Top
2011.12.28
もっと色々やってみたかったんですが、実質2ヶ月しか無く、
当初予定していたベースやフィギュアは来年の宿題って事で
完全に単品と相成りました。

製作にあたっては、
1)銅鑼の1世代前のキットは初体験で車体組むだけでも苦労した(汗
2)半田付けを何とか会得しようとして、結果パーツを買い直す羽目に(泣
3)相変わらず適当なカラー・モジュレーション
4)相変わらず下手糞なチッピング
5)相変わらず芸の無い履帯の仕上げ

最後は塗装もドライヤーで強制乾燥させる程のドタバタ仕上げになりましたが、
大変楽しいひとときを過ごせ、色んな勉強もできたと思います。
皆さんからの感想です
いやー、今回はダントンさんヤバイんじゃ・・・とヤキモキしてましたが、見事完成!
しかも、途中の悲壮感(失礼w)とは裏腹に、雑さとか急仕上げな感じが微塵も無いじゃないですか!
塗装もすごく繊細で丁寧。・・・なんだかんだ言って、実はブランデーグラス片手に「フッ」とか余裕ぶっこきで作っていたのでは?(笑
お疲れ様でした!次も一緒にがんばりましょう。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
大変ユニークでありまたミステリアスな魅力のある車両ですね。個性的な面白さ、と申しますか、題材選びからして独創を重んじられるモデリングになっているなあ、と思いました。すごく丁寧に細かく作っておられるようですのに、この上、ベースやフィギュアまでをも考えておられるというのはすごい……。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
これ、実物写真が1枚しか無いんですよねぇ。
時間があればイメージを膨らませる事ができそうですね。
これから迷彩でも入れるも良し、実物写真のイメージそのままの
ダークイエローのままでも良い感じですけどね。
駆け込み(苦笑)完成のわりにはホイルがセンターガイドに
擦れて磨耗している表現など、こだわりも感じます。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
いかにもドイツの工業製品然とした端整な仕上がりですね。
プーマのパチモンみたいな砲塔も作品になると魅力的に見えます。ぜひ、ベースつきで完成させてください。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
古いキットに手を入れていくのはなかなか大変ですが出来上がり後の満足度は一味違うと思います。
ペリスコープがきらりと緑に輝いているところなど塗装の丁重さが見て取れます
 

12 -ダントンさん
Pz.Beob.Wg.V Aust.D (cyber hobby) 1/35