2015.10.28
住友さん、皆さん、こんにちは。
やっと完成したので報告させてもらいます。
これまで、コンテストに参加することもなく、ただディオラマを作り続けるだけでした。
模型に興味のない会社の同僚に作品の写真を見せ、無理やり感想を求めているばかりでした。
今回、スミコンに参加し模型好き同士でコメントし合ったり技術を教え合ったりで楽しかったです。

戦車もフィギュアもほとんど素組のためこれと言って見せ場も無い為、あまり経過報告できませんでした。
個性の出せる建物やベースの製作からの経過報告が主となってしまいました。

負傷兵が衛生兵に引っ張られているシーンを作りたかった事がこのディオラマ製作のきっかけです。
配置の都合上、負傷兵は味方の戦車に踏まれそうですが「踏む気は無い。」と戦車兵は言っています。

エアーブラシを持っていないので、全体のサフのスプレーと戦車基本色塗装のラッカースプレー以外はすべて刷毛塗りです。
戦車のアルコール落としが上手くできませんでした。
戦車を美しく汚す事が今後の課題です。

住友さん、皆さん、ありがとうございました。


皆様からのコメントです
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
画像は屋外で撮影されたのでしょうか?
雰囲気良く本当の戦場ワンシーンのようで素晴らしいと思います。
ストーリーをイメージし表現されたのが非常に伝わる作品ですね。
ブラシはあると便利ではありますが、私もメインは筆塗りです〜
私も初参加でした。
こちらこそお世話になりました。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。戦車も建物も立派ですが、
やはり兵士達のつくるドラマが素晴らしいです。
戦場の緊張感が伝わってきます。
ポーズと配置がいかに重要かわかりました。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます!
『コンバット!』は大好きなので、期待して待っていました。
第351歩兵連隊K中隊第2小隊の面々ですね!
画像のアングルが最高です!
サンダース軍曹の後ろにいるのは、カラー版の準レギュラー・マッコールでしょうか?
昔のコンバット誌の記事によると、ケリーのベレー帽は深緑だと書いていたような・・・。
M5の埃汚れも夏の北フランスを連想します。
追伸・ブラドックがいないのが大変残念です。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
とっても動きがある情景ですね。壊れた建物に戦車とフィギュア、まさに情景の王道を行く作品ですね。
裏側のレンガのガレキや立木なども細部まで手が入っていて、ぬかりないですし、撃たれた兵士の表情も痛そうです。サンダース軍曹も登場しているようで、見所一杯ですね。
エアブラシは楽する為の道具です。筆塗りのほうがいろいろ大変ですね。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
サンダースさま、完成おめでとうございます。
フィギュア、いいですねぇ。負傷兵を引きずる衛生兵に「疾走感」が出ていて、とてもドラマチックに思いました
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
非常にストーリー性のある情景ですが、撮影のアングルも工夫されていてすごくドラマチックですね!
樹木や建物のリアルさが臨場感を一層高めていると思いました。
お疲れさまでした
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成お疲れさまでした
動きのあるディオラマで戦場のシーンが上手く表わされていますね
ダイナミックなディオラマだと思います
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
サンダースさん、完成おめでとうございます。
単品作品ならまだしも、情景作品でラッカースプレー以外は筆塗りとは、御見それいたしました。
そして実際の写真背景に作品を合わせた写真の撮り方が上手いですね。
タミヤのパチ写真のようで、おお!と嬉しくなってしまいます。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます!
パッと見まして、フィギュアの配置がとてもバランスいいと思いました。
負傷した兵士を助けているところは動きがあっていいですね
建物や樹木、アーチ等々、いろんな要素が詰まった大作で素晴らしいと思います。
お疲れさまでした!
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます!
まさに戦場にいる緊迫感がとても良いです。
私もいつかは、こういう緊迫感のあるジオラマを作ってみたいです。
これはそのままパチッ!に応募出来そうですね
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
フィギュアの織り成すストーリーが素晴らしいいです。
負傷兵の苦しそうな顔がよく再現されていてそれだけで
サンダースさんの技量の高さを実感いたしました。
ストーリーのあるフィギュア、それを後押しするディオラマ、
見応えのある素晴らしい作品です。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
写真のアングルを工夫されていて、緊迫感がひしひしと伝わってきます。
ジオラマを楽しまれているなぁと思いました。
お疲れ様でした。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
サンダース 様
完成おめでとうございます。
マスターボックスのフィギュアはストーリー性の高さが魅力ですがキットのイメージをそのまま拡張した様な仕上がりですね。
負傷兵を中心に情景が大きく広がって行く感じがして狙い通りの情景になっていると思います。
お疲れさまでした。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとう御座います!
フィギュアの表情、特に引きずられている兵士が素晴らしいです!
全体的に何を見せたいかが明確で、とても勉強になりました。
ああ、こんなディオラマを作れる様になりたいです……
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
サンダースさん
完成おめでとうございます。
少年の日、こんなディオラマを作る自分を想像していたことを思い出すような、どこか懐かしさを感じます。
来年、戦闘シーンにチャレンジしてみたくなりました。
お疲れ様でした。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
サンダース 様
完成おめでとうございます。
建物の細部まで造りこんでるのは参考になります。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
皆さんおっしゃってますけど、躍動感のあるフィギュアが素晴らしいですね。
そしてなるほど、「コンバット」だったのですね。HNの通りでしたか。
あと、背景に写真を使うことで、独特の雰囲気が出ていますね。
ちょっと真似してみたくなりました。
私も缶スプレー&筆塗りモデラーですけど
そうですかアルコール落としにチャレンジしたのですね。
エアブラシで薄く吹くのがミソだと思い、試していませんでしたが
ヘッジロウカッター等、悪くない仕上がりだと思います。
一度下周りでやってみたいですね。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
引っ張られている兵隊さんが本当に痛そうなので大勝利ですよ!
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。戦車と随伴する兵士、応戦する兵士、負傷兵とそれを運ぶ衛生兵、手招きする兵士と横で見守る兵士、それぞれの描写は素晴らしいのですがひとつ辛口なコメントさせてもらいますと、それぞれの繋がりにもう一工夫ほしかった思いました。(生意気なことを言ってすみませんm(_ _)m)それしても戦車や兵士の塗装の質感やベースの塗装などほぼ筆塗りとは恐れ入りました。お疲れさまでした!
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
投票時のコメントです
私が子供の頃からずっと作りたかったミリタリーモデルの情景そのものでした。必要な物が全て揃っていまして、作品の中には置かれていないドイツ兵の姿も目に浮かんできます。実写を背景とした完成写真をみると、胸にポッと火が着きますね〜。そうそうこれこれと一人呟いてしまいました。
まるで映画の一場面を切り抜いたかの様!
個々のモデルの出来やレイアウトもしっかりしていて、高レベルな作品だと思いました。
昔のハリウッド映画を彷彿させる、自分が戦車模型を作るようになったころを思い出させる作品ですね。出戻り(30年ぶり)としては胸がキュンとしました。勿論、工作、塗装も技術力の高い作品で、参考にさせていただきます。
完成おめでとうございます。戦車と随伴する兵士、応戦する兵士、負傷兵とそれを運ぶ衛生兵、手招きする兵士と横で見守る兵士、それぞれの描写は素晴らしいのですがひとつ辛口なコメントさせてもらいますと、それぞれの繋がりにもう一工夫ほしかった思いました。(生意気なことを言ってすみませんm(_ _)m)それしても戦車や兵士の塗装の質感やベースの塗装などほぼ筆塗りとは恐れ入りました。お疲れさまでした!
建物の作りこみや緊張感のある兵士たちがいいです。
大き目のベースで間延びしがちですが、バランスよくレイアウトされているので、良くまとまっています。
負傷兵の表情とディオラマの構図が気に入りました。
テーマが明快。
きちんと自分のやりたかった事が明示されている。
こういう作品大好きです。
こちらホワイトルーク!
大好きな『コンバット!』なので、失礼ながら苦言を少々・・・。
ヘンリー少尉(中尉)が空挺ジャケットのままなのが残念です。M43ジャケット+ウールパンツに改造して欲しかったです。
マスターボックス(衛生兵・カーター)には陸軍用のキャンティーンではなく海兵隊用のが入っているので要注意です。
カラー版ではリトル・ジョンのM1ライフルのストックとリア・ハンドガードの色調の違いが一目瞭然なので、再現してみると面白いと思います。
次回作を超楽しみにしています!
オーバー!
一人一人に動きがあるだけでは無く映画のワンシーンを見てるようなそんな錯覚さえ感じてしまう作品でした
こんな作品をいつか作ってみたい
作品の中で自然な動きを表現するのは、ともすれば説明臭くなったりして、実はなかなか難しいと思うのです。この作品はわざとらしさは感じられず、すとんと腑に落ちます。それだけに車両やフィギュア、ベースの仕上げが高いレベルでまとまっていて、それらの配置も秀逸だということだと思います。記録映画のワンシーンを見ているような作品です。
番組の1場面を思わせるレイアウト、完成度も素晴らしいと感じました。
戦闘中という雰囲気と躍動感がとても良く伝わってきました。

D32 サンダースさん
COMBAT
M5A1ヘッジホッグ(TAMIYA)