Top
2013.10.31
ペリリュー島の戦いを勝手な想像で再現しました
天面の大きさが36センチ×52センチという、今まで作った情景の中で、一番大きなものになりました・・・というか、なってしまいました。
最初はカミ車だけと思っていたのですが、段々と構想ばかりが大きくなってしまい、スケジュールも考えず、やっとこ出来上がったという感じですから、細かいところはかなり荒い作りになってしまいました
やっぱり、情景は最初にきちんと構想やレイアウトを練ってから作らないといけないなと反省してます。
金子氏もそう言っておられました。
このカミ車はレイテ島仕様のマーキングなのですが、どうしても「652」のデカールを貼りたかったので、強引にペリリュー島に来てもらいました
95式はサイバーホビーのものですが、ペリリュー島仕様のデカールが付いていなかったので、日本軍車両をたくさんリリースしている某社からデカールと説明書を購入して、ペリリュー島仕様にしました。
相変わらず写真撮影が下手ですが、見て下さい。
マスターボックスのフィギュアです。
軍刀を持った兵士は、手を振り上げて敵を切りつけるように真鍮線とエポパテで改造してます。
このくらいオーバーの方が面白いかなと思いましたので。
もう1体は、武運長久というデカールが入っていたので、それを使いたくて、箱絵のように銃につけてみました。
プラペーパーに貼り付けて、線香の熱で形を崩してみました。
それにしても、マスターボックスの顔って独特で面白いなあと思いました。
塗装の技術がついていけませんでしたが
これはドラゴンとタミヤのフィギュアです。
少しだけ手を加えただけです。
ファインモールドの四一式山砲(連隊砲)を添えて、放棄された感じにしましたが、サビの表現がイマイチですね。
色遣いが難しいです。
95式戦車です。
戦車兵はミニアート製を改造しました。
ちなみにヒゲを生やしており、何か叫んでいます。
「行け〜」ではありません。
「早まるな〜」です
先頭の軍刀を持って走る兵士に向かって叫んでいると見て下さい
海から上陸してきたカミ車です。
ホントはこれが主役なのですが、どうもボンヤリとした存在になってしまった気がします。
いろいろ欲張った結果ですね
水面はジェルメディウムを初めて使いましたが、凹凸をつけるコントロールがとても難しく、イマイチの出来になってしまいました。
また挑戦してみます。
手前の兵士が左手を指して、上陸してきたカミ車を敵方向に誘導している場面です。
タミヤの兵士を使い、下半身は真鍮線とエポパテで作り直して、このポーズにしました。
カミ車の後部です。
少し汚し過ぎかなと思いました。
海草に見立てた細かく切ったライケンを、ちょっとだけ付けています。
カミ車の戦車兵です。
95式に付属していたものを改造しました。
すごく男前のモールドなのですが、塗装で生かし切れていません
残念!
車体後部の上面です。
マフラーのエッチングでさえ苦手な私ですが、上手く取り付けられてホッとしました
たくさん貼ってしまい、すみません。
最後、車体前部の上面です。
海を渡ってきたことから、クリヤーを使って水しぶきをたくさん付けたのですが、全然見えないですね
今回、このようなコンペを開催していただいた住友さんに感謝するとともに、みなさんからのたくさんのメッセージが励みになって、やる気を維持することができて、完成させることができました。
本当にありがとうございました<(_ _)>
苦手だったドラゴンの車両を2台完成させられて、ちょっと自信がつきました。
これからもガンガン作っていくことが、自分をコントロールすることなのだと思っています。
良い点、悪い点、ぜひともコメントお願いします。
よろしくお願いします。
今回は、苦しいながらも本当に楽しくプラモを作れました。
皆さん、本当にありがとうございました!

皆様からのコメントです
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
トミー 様
完成おめでとう御座います!何処の会場に持ち込む気ですか!(笑)きっちり凄い大作を仕上げてらっしゃる。水面の波表現やった事ないので教えて頂きたい(笑)
良い塩梅、と言うか海塩に浸食された感の表現。そして歩兵の中には田宮の名歩兵キットもお使い、またそれが全然古臭さがない!
いやぁ〜何時まで見ていても飽きない作品です。お疲れ様でした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
トミー様
完成おめでとうございます。
素晴らしい作品ですね。カミ車の塗装もいいグリーン色が出ています。特にフロート部分。戦車兵のヒゲいいですね。
大作ご苦労様でした。
私は明日写真取りして、アップします。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
ってめちゃめちゃ大作!びっくりしました。
ミニアートだったかマスターボックスだったか
「これは日本人じゃないだろ!」という顔立ちだっと記憶してますが
軍刀を持った兵士さん、日本人的な男前でカッコいいですな。
叫び声が聞こえてきそうです。
ハ号の戦車兵もいい味出てますね。
で、カミ車の戦車兵(というかハ号の戦車兵か)噂通りのイケメンですな。

>海から上陸してきたカミ車です。
>ホントはこれが主役なのですが、どうもボンヤリとした存在になってしまった気がします。
コイツの周囲だけ切り出しても、存在感タップリの作品になると思います。
塗装や濡れた表現等、相当なインパクトです。
お疲れさまでした!
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
トミーさん、完成おめでとうございます。
いゃ〜大作ですね、見どころ満載って感じです。
砂浜の情景と、のっぺりしたカミ車の仕上げが相当難しそうですが上手くまとまってます。
九五式の戦車兵が決まってます。
お疲れ様でした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
大きいですね〜。激戦地だったペリリューの情景、うまくまとめられて素晴らしい仕上がりに!
完成、おめでとうございます。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
おっさんたちの表情が良いですねえ。東洋人の顔してます。
私的には九五式のおっさんのドロボー顔が特に良いです。
ちなみにペリリューの海岸線の写真を見ずに書いちゃいますが、こういった大ディオラマの場合、
やっぱりヤシの木があった方が良いのかなあ、と思いました。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。というか大作お疲れ様です。
カミの車長、十分男前に見えますよ。フロートの仕上げなど、苦労の跡がしのばれますね。
戦闘騒音が聞こえてきそうな迫力です。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
トミーさん
完成おめでとうございます。超大作ですね。
皆さんへのコメントフォローもさることながら、これだけのものを短期間で作りあげてしまうところがスゴイですね。
それにフィギュアも、日本人的な顔でいいです。
私だったら塗れないかもしれません。
しいて言うなら海でしょうか・・・。透明の素材?の上から塗っていますね。
できたら、素材の良さを活かして、浜に向けて透明感を持たせると、もっと素晴らしいものになると思います。
お疲れさまでした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
お疲れ様です。完成おめでとうございます物語が見てとれて素晴らしい作品ですね!躍動感がありカミの上陸シーンはいいですね!
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
だいぶ大きなジオラマになりましたね。
作るのには時間と労力がかかったのがうかがえます。
メディウムについては、ヘビージェルメディウムなどと合わせて使うと波を作りやすいですよ。
水に濡れた表現も下塗りにスモークグレーを塗って、上塗りのクリアをラッカー、エナメル、アクリルと艶の質感が変わるので、変えてみると面白いですよ。
私も二年前のスミコンのカミをビネットにしたとき、同じ様なところで苦労しました。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます!
パワーを感じる作品ですね。
ハ号がかっこいいです。
特に戦車長のヒゲがいかしてます!
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
トミーさん、大作の完成おめでとうございます。
カミ車の広い平面も鮮やかな色合いで変化に富んだものにされていますね。
海面や多数のフィギュア等々、様々な要素が盛りだくさんで見る度に発見がありそうです^^
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
トミーさん、完成おめでとうございます。
カミ車は「上陸するぞ」というのが表現されていて
ちゃんと主役になっていると思います。
塗装も単色の車体ですが、きれいに汚し(ん?)塗装がされていて、
単調にならずに目をひきます。
これだけの大きさのジオラマで各フィギュアが散漫にならずに
それぞれ意味を持って配置されているのが見習いたいところです。
四一式山砲は放置されてどれぐらいの時間が経って、どれぐらいサビたのか表現が難しいですね。
ドラゴンも説明書がもう少しなんとかなればなあと思いますが、
完成されておめでとうございます。
トミーさんはブロンコを作られるぐらいですから、もうドンドンいけますね。
お疲れ様でした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
立派。見事な「情景」になっていますね。暴走歩兵と慎重戦車でしょうか。
主役のカミはキャラが立っているので、変に目立ってしまいそうですが、
全体のバランスの中に組み込まれていてとても自然に見えます。「ぼんやり」とは異なる、よいカンジだと思います。
お疲れ様でした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます!
この車両は楽しみにしていました。情景も作業量が多くて苦労されたのではと思います。
海と陸を意識してウェザリングを考えなければならなくそこが面白い所でもあると思います。
大作ですね!素晴らしです。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。やりましたね!
95式の戦車兵は特筆ものです。
お疲れ様でした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成、ご苦労様でした
水の表現は悩みますよね
特に波とか、どうやっていいのやら
作業量も多く、いろいろ苦労されたのではないでしょうか
突撃の雰囲気がよく出ていますね
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
◆グッドな点
作業量も多く、コメントも頻繁にされて楽しんで製作されているのが感じられました。タンクの色も素晴らしいですね!
かなりの工作量なのにそれぞれに手がかかっているのがスゴイです。
作品トータルで、「情景の面白さ、醍醐味」をストレートに伝えてくる無心に投げた直球という風情でいいですね。カミ車の仕上げとフィギュアの改造や塗装には唸りました。力強い躍動感があるのもいいです。
血湧き肉躍る作品です!
いろいろな場所に視線を走らせるのが楽しい大作です。やや派手な水が目を引くのに大変効果的と思います。
パワー感じます。
それぞれのフィギュアの表情がよいです。
チャレンジ精神に敬意を表して。
大作!太平洋の水面と波表現が上手い 車両のカラー出し フィギュアも生き生きしてる
太平洋に見える!上陸隊の個々の人形の動作の自然さ。緊迫感が伝わります。
単品も仕上げ、ディオラマも高いクオリティーで大作です。真に腕前が良い方です。
カミ車の魅力爆発で素敵です! どのフィギュアも凄く日本兵していて、演出力の巧みさを感じます。
塗装など全体的に良いですね。
大作ですね〜。見どころが多くて楽しいです。
今まさに増援のカミ車が来たって感じが伝わります
◆バッドな点
海水の表現は透明レジンがトミーさんの作品かどちらが適切かはわかりませんが(個人的には合っていると思います)、車輌と日本軍兵士の織りなすドラマが明確なのに、ペリリューの椰子の樹、地面の高低差やでこぼこ、これらがなくのっぺりしているのは残念です。
日章旗を付けたテッポーの機関部が変です。
台座が少し大きすぎに感じます。ジオラマ的には密度感が損なわれてしまうと思います。
やはり海の色は青すぎることと、全体で一点、山砲だけが浮いています。これだけ朽ちた砲(明らかに他とは時系列が違う要素)がこの場所にこの向きで放置されている理由を説明するのがかなり苦しい、と思います。その結果、取り敢えず置いてみた、という印象を受けます。
上陸の濡れ跡(勿論、兵も)工夫で更に作品の質が上がる。
海面の表現がもう一歩ですね。あと、椰子の木を入れると縦方向のバランスが取れて良かった気がします。地面の高低差だけでは立体感に乏しいような気がします。横にばかり間延びして見えます。
二式カミの下部が濡れてない
パシフィックウォーは好きじゃない
車両の大きさに対比してベースが大きすぎな感じがしました。そのためか、植物などは物足りなさを感じます。もう少し密度感が出てくるといいですね。
歩兵と相対して戦車兵に緊迫感が感じられないです。頭がちらっと見える位まで下げた方が良いでしょう。95式は外して草木をもっと増やした方がいいかと。

D-16 トミーさん
タイトル「Landing!」
日本海軍水陸両用戦車特二式内火艇カミ海上浮航形態後期型フロート付き(Cyber Hobby)