Top

29 -たーさん
Matilda SCORPION (Conversion for Tamiya Matilda)
B1bis (TAMIYA)Demineur conversion (Brach Model)

2012.8.12
Matilda SCORPION
タミヤさんのマチルダをベースにレジーキャストのコンバージョンキットを組み合わせた作品です。
車体の車輪点検ハッチを切り取ったくらいでほぼ素組みです。コンバージョンキットはドラムに付くワイヤーをキットのひもから金属ワイヤーに交換したくらいです。このほうが癖がつけやすく簡単です。パーツは単純ですが組みあがると砂漠の女王がまるで暴れ者のオッサンに・・・といった感じでしょうか(笑 とても魅力あるタンクだと思います。塗装はくたびれたオッサン?いや、がんばる工作車両的にベースカラーにとらわれない沢山の色で塗装して見ましたが砂漠のタンクに見えるでしょうか!

B1bis Demineur
タミヤさんベースにブラチのコンバージョンキットを組み合わせた作品です。
車体はツカサさんの製作工程を参考にリベットを追加してキャタピラのエッジを薄く削りました。このようにコンペに参加しながら仲間の作例をすぐに勉強できるのはスミコンだけだと思います。素晴しいと思います。
その他はほぼ素組みです。ブラチのコンージョンはパーツ構成も良く品質もガレージキットでは素晴しいと思います。
実車も現存していますから資料的にもオススメです。ベースカラーはアメリカ軍のガチ指定カラー、オリーブドラブですがフランス車両に見えるでしょうか?B1はとても魅力あるキットですがローラーが付くとさらに迫力があります。

どちらのキットも楽しく製作することができました。皆さんと参加できてとても楽しかったです。ありがとうございました!

---------------------------------------------------------------------------------------------
皆様からのコメントです


おお、一番乗りですね
変り種車両をサクッと作ってしまう技術はさすがですね
ご苦労様でした!
---------------------------------------------------------------------------------------------
たーさん、完成おめでとうございます。
早くも二つ目の完成、レジンキットもたーさんにかかるとこのクオリティーでサクサク組めてしまうのでしょうか
普通のAFVモデルの製作では使うことを思いつかないような色合いが見てとれて、塗装表現って奥が深いなぁ〜と思います・・・。
---------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
何と言うか、こんなキットを出すヤローとか作るヤローとか、みんな凄過ぎるじゃないですか。
どこからこんなバイタリティーが生まれるのかあきれるばかりです。
・・・どうも上手に褒めれませんがスゴイと思っています。
---------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
しっかり塗装まで含めた完成までのプランニングがなされ
製作された様子がみてとれますね。
豊かなイマジネーションと
確立された技術があってのこの姿ですね。
素晴らしいです。
---------------------------------------------------------------------------------------------
たーさんこんにちは。
完成おめでとうございます。馴染みのある車両なのにまったく別の車両に見えるのが不思議です。ぜひ、実物を舐めるようにあらゆる方向から見たいです!
塗装も単調にならず、塗装だけでも楽しませてもらいました。
---------------------------------------------------------------------------------------------
コメントがずいぶんと遅くなってしまいましたが、完成おめでとうございます。
いつもながら、素晴らしい完成度です。
写真では控えめにされていますが、ワイヤーロープの牽引部の細部等は
キッチリと仕上げられて見どころ満載だと思います。
SHSでも他作品で確認していますので・・・。特に細部は舐めるように見ていました
そうそう、ウェザリングマガジンにたーさんの作品が載っていましたね
---------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます。
いつもながらのハイレベルな完成度、敬服・尊敬・感嘆・脱帽でございます。
---------------------------------------------------------------------------------------------
たーさんこんばんは
完成おめでとうございます♪
毎回毎回、難解な車輌をそつなく製作される技量に感服致し
ます!幸いにも実物を見る機会が多い(今秋も静岡での仕事
がありますのでかの地で)現物を舐める様に見させて頂こう
と密かにたくらんでおります♪
---------------------------------------------------------------------------------------------
完成おめでとうございます!
車輛自体のインパクトとカッチリした仕上げもさることながら
大胆な塗装に目が行ってしまいます。

是非、実物を拝見したいですね〜
(来年のSHSかな)
---------------------------------------------------------------------------------------------

投票の際のコメントです
手のかかるレジンキットを、短期間に、しかも非常に丁寧に、かつ塗装も素晴らしく、おまけに2台!
これだけの高いアドバンテージがそろい踏みしたら、もはや1位に選ぶしかないと思いました。 完璧です!
制作される題材や、独特の塗装も印象的なんですが、それ以上に制作を楽しんでいるのが作品から伝わってくるのが良いです。
たぶん、塗装されている色は実際の車両とは違っているんでしょうけど、不自然に見えないのは、その車両の本質を捉えた塗装がされているからでしょうね。
タミヤの古い方のマチルダの説明書にスコーピオンの写真と解説が載っていて、一度立体で見てみたいと思っていました。
B1bisのほうもマッシブなスタイルでカッコいい!
地雷処理車って独特の迫力がありますね。
どちらも、レジンキットとのことですが、そつなく組み上げられる工作力も素晴らしいと思います!
どちらも単品ですが、フィギュアなどが1体あるだけどもっと雰囲気が出ると思います。
レジンのキットをきっちり組み上げて苦労を感じさせない出来栄えなのは見事な腕前です。
独特な塗装も作品を引き立てるのに一役かっていますね。
いいね!変態車両w
誰でも作れるわけじゃないキットをあっさり完成、フツー悪戦苦闘するもんですよ・・・(遠い目)
車輌のチョイスだけでなく独自の塗りが他とは一味違う雰囲気を醸し出してる所も好み!
これだけ独自の雰囲気の塗り方だとフィギュアと絡ませたりジオラマにするのは難しくなるね。
車輌単体での世界観が強すぎるから(ある意味ファンタジー)。
こういう路線の諸刃の剣、難しいところで。。リアリティーと決別する覚悟の上ならOKだけども。
工作、塗装ともとても丁寧だと思う。色のグラデーションが素晴らしい。
こういう風に工作しないといけないですよね、、、。すばらしいです。
見たことないし、早いし、レジンだし、2輌だし、全然真似できそうにないので1位です。
「ちょっと茶色過ぎやしませんか?」と思うのですが、根拠のない文句です。
単品派としては、このような車両を完成させられた、というだけで票を入れたくなります。
エアブラシの吹き目がもうちょっと自然な方が良いかも。や、あくまで好みの問題です。
レジンなんて扱い大変で触リにくいのにサクッと組むし塗装も重い工業機械みたいで、もう戦車じゃなく土木な箇所がいい
下の厚い木台も作の品質を高めてるし上品度も増してる
レジンキットを作ったことがないので、その大変さはわかりませんが、多分、相当手間がかかったでしょう。そのご苦労に敬意を表するとともに、へんてこメカが大好きで、さらにSF映画のプロップの様な、陰影を強調した塗装も私にはストライクゾーンど真ん中でした。
車体色にとらわれない塗装は、私も共感できます。
これは、このまま車両単体作品としたほうがよいと思うので、車両名をベースに付けて、更にコレクションぽくしたほうが良いのではないでしょうか。
それから、特にB1bisは、車体色とベースがどちらも茶系で、ベースの色が作品を殺しているように感じます。
立ち上がりのある木製ベースは良いと思うので、平面部分のみ和紙や何か特徴のある色画用紙等を貼ってはどうでしょうか?
工作作業が玄人で塗装も独特で情報密度が高い。もう外国の方の作風域です。ただ工業用車輛していてAFVしていないのが逆に大人しく見えるのでしょうか?重厚な木製ベースも気品があり作品価値を高める名脇役になっています。
なかなかお目にかかれない車輛を作られて、“おお、こんな車輛があったのか、とか、へえ、こういうレジンキットもあるんだ”と、たーさんからの情報には感嘆しきりです。素晴らしい作品を作られることは静岡で実証済ですが、ポイントとなる部分など、もう少し大きな画像で見てみたかったですね。