2015.09.27
本当に完成写真が遅れてすいませんでした。ようやくですが、情景部門が完成致しました。パチッにも初参加して今回の作品と並行して製作していたのでかなり写真が遅れた事をお詫び致します。また、今回は9枚ほどの写真になってしまいます。この点でも申しわけありません。
タイトルの方は「悪夢が来る前に」です。
ベルリン戦をモチーフに、残存兵力が次の戦い(脱出戦)に控え、生き残った兵力を待つと言う内容です。

2枚目です。
縦からの撮影です。前方のオペルブリッツの前輪がちょっと浮いた感じになっています。あと、ちょっと露出が高いかなー・・・と。

3枚目です。
メインとなるパンターG後期型のアップです。

4枚目です。
パンターG後期型は、砲塔部分を初期型にしています
(砲盾は後期型のアゴ付きタイプです)。また、ツェメリットコーティングを施しています。ディテールアップにパッションモデルズのエッチングパーツ、覆帯はカステン製、砲身はアベール製を用いました。
 塗装の方は車体はレッドプライマーで、砲塔はラフな迷彩。こちらは修理車輌バージョンで、以前MG誌で見たロベルト・デップ氏の1/16パンターGを用いた「猫は七生」を意識しました。個人的に気に入っているパンターの作品なので一度は作ってみたいと思いました。

5枚目です。
こちらはオリジナルのオペルブリッツ。タミヤのオペルブリッツを使用しました。
ボンネットやドアは敢えてジャーマングレイで一部塗装、修理車輌っぽしました。また、荷台にはMG34の対空機銃架付き
を取り付け、フロントにもわざとガラスを割ってMG34を取り付けた武装トラックにしてみました。

6枚目です。
オペルブリッツの荷台のアップです。戦闘でかき集めた武器を満載にしてみました。ジュリカンに手榴弾を取り付けたものはタミヤの「ドイツジュリカン・ドラムカンセット」の説明文で記載されていた「火炎瓶の代用」からです。また、ドラムカンに地雷を取り付けたオリジナルの爆弾っぽい物を作ってみました。
荷台の銃などは他にやってくるだろうと思われる兵たちに与える武器か?それとも中に入っている銃弾目当てなのか?とにかく
切羽詰まった状況下ですから・・・。

7枚目です。
こちらはパンター砲台です。
タミヤのパンターG鋼製転輪仕様を使用し、全体にコーティングを施しています。製作はほぼストレートで砲身はグリフォン製です。空薬きょうはタミヤの金属製砲弾からで、1袋5個しか入っていないので、通販で5袋かき集めました。瓦礫は素焼きの鉢を砕いてそのまま使用しました。

8枚目です。
こちらは追加で作ったタミヤのキューベルです。
車体にも色んな武器が満載になりました。

最後の1枚です。
色んな部分のアップ画像になります。
フィギュアはタミヤとドラゴンを合わせて使用、武器はドラゴンのドイツ軍及び連合軍の小火器、ICMのイタリア軍WWT武器、タミヤの小火器セットを用いました。
ベースは100均の角材などを組み合わせ、スタイロフォームは廃材利用で組みあわせ、土台は速乾セメントに赤玉土などをミキサーで合わせて塗り固めてから、タミヤの情景ペイントを塗りました。またプラ板で石畳を自作してアトランダムで組みあわせてから情景ペイントで塗装しました。
 
今回は前回の情景よりもかなりスケールが大きい感じになりしかもオリジナルで色々作ってみたので苦労しました。
個人的には納得がいかない部分が山積していますが、次回のスミコンに生かしたいと思います。

最後になりますが、製作が予定よりも遅れた点と、アップした写真がかなり多くなってしまい皆様にご迷惑を掛けた事にて お詫び致します。これからあと3週間で締め切りになりますが、単品部門に集中したいと思います。


皆様からのコメントです
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ジオラマ完成おめでとうございます。
砲台にされ、かつ打ち抜かれて力尽きた車輛と、生きている車輛の対比がこれから始まる戦いを物語ってるように思います。
3枚目のアングル良いですね。
戦闘が終了して、物陰から集合地点に出てきた雰囲気が出ていると思います。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
ドイツ軍にとっては大戦末期の悲壮感漂う中でのワンシーンでしょうが、
模型としては車両複数台、フィギュアも多数有りと賑やかな情景作品ですね。
埋もれたパンター砲台、写真で見たことがあるような気がしますが、
参考にされた実写真があったのでしょうか。
御疲れ様でした。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
レッドプライマーのパンサーG型かっこいいですね。色合いがとてもいいです。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
知識が無いのでまともなコメントも出来ませんが、コレだけの車両やフィギュア、また小物類もキッチリ作られていて素晴らしいと思います。
個人的にはトラックの雰囲気が好きです。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成、ご苦労様でした
車両4両はなかなかのパワーが要りますよね
パンサー、作りたくなってきました
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
寄せ集めで構成されたパンサー、色んな塗装の部位が混じっていますが、全体の統一感があって不自然さを感じさせず、それでいて存在感・インパクトのある仕上がりですね。
情景全体の工作量は膨大なものだったと思います、お疲れさまでした。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
車両4台とかなりボリュームのある作品ですね。
砲塔がトーチカ?になった実車写真は見たことがありますが
車両ごと埋もれているのは初めて見ました。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
これだけのボリュームがあって、それぞれに追加工作して個性を持たせる塗装をしてあり
すっかり脱帽です。単品もすすめておられ、エネルギーがすごいです。
作品を拝見して、このエネルギーをおすそ分けしてもらっています。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
これだけたくさんの車両、小物を作り上げられて、パワフルさに圧倒されます!
瓦礫の色がそれぞれ微妙に色分けされているところ、こちらも大変な作業だったのではないでしょうか。
見所がたくさんある作品だと思います。
お疲れさまでした
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
おおおー!完成おめでとうございます!
破壊された車両や二台のパンターの対比など、見ごたえたっぷりですね!
あとでPC画面でじっくり見させて頂きます。
お疲れ様でした。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
トーチかパンターは一度は作って見たい題材ですよね。
生きてるほうのパンターの寄せ集めで作った感じが、末期の雰囲気を良くあらわしていますね。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
パンターのトーチカ、ずっと作ろうと思ってかなりの画像をため込んでいたのですが、
これでスッキリしました(笑)。
丁寧な工作がとてもいいですね。
ちょっと気になるのは、これだけ人がいる場合、
人の密度の高いところと低いところにわけた方が良くなったように思います。
それにしてもお疲れ様でした。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
車両が沢山居るとすごい迫力で見ていてとてもワクワクしますね。
埋まっているパンターの周りにある煉瓦やコンクリートの色のコントラストが大変興味深いです。
銃器類にも細かな気配りがされていて目線の行く先々に楽しいモノが見られる…そんな嬉しさを感じる大作だと思います。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
みったん 様
完成おめでとうございます。
車両1つ1つが丁寧に製作されていて密度感の高い作品ですね。
プライマー状態とトーチカ状態と同じパンターも全く違うスタイルで高さも変わっていて平面なのに飽きが来ないレイアウトになってますね。
ただ、ご自身のコメントの通り車両が一部ベースから浮いているのが惜しまれますね。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
各車両へ積みこまれている小物類、これだけの数を作って塗装して、大変な労力だったかと想像します。
私も作品の中ではこういった小物類を充実させたいと思うのですが、途中で面倒臭くなって「何とか間引けないか」と考えてしまいます。
そこをしっかりと作り込んでいるところ、素晴らしいと思いました
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます
末期の混沌とした雰囲気が出ています
レッドプライマーのパンター
かっこいいですね
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
大変遅くなりましたが、完成おめでとうございます
末期の雰囲気が出たつぎはぎ感が良いですね
車両それぞれの設定が伺えるのが好きです
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
遅くなりましたが、完成おめでとうございます。
ちょっと露出が高い、という御感想ですけど
明るめの画像のせいか、戦争末期の絶望感や悲壮感が薄めで
「これで戦いから解放される」「ソ連軍に一矢報いてやる」
「絶対に生き残って見せる」みたいな
ポジティブな雰囲気が感じられますね。
単品でも目を引きそうな急造感?溢れるパンターや
フロントウィンドウの割れたブリッツを見ていると
高橋先生の最貧師団やラスカンの世界を連想しますね〜
彼らをどんな運命が待っているのか、気になります。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
遅れ馳せながら完成おめでとうございますm(__)m
この前バンダイのパンサーを作ったばかりなので、パンサーにとても興味が湧いてきています。
大戦末期ともなると、寄せ集めの車輌もあるんですね。
勉強になります。
小物類をかき集める苦労がなんか共感しますね。
1ヶ所の店に1つしかないとか、ジオラマだと、複数使う所も多いかと思います。
自分は何か1つ探すだけでも一苦労です。
みったん@ま、いやんさんの拘りが随所に見えるジオラマだと思いました。
本当にお疲れ様でしたm(__)m
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。本当にお疲れさまでした。
トーチカのパンターは模型では中々見ないので、この手のものが好きな私としては嬉しい作品です。
車列のパンターやオペルブリッツのちぐはぐな車体色やよく見るとMG15が置いてあったりと、末期の間に合わせ感が伝わってきます。

コメントにイタリアWW1火器を使ったとありますが、これはカルカノライフルの事ですよね。
どのフィギュアが持っているのでしょうか?
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
大変遅れましたが完成おめでとうございます。自身にとってはこれだけの規模の情景ははじめてだったので大変苦労されたと思います。作品を見て私にはこの情景のテーマが継ぎ接ぎパンターとトーチカパンターの対比のように思えましたので、そうした意味では二輌の生きている車輌と死んでいる車輌の仕上がりの表現がうまくでていると思いました。私からもひとつ辛口なコメントをさせてもらうとたいへんよくできているのですが、オペルとキューベルのどちらかは情景のレイアウトのうえで間引いてもよかったと(作品じたい、中戦車が二輌のかなり大きなものですが)思いました。今回の経験を次の作品に生かしてください。お疲れさまでした。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
投票時のコメントです
一目で末期戦のドイツという状況が感じられるのが良いと思います。トーチカ化されたパンターと戦争末期仕様のパンターが対比できるのも面白いです。
ドイツでの本土戦といえば憔悴しきったドイツ軍という印象が浮かびますが、この作品の兵士達はやる気というか士気の高さが感じられます。
トーチカとして埋められて任務を全うしたトーチカパンターとそばを通過する部品をかき集めて製造したと思われるパンターの対比がとても興味深いですね。

D02 みったん@ま、いやんさん
「悪夢が来る前に」
パンターG(スチールホイール仕様) パンターG後期型 (TAMIYA)