Top

D-20 俊さん
タイトル「East Prussia 1945」
タミヤ:キューベルワーゲン
ICM:オペルスタッフカー
AFVクラブ:sd.kfz251/21
エッシー:horse drawn convoy(馬車)
イタレリ:RSOトラクター

2013.10.31
大戦末期の東プロシアでの情景です。
ケーニヒスベルク西方のフィリッシュ潟へと追い込まれたドイツ軍の
残存部隊が主役です。迫りくるソ連軍に対し貧弱な装備で対抗しようとする兵士と
海を渡るために捨てられた様々な車両を雑多に配し大戦末期の混乱した状況を
再現してみました。
兵士だけでなくドイツ市民もここを通ったことを演出するため
沢山のトランクが遺棄された様子にしました。
フィギュアはドラゴンからの改造とタミヤエポキシによるスクラッチです。
ヘッドはすべてタミヤパテ(ラッカー)から自作しレジンで複製したものを
使っています。ベースはスタイロフォームで大まかに形を作ってからウッドフォルモ
で地面を作りいろいろなサイズの砂をまいてあります。
雪は日本画の画材である方解末です。

皆様からのコメントです
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
俊 様
またも大作完成おめでとう御座います!
ぎゃ〜!私の目指す同軸(同時間内)複数ドラマです!それがキチンと繋がってます。去年のイタリアの日差しから一変、寒い季節感が画像から伝わります。フラッシュ焚きですか?良い色彩が浮き出てきますね。大変お疲れ様でした。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございますm(__)m大作ですねぇー!ドラマ性がありひきこまれます!この情景も戦争とは?と考えさせられますね。フィギュア、車両ともに凄くいい感じですね。ホントにお疲れ様です。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
俊様
完成おめでとうございます。
素晴らしい作品ですね。いつもながら感心させられます。構図、使う車両、フィギィア、地面がすべての相乗効果で雰囲気が出ていると思います。本当に見習いたいです。お疲れ様でした。
Re: 完成報告です - mintseed 2013/11/01(Fri) 09:31 No.5075
完成おめでとうございます。
全体の素晴らしさは当然のことながら、一見、無造作に見える小物一つひとつにも、
丁寧な仕上げがされ意味があるところに惹かれます。
抑制の効いた高低差も見事です。
お疲れ様でした。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
俊様
完成おめでとうございます。
いつもながらパチッ世代のハートを鷲掴みにする素晴らしいディオラマですね。
大物無しでの勝負が男前です。
言うことないです。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
俊さん、完成おめでとうございます。
緊張感あふれる作品に思わず見入ってしまいました。
ドリリンクの横に立っている兵士の明細がとても印象的です。
車輌のみならず細部にわたった作りこみと塗装がとても素敵です。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
俊さん
完成おめでとうございます!
いやはや素晴らしい。末期戦の資料本に載ってる写真そのままですね。
正に“魅せる絵”になっていると思います。生き残るための必死さが伝わってきますよ。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
俊さん、完成おめでとうございます。
スゴイですね。これは。素晴らしいの一言!
全体的に動きのバランスが調和されていて、なかなかこうは出来ないと思います。
確か、フィギュアも自作のうえ、これだけの大作を期限内に仕上げられるところは、なかなかマネできないです。
お疲れさまでした。
Re: 完成報告です - 藤大 2013/11/01(Fri) 21:21 No.5123
俊さん、完成おめでとうございます。
左右両方向へ向かう構成物の流れ、吹き付ける風が感じられるようなコートの裾や草の感じ、隙のない仕上げの車両やグラウンドワーク等々素晴らしい大作ですね!
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます!
異なる沢山の車両を配置して違和感なく表現されるのは凄いです。
実際にやってみればその難しさがわかります。
海外のモデラーさんが製作されたのだと思いこんでしまいそう!
期間内に完成されたのも技術があってからだと思いました。
素晴らしい作品です。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
「写真は大失敗」と仰っていますがどこが気に入らないのか聞きたいくらいです。
大海原の大きなうねりの中にすべてが飲み込まれている様です。
色彩の鮮やかさといい、ドラクロアの絵画と共通したものを感じました。
お疲れ様です。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
hideさんと同じく「必死さ」に引き込まれました。
「何としても生きるんだ」という意志、人間の強さでしょうか。
一見して判る絶望的な状況だからこそ、より強く伝わるのでしょうね。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
俊 様
完成おめでとうございます。
戦車を使わい大作の表現大変参考になります。
自分もこんな物語を表現できるディオラマ作りたいです。
お疲れ様でした。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成、ご苦労様でした
いや〜このボリュームはすごいですね
圧倒されます
この作業量を考えると気絶しそう
フィギュアの造型や塗装が素晴らしいと思います
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
車輛が水平に置いていないことや、動きのあるフィギュア、散乱した物資などで、
すごくドラマチックなジオラマに仕上がっていると思います。
これだけ多くの車輛がありながら、フィギュアの生命力が伝わってくるようです。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
今年も安定のクオリティーの大作ですね。
ジオラマの中に、いくつ物複線やドラマが見られるとても素晴らしい作品です。
どんな物語が繰る広げられているのか、じっくり見ながら堪能させていただきました。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
◆グッドな点
これだけの車両を登場させながら違和感なく仕上げていて凄い!と思いました。ベースの高さを調整されたり時間をかけていて素晴らしと思います。
限られた期間にこれほどの大作を完成させることがすばらしい 大戦末期の冬の空気感を感じるレイアウトがいいですね
車輛の工作、フィギュアのスクラッチ、詰め込まれたドラマ、全てが高次元だし、何と言っても「パチッ」で育った私には「これが見たいんだよ」と毎回思わされます。
絵のようだと思ったのですが、もしアンジェイ・ワイダが現在戦争映画を撮ったらこんな感じだろうという風情ですね。一瞬を切り取ったのではなく、時間の流れも感じさせるあたりも映画的です。車輌、フィギュア、グラウンドワーク、全てにおいてどうこういうことができないクオリティなのも凄いです。
戦争絵画みたいです!
各々の塗装がきれいで見どころが多い大作ですね。
構成、細部の作り込み、フィギュアの完成度どれも素晴らしい所でバランスされていると思いました。ロマン主義。
シゲさんの作品と甲乙つけ難かったのですが、最終的にドラマ性の高さでこちらを自分的一等賞に。
緊迫感漂う作品に仕上がってると思います。
絶望的な状況下であってもギリギリまで生きようとする人間の強さがストレートに伝わってきます。
この作品を見て憂鬱な気分になる人も多いでしょうけど私は元気を貰いました。
四ヶ月の全てを使用した感じの力作に感動する。どこぞの休み休みの単品など格が違う。
これだけの車両を期限内に作られ、すごいパワーですね。フィギュアも力が入ってますね。お疲れ様でした。
とても広いし車種多彩 兵士・看護師等も塗り巧く大勢
今大会の超大作 寒さと敗走感がよく表現されてる
混沌とした負け戦。敗走脱出。寒さが本当に伝わります。
右の起伏で単調から奥行きが出て、成程と感心しました。フィギュア塗装も相当な腕前の方です。
フィギュア1体1体の演技・演出が素晴らしい
ストーリが明確ですね。作りこみも素晴らしいです。看護婦を含めた3人が寄り添っている様は至難の業だと思いました。
最前線の緊迫した状況がうまく表現されている素晴らしい作品だと思います。スクラッチや改造したフィギュア、車両、小物にいたるまで丁寧に作られているのも素晴らしいと思います。
不思議と血の匂いのしない作品で私はこういう作風が好きです。
映画のワンカットのようです
車両はもとより、構成、フィギアの出来、草、地面の出来が素晴らしい。全体的に流れに沿った物語を感じさせられます。
混沌とした情景が見事に表現されていると思います。
高低差を付けたグランドワークが単調にならず良い感じです。色んな小物も情報量が増えてGJです
全体的にそつが無いというか。見れば見るほど味が。
◆バッドな点
中央の民間人の前に先を急ぐ民間人と後ろに後方を振り返る民間人を配置すればよかったと思います
MG42の側に薬莢が散らばっていたらもっと良かったです・・・今伏せたところでしょうか?
写真に関してですが、フォーラムに投稿された一連のカットがよかったと思います。期限ギリギリで慣れていないカメラでの撮影の為、本人は納得していないのはよく分かりますが…。カメラフードの影(?)やバック紙の不足など、かえって不安感、不安定感、緊迫感を高めていた様に思います。またフォーラムの「1枚目の写真は入れてほしかった」と思いました。
難しいトコですけど
リアル故に煩雑になっているのかもしれません。
細かくてすみません。ベースの大きさに対して少し車両が多すぎる気がしました。あえて狙ったのかも知れませんが、もう少し車両を減らすか、ベースを大きくしても良かったかもですね。
フラッシュの当たらない所が暗くて残念
撮影技術の問題ですか。室内なら白色LEDを複数使うと自然光に近くなりますよ。
間延びぎみ
車両などの詳細部分が画像で確認できないのは残念なような気がします。自分のスタイルを変えるのは難しいと思いますが、これだけの大作ですから、範囲縮小するともっと素晴らしいものができるのではないかと思います。
ちょっと頑張り過ぎた気も。車両の数を減らしてサイズ切り詰めたらもっと密度が濃くなると思います