Top

59 -俊さん
MOBELWAGEN(TAMIYA) 1/35

2011.12.31
アルデンヌにおけるドイツ降下猟兵の対戦車チームの戦闘シーンです。
メーベルワーゲンとシュビムは当然ながらタミヤ製、どちらもわずかなディテールアップのみです。
フィギュアはドラゴン製品。ヘッドと腕はエポキシパテで作りました。
ベースはベニヤ板の上にスタイロフォームで地形を作りコルク粘土で地面を作っています。
橋は石膏の塊から削りだしました。川はエポキシ樹脂です。
雪は乾くと半透明になる樹脂粘土で作りました
針葉樹はアスパラガスとバルサで作りましたが不本意な出来です。時間が無くなった場合の保険としてあらかじめ作っておいたモック用のものですが、結局作品に使用することになりました。今もよい素材・手法を模索していますがなかなかこれといったものには出会えません。
今回はいつもの年末と違い、休日出勤がなかったため比較的時間には余裕がありました。
とはいえかなり駆け足で作ったので反省点ばかりの作品になってしまいました。
特にレイアウトに詰めの甘さがでてしまいどれが主役なのかわからなくなってしまいました。
皆さんからの感想です
ジオラマの高低差を利用して、フィギュアから車体までの目線を楽しませる見せ方に感嘆させられました。
雪の質感も良く、とても気になります。是非、実物を拝見したい作品です。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
去年のベルゲパンターといい、大作ですね
グランドワーク、フィギュアの躍動感、橋の造型等、素晴らしい出来だと思います。
特に川を跳び越してるフィギュアがいいですね
音が聞こえてくるような作品
グッドジョブです!
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
途中経過では分からなかったのですが、完成品がすごく私的に「パチッ」的でカッコイイなあ!!と言いたくて。
あえて一言。
装填手はシュヴムの陰のほうが緊張感が出ると思いました。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
アルデンヌの大地がとてもうまく再現されているうえに降下猟兵のフィギュアの配置などが緊張感のあるシーンをうまく再現していてとてもよかったです。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
情景の統一感や緊張感、そして戦場の空気までも感じる作品だと思ったので投票しました。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
躍動感のあるダイオラマで惹き付けられます。タミヤの往年の「パチッ」を見るように感じました。
作りの丁寧さはいろいろなところに見られ、もっと時間があればどうなったのか気になります。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
コンパクトなベースにいろいろな要素が詰まっていて見ていて楽しい情景です。
メーベルワーゲンのダメージ、シュビムワーゲンのガラスの割れ、橋げたなどよくできていると思います。
ベースは高低差をつけて見せるレイアウトになっていますし、兵士の配置で方向性がでていて良好です。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
動きのあるフィギュァがいい。上下の拡がりのあるディオラマの構成が、またいい。川、橋、泥道、残雪、木、茂みなど、車両やフィギュァ以外の部分が巧みに再現されていて、見どころ満載、見ていて飽きがきません。車両やフィギュァ等の制作、塗装技術も素晴らしいです。ほんと、勉強のため、このまま、構成を真似て作ってみたいです。また、「自分が何を表現したいのか」ということをハッキリさせて作ることが大事なのかと勉強になりました。ただ、ひとつ気になったところが、フィギュァの動きから、「反撃中」と思うのですが、兵隊、戦車、シュービムワーゲンの向きがそれぞれ違うのは、どういう経過から、そうなったのかという点です。シュービムワーゲンは兵隊の向きから、乗ってきたものではないし、雪の積もり方などから、戦車と同時期に撃破されたようですが、その場合、戦車と車の向きがこうなる状況とは。すみません、どうでもいい事ですね。でも、気になって、気になって。それだけ、この作品に引き付けられ、魅入ってしまった故です。すみません、つまらない事で、どちらにしても、私はこの作品が、一番のお気に入りです
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
これぞ、情景作品じゃないと表現できない躍動感溢れる作品ですね!
スクラッチされたフィギア達が、一体一体無駄なく演技してます。
ハウツー的な高低差を感じる作品も多い中、ストリーティング上の必然というか自然というか、
高低差もうまくつけられてて上手いなぁ~と思いました。
お疲れ様でした!
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
高低差を利用した構図の面白さ、躍動感のあるフィギュア
吐いた息が白くなっているのが見えそうな緊迫感すごくいいと思います。
360°楽しめる作品ですね。
あえて言わせていただくと、グランドワークが乾いて見えるので「ぬかるんだ表現」等が欲しかったな(偉そうですみません)というのと、目がフィギュアに行ってしまうので車両が目立たないのが残念です。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
まさに高レベルな情景といった印象で広がりを感じる配置と高低差の見せ方が見事です。
車両の中に散乱した荷物や薬莢が緊張感と人が居たという過去、降り込んだ雪が時間の経過を
感じさせて非常に計算された作品だと思いました。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
混乱の真っ只中を死に物狂いで走り、かつ沈着冷静であらねばならぬのだろう前線のありさまが、見事に表現されているのでは思います。死んだように静止している車両や、殆ど流れていないかに見える小川が、人物の動きを際立たせているのも絶妙ですね。全体の高密度な作り込みは、明度と彩度を抑制した渋い色調の入念な塗装により、いっそう説得力を持っているようです。ポイントとしてどこか1箇所にだけ異質な色が使われても良かったのかな、という気が致しました。橋の色、あるいは(奥の針葉樹と対比されるであろう)手前の紅葉がもう少し鮮やかでも面白かったかも。それによって、兵士たちの渡河が、彼らの運命を決するであろう前進の瞬間になっている事を、より印象深く暗示できただろうか、と。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
高低差を利用した構成に樹木、小川、橋、雪など多彩な要素を盛り込み、また動きのあるフィギュアも素晴らしいと思い
ます。かなり完成度の高い作品だと感じました。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
フィギュアの動き、レイアウトが素晴らしいです。
不意な攻撃に慌てふためく兵士の雰囲気がとてもよく出ています。
針葉樹の枝はもう少し細かくしたほうが、より素晴らしい作品になったと思います。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
高低差を利用した配置にフィギュアの動きがマッチして、とても躍動感があり、破壊された車両の静の部分との対比に目をひかれました。
このような、作品に憧れます。
一点、雪の周囲に溶けて地面が濡れた部分があれば良かったと思います。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
フィギュアの躍動感がこの情景を普通の情景より一段高い所に運んでいると思いました。
普通・高低差のある情景というと車両や建物で・という人が多い中で
フィギュアに配置に高低差をつける事で・動き~臨場感を表現している所が良いですね。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
起伏のある地面、自作の橋、寒さを感じる湿った土、等々、グランドワークが素晴らしいです。フィギュアを
斜めの地面にフィットさせるのは結構骨が折れる作業ですがそれも違和感がありません。なにより躍動感を感
じるところがいいですね。フィギュアの造型や塗装もグッドジョブです。特に地面の暗めのトーンに対して明
るめのフィギュアが映えていて目を引きます。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------