Top
2012.9.30
今回は大戦初期のポーランド戦線をテーマにダイオラマを作ろうとジタバタしてみました。私の場合古い買い置きのキットが沢山あるので、それらを成仏させるべく使用していますので、ディティールアップが必須となってしまいます。今回の1号指揮戦車(ZBEZDA)もタンンケッテ(RPM)も古いキットなので往生しました。特に1号指揮戦車はエッチングも買い置いていましたので、使用しましたが、やはり老眼にはつらいものがありますし、意外とインテリアの資料が無くて困りました。タンケッテの方もこれといった資料が無くてそれらしく組んだ部分もありました。TAMIYAの2号戦車とZUBEZDAのR12は最近のキットだけに非常に組みやすく特に苦労するところは有りませんでした。特にR12はスポークをエッチングに変えるてやると非常に味があり、存在感抜群のモデルだと思いました。現時点での反省点は、戦車の色目とベースの広さです。いつものごとく間延びしてしまい、もう少しフィギュアや小物類を配置しないといけないと、写真を撮影して思いました。車体色も皆さんと比べると暗すぎるような気がします。撮影の方もさっぱり駄目です!そこで、住友様をはじめ、ご参加の皆様にお願いがあります。私の作品で良くないところをお教え願いたいのですが何卒宜しくお願い致します。最後になりましたが、このたびもお世話になりありがとうございました。住友様お一人での編集、HP管理等本当に大変でご苦労であったことと思います。どうぞお疲れが出ませんように!次回のSUMICON開催も是非お願いいたしましてコメントとさせていただきます。長々とすみません。ありがとうございました。
---------------------------------------------------------------------------------------------

投票の際のコメントです
大戦初期好みの自分的に、超ツボのジオラマでした。しかも完成度が高い!
情景のレイアウトも良く、車両1台1台の塗装も丁寧、全体の色調が渋くて浮ついてないのに彩度もある。フィギュアの造形・塗装とも秀逸。完全に脇役のRPM製TKの作り込みも素晴らしい。
見所一杯の作品だと思いました。
個々の作品レベルが高いために、フィギュアと車両のフィッティングが甘いのが気になってしまいました。
あと、バイク兵の視線が戦車兵と合っていたら引き締まったかなーと。
バックを風景写真にしたのが効いてます。
そして何よりすばらしいのが、各車両の仕上がりです。車両の錆かたをよく観察していると思います。
フィギュアもアップに耐えられる仕上がりです。
もう少し背景と地面のつながりを工夫した方がよいのではないでしょうか。
それと、車両と地面の関係が、なんにもないように見えるのが残念です。
ポーランド戦ということで、大戦初期の雰囲気がとても良く出ていて好きです。フィギュアもとても丁寧に仕上げられていて、存在感が有ります。車両の塗装も好きですが、バイクの汚れ具合(しかもバッグが空いている!)、後ろにあるブレンガンキャリア?の塗装もとても雰囲気が出ていると思います。
戦車2台がほぼ平行なのは少し単調かもしれないですね。
バーリンデンを思わせる塗装がとても好みで工作も素晴しく楽しく拝見させていただきました。
バイク、カッコイイです!
車輛3単車1イタレリ門とは力作ですね。サドルバッグが開いている演出もニクイ。背景に風景写真を使われている点と作風合わせて、バーリンデン思い出しました。素敵です。
うわ〜 3カット目の 伝令の後ろ姿と ライフル  バイクの質感 凄くイイ〜。
かつての 田宮カタログのバーリンデンを彷彿させますが、(あ〜 作りもしないで 薀蓄ばかり貯めこんで数十年。時が経つのは早いものです。)
そこはもう   21世紀 たそがれさんのほうが シャープさ解像度において遥かに上回ります。

15 -たそがれさん
Sd.Kfz.265(Zvezda)
PzKpfw 2 ausf.C(TAMIYA)