Top
2013.10.17
B1bis (German army)です。凸凹があるので塗装映えを狙ったアイテム選択でしたが、面が多すぎて塗装で手間取りました。もっと足回りのメリハリのある汚しが出来たらよかったですね。組み立てが簡単でかっこいい。非常に素晴らしいキットです。

皆様からのコメントです
--------------------------------------------------------------------------
住友さま、こんばんは。お疲れ様でした。
汚し表現が素晴らしいです。僕も住友さまの作品を見習って
ウエザリングを表現してみたいと思いました。
ディオラマも楽しみにしています。
--------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます!
この車両は面で遊べますよね、楽しいです。
キャタピラはエッジを落とさないほうが迫力があり、この仕上げもイイな〜と思いました。
最近ウェザリングがハードになってきましたね(笑
AFVモデルの魅力でもありますし車体の時代にもマッチしていると感じます。
私は予想外のトラップで苦戦したいます。残り時間が少ないですが最後まで頑張ります!
--------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます!
いやー住友節全開ですね〜、渋い。雨垂れにますます磨きがかかってますね。
もう“雨垂れ職人"もしくは“雨垂れ師"を名乗ってもイイんじゃないでしょうか
ジオラマの完成も楽しみにしております!
--------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
私がどうこういう作品ではありません。
すごくイイ感じです。
それに比べ、私のハーフトラックの雨だれ、なんか見直すと「塗りましたよ」感が見え見えで、うんざりですね
ジオラマの方も楽しみにしています。
私も最後までやりきりたいと思います。
お疲れ様でした
--------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
途中経過のまっ茶色のキャタをどう仕上げるのか楽しみにしておりました、全く違和感なくまとめられてます。
ハードなウエザリングも見事に決まってます、なかなかマネしようにも出来ないんですよね。5時間も掛けられたモジュレーションがあってこそなのか...
お疲れ様でした。
--------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございますm(__)mb1のイメージが変わる塗装でカッコいいです。グレーの色合いも素晴らしいですね。確かに面が広い車両ですがウェザリングもバランス良くてよいかと思います。
--------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
大戦初期の大家になってきましたねえ。恐れ入ります。
これは白色迷彩は断念されるのでしょうか?私はまだ白にするつもりですが、グレーのまま足踏みしています。
--------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
途中画像を拝見して、履帯の汚しがすごく大胆なタッチと思いましたが、最終的には見事に調和するんですね〜。
カラーモジュレーションもそうですが、ダイナミックな効果の付いたベース塗装からバランスのとれた完成形に仕上がるところはマジックを見ているようです。
--------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。なかなか渋い仕上がりですね。
住友さんの手にかかってしまうとどんなキットでもカッコよく見えてしまうから不思議です。
--------------------------------------------------------------------------
うわぁ〜.....重量感あるB1bisがジャーマングレィで更に度がアップして。
側面の汚れ具合、そしてキャタの金属感...いいなぁ〜です。
技量満載の素晴らしい作品に、つい手抜きしてしまう私は反省しています。
完成、おめでとうございます。
--------------------------------------------------------------------------
住友様こんばんは。
完成おめでとうございます。
製作途中のモジュレーションが素晴らしく、完成を楽しみにしていました。さすがとしか言いようのない仕上がりです。リベットの浮き上がり、履帯の表現、汚れと疲れ感。言葉では表しようがありません。大変勉強になります。
出来ましたら、モジュレーションの細かな仕方を発表してください。
お疲れ様でした。
--------------------------------------------------------------------------
なかなか思い切った汚しができない私にとって、
「どうだ。くやしかったらかかってこんかい」と言われているような作品で元気づけられます。
--------------------------------------------------------------------------
改めてジャーマングレーの塗装と仕上げ方の奥の深さを知らされる作品ですね。
参考になります。
でもジャーマングレイは自分にとって鬼門です。
--------------------------------------------------------------------------
住友様 単品完成お疲れ様です〜!
途中の履帯が赤錆々の時は大丈夫か?と思いましたが完成すると、やはり大御所、風格ある「住友カラー」に成られてメッサカッコイイです!!
--------------------------------------------------------------------------
住友さん、完成お疲れ様です。
自分みたいな初心者にとっては作品をじっくり見るだけでも、本当にいろいろ気づいて勉強になります。
今日の気づき:ハッチを開けるとB1bisはカワイイ
--------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
「端正」という言葉が思い浮かびます。
やはり、色々な形で制作者の人間性が出てくる様に思いました。
--------------------------------------------------------------------------
完成ご苦労様でした!ジャーマングレイの雰囲気が渋すぎです(>_<)カラーモジュレーションもコントラストのつけ方など非常に参考になります!コントラストを汚しで調整してコントロールされてる所が流石だな〜と思います(^∇^)
--------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
カラーモジュレーションの部分からの塗装の工程が見れて参考になりました。
立てのラインの汚し方を参考にしているのですが、なかなか上手くいかないのでこの作品見て勉強します。
このB1Bisって塗装が楽しい車体形状ですよね。見ていたらまた作りたくなってきました。
--------------------------------------------------------------------------
 
◆グッドな点
ハードな汚しが住友さんの作品では珍しく楽しませて頂きました。プロの模型ライターさんなので安定感抜群ですね!いつもヒントを頂いております。
カラーモジュレーションの実験的な意味合いの強い作品だと思いました
何も派手な演出無しに目立っています。さすがです。
住友様の鉛直方向の汚しやグラデーションの技を盗みたいと何度企んだことか。いや実際にやってみたけど無理でした。他の作品(バスやミニ四駆ウニモグでさえも)ヤレ感ではいつも唸らされています。
グレーがとってもええ感じです。
車体側面の汚しが見せ所でバッチリ決まってます。
ルノーオタクの渡しとしては元々が大好きな車両でかつ、ジャーマングレーとはカッコよすぎます!(笑)ウェザリングもよく大きい車両があまり間延びしてなくていいです。
塗装の製作経過が大変知りたい部分だったので、とても参考になりました。ありがとうございました。
以前に比べるとかなりワイルドというかハードな汚しですね。それでも汚くならないのは流石というほかありません。カラーモジュレーションはバランス感覚がものを言うと思いますが見事にものにしています。
これをお手本に、シャールB1に挑戦したくなります。
破綻の無い端正な仕上がりが静かな落ち着きを感じました。
住友さんの作例をいつも見ていてホワイトの使い方が上手いなと思うことです。(退色表現)結構思い切った色使いなんですが上手くまとめますよね。
カラーモジュレーションからの汚し塗装勉強になります。
氏の単色の多色仕上げは国内一二だと思う豊かな見せ方に敬服。
一目見て住友さんの作品だと思わせるグラデーション塗装が素晴らしいと思います。この車両は、箱絵のようなダークイエロー主体の迷彩では、見た目はどことなく可愛いようなイメージを私は感じるのですが、こうしたジャーマングレーの塗装を見ると、それとは一転、凶悪さをも感じさせる迫力満点の塗装がすごいと思いました。車体側面は大きく広い面で構成されているので、塗装によっては淡泊になってしまうと思うのですが、複雑な汚し塗装によって、全くそんなことを感じさせません。明るい色でのチップも有効なんだなと、大変勉強になりました。私も積んであるので、このような出来を目指して頑張ろうと気合いが入りました。大変お疲れ様でした。
とても巧いです 外国モデラーさんに対向できる切り札ライターさんです 眼の手術だって同情を欲さないし立派な方です
パンツァーグレー上品でカッコイイ
経年経ったグレイ色と錆た感じのキャタピラ。流石プロと言ったところ。
淡い色合いとウエザリングのコントラストが素敵です!
このGグレイは真似たいほど個性的
一目見て分かる個性あふれる作品
ジャーマングレーの退色感がなかなか良い感じです。
雨だれの表現、側面の汚し、キャタピラの塗装などさすがです。
くたびれ感がいいです
グラデーションが素晴らしいです。あとは言うことなし。本当にお疲れ様でした。体調に気を付けてください。
重量感やスケール感が表現されていてすばらしいです。
誇張されたウェザリングが目を引きます。履帯の色味が凄くいい感じで好きです
◆バッドな点
側面のウェザリングを少し抑えたほうがよかったのではと思いました
乗員は必要ですよ。ハッチが開いているからなおさらです。
バック紙の黒のぼかしはもう少しソフトな方が本体が引き立つ様に感じました。
配点0は苦渋の選択。割り振りに散々悩んだ末、雨垂れキメキメが個人的な好みとは違う、というだけの理由なので怒らんといておくれやす。
ドゥンケルグラウでここまで経年変化していると廃車に見えてしまう。
個人的な好みで申し訳ありません。細かいところなのですが、フェンダー上に取り付けられているスコップ等のOVMの木部色が、もっと茶色というか、オレンジ色っぽくなっていると、模型映えするといいますか、車体色と対比して良いアクセントになったかもと思いました。
長生き車両なら中後期のドゥンケルゲルブだと思う
病と主催者さんですがGグレイなら劣化が強すぎかと
足回りの汚しが少しごちゃっとしてる気がします
しいて言えば雨だれがやり過ぎな感も・・・
製作初期の履帯がもっと赤かった頃も好みです。
特にbadな点を見つけることはできませんでした

T-22 - 住友たかひろ
B1bis German army (TAMIYA)