2015.10.31
住友さん、皆さんこんばんは。
締め切り間際で住友さんにご迷惑をかけまいと先週末に一応完成していたのですが、
今回はディオラマ部門リタイアしたので、飾り台ぐらいはと、ラスト1週間でチマチマと飾り台を制作しました。
久々のため、道具や材料がどこかに行ったり、作り方の勘どころを忘れたりと、色々ありましたが何とか形になりました。
飾り台は定番のカワイPシリーズをペーパで磨いて、透明水性ウレタンニスを塗っては、ペーパーで磨いて仕上げています。
銘板は真鍮板、とアクリル+OHPフィルムへの印刷です。
ジャッキ部分は、HS処理で剥げチョロにチャレンジ…
塗装の色身は、この写真が実物に近いので、全体に光量不足かもしれません。
汚れはクレオスのウェザリングカラーの組み合わせで、筆はじきで変化を付けています。
下周りはピグメントも使ったのですが、単調になってしまっています。反省点です。
カステンの履帯を使ったのですが、足回りがバラバラで、長さの調整がうまくできずに、弛み過ぎになってしまいました。
最後に、SUMICONという作品を紹介できる場を提供いただけただけでなく、
参加皆さんの素晴らしい作品(特に制作過程や、アドバイス←これがとても参考になります)が見られること
更に、色々とコミュニケーションがとれること等
このような素晴らしい機会・場を提供いただけたこと、住友さんに大変感謝しております。
ありがとうございました。


皆様からのコメントです
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
線の様な迷彩パターンが良いですね。
自分がエアブラシで書くとここまでスムーズにならないので、
勉強になります。全体的にバランスよい仕上がりですね。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
OTOSHI 様
完成おめでとうございます。
細部まで丁寧に作り込まれていて非常に解像度の高い仕上がりですね。
ウェザリングが控えめで車両そのもののディテールが楽しめるようになっているところが細かな仕事を引き立てているように思います。
お疲れ様でした。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
OTOSHIさん、完成おめでとうございます。
拘りの逸品という空気を感じます。
この細い線の迷彩塗装でここまで高級な趣を感じる作品は初めてです。
私が真似しても、壁の落書きのようなものしか描けないですよ。
良い物を見させていただきました。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。

非常に端正な仕上がりで、高級感のあるベースとよくマッチしていると思います。

最初に迷彩パターンを見たときは「えぇー?」と思いましたが
上手く馴染んで、落ち着いた仕上がりになりましたね。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成、お疲れさまでした
いろいろ大変な時期でしたが、最後まで完成出来て良かったですね
ドストライクな車両なので見入ってしまいます
かっこいい!
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。

私も自走砲大好きなので!(笑)
非常に丁寧な工作ですよね。また以前にも書いたのですが、迷彩パターンも面白いしキメ細かく仕上げも綺麗です。
私は大雑把なので、このように綺麗に作れないから憧れます!
お疲れ様でした。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
車両の工作、塗装に飾り台、全て丁寧に仕上げられていて端正な統一感がありますね。
車両から飾り台まで一体となって更に作品の魅力を高めていると思いました。
お疲れさまでした
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
車両、ベース、タイトルプレートがすごくまとまっていて、作品に統一感が出ていると感じました。
タイトルプレートは真鍮板にアクリル板とOHPフィルムとのことですが、それぞれの接着はどのようにしていおられるのでしょうか?
このような見せ方って、同じベース、同じタイトルプレートでいろんな車両を作って、ずらっと並べたくなりますね
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
OTOSHIさん、完成おめでとうございますm(__)m
自分も以前マーダーUを作った事があるんですが、随分形違いますねぇ。
同じ機種でもこんなに違う、AFVの車輌って奥が深いです。
ベースがとても綺麗なのと、丁寧な工作なので、派手な汚しはせずに綺麗目で仕上げられたのは正解なんじゃないでしょうか。
このtypeのマーダーUを作ってみたくなりました。
また何処かで見せていただけたら嬉しく思います。
お疲れ様でしたm(__)m
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます

やはり迷彩がなんと言っても良いですね
前作もそうでしたが、丁寧に作る作風が大変私の好みで良い物を見せて頂きました
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
投票時のコメントです
・細吹きの迷彩が素晴らしい
・清潔感のある仕上がり
・ベースにもこだわりが感じられ、色味のバランスも車両とマッチしていると思う
車両も丁寧に仕上げられていてベースやタイトルプレートもつけられていてひとつの作品のようになっています。
迷彩模様も普段見ているのと一味違った感じですが、汚しの丁寧さで自然に感じました。履帯などの金属感もいい感じです。
塗装が美しいです。
本物の写真に忠実に再現されているのはなかなかできないことかと。
前回も表を入れたはずですが、兎に角個人的に作風が自分好みでいらっしゃるので今回は1位に入れさせていただきます。御自身は単調になった部分もあったと反省されておられるようですが、特に単品作品の場合、流行のAFVモデル的リアリズムよりは車輛本来の魅力で勝負するような抑制のきいた仕上がりの方が私個人は好きです。
迷彩の仕上げがとても美しいです。塗装、工作も素晴らしく、写真だともっと上のスケールに見えます。
完成画像がアップされた時、これイイなーと素直に感じました。とにかく塗装が美しいです。ハードウェザリング全盛期にあってAFVとは何ぞや?と問いかけられているような説得力がある作品でした。
やはり独特な迷彩パターンが目を引きます。
丁寧な塗装もさることながら、鈍く艶ある表面の金属の質感がリアルですね。
<

T29 OTOSHIさん
Marder UD (BRONCO)