ自体の丁寧さもツボです。

「キャタピラに差し込んだ潰れたドラム缶・・・目立ちませんね」

には思わず笑ってしまいました。確かに目立ちませんが(笑)、こういうこだわりは大好きです。製作途中のドラム缶つぶし工作写真も、なんともこだわってリアルなつぶれ具合を追及している感じで……。
展示会などでもパッと見ではなかなか判らないものの、細部を見ていてはっと気づいて「うわ、こんなところに!」と驚かす役割担当という感じでしょうか。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
マサキさん
完成おめでとうございます。
前作同様、テレビにかじりついて見た「戦車」です!
ドラム缶、蹴り上げられるように吹っ飛んだアレですね。
いやあ、懐かしい。
良い作品を見せていただきました。
お疲れ様でした。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
潰れたドラム缶を巻き込んだりと色々と細かい演出を重ねているのが好みです
サイドフェンダーの擦った傷がやや実感が乏しいのが気になりました
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。映画のドイツ車輌第2弾ですね。当時の時期的にはありえないグレーの塗装ですが、ずーっと見ていると違和感がなくなって不思議です。マズルブレーキの付いた車輌はショーンコネリーが隠れた家から外を覗いた時に出てきたんでしたっけ?また履帯に巻き込んだドラム缶もよい仕上がりですね。お疲れさまでした!------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
投票時のコメントです
潰れたドラム缶を巻き込んだりと色々と細かい演出を重ねているのが好みです
サイドフェンダーの擦った傷がやや実感が乏しいのが気になりました

完成おめでとうございます。映画のドイツ車輌第2弾ですね。当時の時期的にはありえないグレーの塗装ですが、ずーっと見ていると違和感がなくなって不思議です。マズルブレーキの付いた車輌はショーンコネリーが隠れた家から外を覗いた時に出てきたんでしたっけ?また履帯に巻き込んだドラム缶もよい仕上がりですね。お疲れさまでした!
いつかは作ってみたいと思っていた『遠すぎた橋』のレオパルド1!かっこいいです!
シュルツェン、いやスカートと言うべきか・・・にドラムカンを巻き込んだ状態ならもっと良かったです。
次回作はぜひ『パリは燃えているか』のM24パンターをお願いします。
着想、工作とも「おおっ!」と驚かされ、それを形にする技にも羨ましさを感じました。模型の楽しみ方って奥が深いな〜と改めて確認できました。

T45 マサキさん
タミヤ レオパルド(TAMIYA)