2015.10.30
住友さん、皆さんこんばんは。
何とか期限に間に合いました。
ジオラマは過去に幾つか作りましたが、一月未満で作ったのは今回が初めてだと思います。
本当はプレートも貼りたかったのですが時間が無いので省略です・・・。
タイトルは「Tito's Marder」
チトーは後に大統領となったユーゴパルチザンの指導者チトーことヨシップ・ブローズの事で、M3自走砲をマーダーに見立てた意味にしました。
終戦間近、敗走する枢軸軍を追撃すべく自走砲で対戦車戦闘を行うチトーパルチザンの情景です。
傍で撃破・遺棄されているドイツ軍仕様のソミュアS35は時期的には合わないように思われますが、実際に1945年3月頃にパルチザン側が撮影したソミュアの撃破写真が残っています。また旧式のAFVが中心のユーゴスラビア方面におけるドイツ側の戦力の脆弱さを表現する為、今回の情景で組み合わせました。
フィギュアはファレホでの塗装です。
時間が限られていたのでアラが目立ったりします。
割と「何でもあり」な軍装だったのもあって制作は自由度が高かったと思います。
オープントップの自走砲の戦闘シーンは長年作ってみたかったテーマで、念願が叶いました。
装填手はドラゴンの独自走砲クルーから服だけ全部削ってパテで着せ替えましたがポーズはもう少しやわらかくしてもよかったかも知れません。
ジオラマの舞台となったのは45年春のクロアチアですが、東部戦線ほど泥濘でもなかったようで当時の写真を見てもそれらしい風景は見当たらず、情景の際は悩みました。
ユーゴ内戦の写真を参考に土の色や草木を植えています。
草はReality in ScaleやJOEFIX等の各種素材、ドライフラワーや鹿の毛を使用しました。
倒木はWOODLAND SCENICS製で、ソミュアの前に立ってる木は手芸用ワイヤーに木部パテで肉付けしたものを、オランダドライフラワーで枝付けして自作しました。
木の表面の白っぽさを出すために、溶いたタバコライオンを筆跡が付くように軽く塗り、綿棒でぼかしています。
地面の土も先述のユーゴ内戦の写真を参考にしましたが、上手く表現するのに苦労しました。
ドロドロで無い湿り気のある土になるようにミラコンの粉を暗めの色で着色した後、木工用ボンドでダマにしたものを撒き、ラッカーのクリアーを染み込ませています。
時間切れは避けたかったので、この一ヶ月間は正直間に合うか自分でもヒヤヒヤしていました。
途中ベースを何度か作り直していたり失敗等もありましたが良い経験になったと思います。
住友さんには改めてこのような機会を与えて下さり感謝いたします。



皆様からのコメントです
-------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。

車両はどちらも小ぶりですが2両配置ですし、ベースの広さを利用して上手く空間表現されてるな〜と思いました。そもそも私は小さいベースに詰め込むタイプゆえに・・結構な大作なのでは?
立ち枯れ気味の前年の草ですが、種類がありますし雰囲気良いです!
個人的にはネームプレートをハショったのは残念だと思いますね。(※ちなみに私は、本日終了のコンテスト作品を今から塗装します!(笑)

お疲れ様でした。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
この戦車の完成品を見るのも初めてなのに、さらに情景で見れるなんてうれしいですね。
丁寧な車両の工作やウエザリングがいいですね。グランドワークもお見事です。フィギュアもバッチリ決まってます。
これで分かったんですが、乗員は結構無防備な感じなんですね。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
乗員のちぐはぐな服装が面白いですね。
ベースが広いのに間延びせずにまとまっていて素晴らしいです
-------------------------------------------------------------------------------------------------
完成、ご苦労様でした
車両やフィギュアもバッチリ決まってますが、グランドワークが素晴らしいですね
また珍しい車両と情景が目を引きます
グッドジョブ!
-------------------------------------------------------------------------------------------------
Nasi kandarさん、完成おめでとうございます。
チトーパルチザンが主役の情景作品を見るのは初めてだと思います。
ソミュアの乗員は無事に逃げられたのでしょうか。
まさか、パルチザンに強力な対戦車砲を載せた自走砲があるとは思わなかったのでしょうね。
皆さんも仰っていますが、グランドワークに凝られていて工夫されていることが、作品のレベルを更に高めていますね。
とても自然に見えますよ。
いや〜実物を目の前にマジマジと見てみたい作品ですね!
-------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
ベースがとてもステキですね
倒木や樹木、草、バランスがいいなぁと思いました。
フィギュアも陰影がキレイについていて、素晴らしい塗装ですね!
お疲れさまでした。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。お疲れ様です。
パッと、「珍しい車輌の組み合わせ」にまず目が行ってしまいがちですが、それぞれの車輌の工作と仕上げの丁寧さもさすがです。
個人的には、特に“M3マーダー”の乗員の服装が全員バラバラで、パルチザン感を演出しているのが素敵だと思います。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
皆さまもおっしゃっている通り、車両もさることながら、グランドワークが素晴らしいと思いました。
草類の高さや枯れ具合を絶妙に組み合わせておられて、まさに、本当にありそうな景色になっています。
また、土の「微妙に湿気を含んだ質感」がしっかりと出ていて、見事です。
実物が見てみたいです
-------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます!
渋い車両にシチュエーションのチョイス、かっこいいです。
造詣の深い方にしか、作れないディオラマだと思いました。
グランドワークやウェザリングもテーマに負けないリアルさですね!
お疲れ様でした。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
Nasi kandar さん
完成おめでとうございます。
途中経過から気になっていましたが、とても興味深く拝見しました。
マイナーな上に貧弱な車輛だからこその魅力にあふれていると思います。
お疲れ様でした。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
Nasi kandar 様
完成おめでとうございます。
ベースの作り込みが素晴らしく枠で切り取られた先の景色が見える様です。
一瞬の隙をついて反撃に出るパルチザンの気迫が伝わってきます。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
まず綺麗な写真と素晴らしいグランドワークに目が釘付けです。
この車両の事はよくわかりませんが、対比のバランスがいいなぁと思いました。
お疲れさまでした。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます
ベースの広さに対して車両や木の配置がバランスよく、変にすかすかした空間もなく廃棄車両と戦闘中の静と動が混ざっているのが素晴らしい
自走砲の発射の衝撃が伝わってくるような雰囲気を感じます
-------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
動きのあるフィギュアにリアリティのあるグラウンドワーク、情景となじんだウェザリングの施された車両、更に綿密な考証と情景作品のお手本のようですね
お疲れさまでした。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
>Nasi kandaさん
遅ればせながら完成おめでとうございます。珍しい車両の組み合わせが目を引きますがなんといってもベースのグランドワークの仕上がりが素晴らしいですね。また、バラバラのパルチザンの軍装が後のモザイク国家としてのユーゴスラビアを現しているような印象を受けます。お疲れさまでした!
-------------------------------------------------------------------------------------------------
投票時のコメントです
40数年前ならスクラッチビルド、カンプグルッペベージンの作品しかお目にかかれないようなアイテム選択が気に入りました。
バルカン戦線の設定も最高です。
独特の間に惹かれて一票!
スミコンについてのご意見、ご感想 = ブログにて参加者のキットの選定に文句をつけたり中傷する参加者がいたのが残念でした
工作に凝る人の多くが単品で終わりにしたり「単品でやめとけば良かった」的なディオラマにしてしまいがちですが、工作とディオラマがどちらも高水準で素晴らしいと思います。
どちらも好きな車両ですし、設定が渋すぎ!
1、チトーパルチザンを主人公にしたレアな設定であること、更に2両使った作品であること
2、なかなか完成品を見ないレアな車輛に加え、その完成度
3、改造されたチトーパルチザンフィギュアの完成度
珍しい車両に兵士の装備に目がいきますがその他の地面やグラウンドワークなども丁寧に作られていて手を抜いたところが見えません。
この作品を見ていると自分もパルチザンものを作りたいと思えてきました。
めずらしい車輌の組み合わせ、軍装の異なるフィギュア、放棄された車輌の小物による演出なども見所ですが雪のない冬の感じの表現のグランドワークが素晴らしいです。実際どの方向から見ても破状しないレイアウトもポイントですね。
グランドワークが最高です。荒涼とした草原の感じがとてもよく出ていると感じました。草木の生えているところとそうでないとろのバランス、草の高低や種類、落ち葉や枯れ枝の配置、どれをとってもぬかりありません。それと、この作品をわずか1月で仕上げられたそうですが、1月でこのクオリティー!このことが一番すごいと思います!!
枯れ草の表現が上手いです。
ベースで区切られた以上の空間の広がりを感じさせる点が情景作品として素晴らしいと感じました。
コンパクトなサイズながらわずかな地形の高低差を使って敵に不意打ちをかける緊張感高まるシーンが見事に再現されているのではないでしょうか。広がる荒野の雰囲気や遠方の敵の姿も見えてくる気がします。
ユーゴスラビアでの戦闘はコミック『石の花』や、ユーゴ映画の影響で東部戦線とは違った血生臭さを感じます。個人的に東部戦線同様どうも苦手です。その雰囲気を感じるこの作品は凄い!です。
マイナーな車両のジオラマだけで、大好きになりました。
なんか荒涼とした荒れ野の広がりと寒さを感じます。
へんてこな車両なんですが、違和感も無くそしてフィギアによるストーリーが緊張感を感じます。
車両が好みなのもありますが、塗装も自然で上手いと思います。
生きている車両、死んでいる車両、それぞれの表現がいいですね。
フィギュアもそれに合わせて改造されていて、上手くフィットしていると思います。
地面(特に草のヴォリュームの強弱)がグッドジョブ!
車両はもちろん、グランドワークの再現度がすばらしいです。小型の車両2両に対して、ベースサイズが気持ち大きい感があるものの、まったく間延びしていない。自然をよく観察して製作されているんでしょうね。
車両が好みなのもありますが、塗装も自然で上手いと思います。
生きている車両、死んでいる車両、それぞれの表現がいいですね。
フィギュアもそれに合わせて改造されていて、上手くフィットしていると思います。
地面(特に草のヴォリュームの強弱)がグッドジョブ!
グランドワークが素晴しょうねらしいですね。
ただ、ハッチからキャタピラの向こうが見えてしまっているのは惜しいです。あと木も表面がのっぺりしてるので表情をつけてあげるともっと良くなるでしょうね。
車両の配置や塗装などは文句なしに素晴らしいと思います。
なぜこれを選んだかといえば、もう何はさておき登場車両が私の好みだったからというのが第一の理由なのですが、しかしそれだけではなく、工作のレベルの高さも十分賞賛に値すると思います。特にM3A3マーダーの乗員に対するちょっとしたこだわりも素敵です。

D26 Nasi Kandarさん
「Tito's Marder」
M3A3 with Pak40