Top
2011.12.23
今回は小物に懲りすぎたのが敗因だったかな、と。あと途中でライオンロアのR75を加えようと途中まで組んだのですが、結局手に負えなくて「やばい、間に合わん!」と諦めました。(`;ω;´)ウッ
 あの2週間のロスが無ければ、ベースぐらいは出来たのになぁ。
こちらで参加させて頂いたトラックコンから作り出した1/35(メインは1/72なのでw)も6作目。
 ようやく思ったような塗装が出来るようになってきたかな、という感じですが・・・まだまだ無駄な工程が多くて、余計な色を重ねているように思います。

課題は沢山です。まずデカールを貼るのが苦手;半田付けが苦手;フィギュアがダメ;やったらくどく汚しすぎる・・・今回は汚しを控えめにしてみましたが、どうでしょうか。
最後になりますが、今回は3ヶ月という長丁場での製作でしたけど、皆さんと一緒に進めてこられたので、いつもの「もー飽きたよッ!もうヤダ、終わり!!ヽ( ;´Д`)ノ」というアレが出ないで済んだのかな、と思います。また一歩野望に近づいたか?(笑)
皆さんからの感想です
完成おめでとうございます
ツカサテイストが溢れる素晴らしい塗装ですね
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
しかし、ツカサさんは超絶工作な人の多い中、ゆるゆるチームだと思っていたのに、
全然ゆるくない仕上がりじゃないですか!
コモノの一つ一つの場所や色に「そこじゃないといけない」感があってスゴイです。
この間「ワルキューレ」を見直したのですが、私も対空砲、作りたくなりました。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ダークイエローと下地のジャーマングレイのコントラストがカッコいいですね。
ここにフィギュアが一体でも組み合わさってくるとまた一層良くなってくるでしょうね。
楽しみにしてます
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
迫力ありますねえ……。
メインは1/72との事ですが、それだけに(?)細かい工作は熟練しておられるのでしょうか、いやはや。手の込んだ塗装も絶妙ですね、うーん。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
彩度の高いダークイエローがいいですね。
剥がれもメリハリがあって見飽きません。
ぜひベースつきで完成させてください。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
途中工作の塗装されたトレーラーのアップを見て、
質感が出てて味がある作風だなぁ~と思ってましたが、オペルくっつくと更に凄味が増した感じで・・・
やっぱイイなぁ~好きだなぁ~コレ!
お疲れ様でした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
独特な塗装でとても参考になります。細部も抜かりナシで流石です。
私は今からまだマフラーなんぞを作るところです。昨年もそうですが塗装は1日でなんとかいけるので工作を進めたいと思いますが技量不足で失速中です!!
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ジェリカンや弾薬箱の色見の違いと汚れの質感の良さ。
トレーラーから荷物が落ちないようになっている板や紐といい、細かい気遣いに感心しました。
これからフィギュアとペースが追加されるとのこと、これも楽しみです。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
昨年の砂漠の3号も凄かったけどまたまた凄いオペルブリッツですね。
鮮やかな極彩色の塗装は画像で見るだけでインパクトがあるので、実物を見たらもっとすごいんだろうなぁ。
僕には真似すらできません。
フィギュアを追加するとさらに生き生きすると思うので楽しみです。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
サイババ白箱じゃなくミキシングで製作、確か弾薬箱は複製量産でしたね(^^;
去年に引き続き良い仕事を拝見でき有難うございました。来年も宜しく(ぉ
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
感想はフォーラムでも書いた通りですが、「暑さ」までが伝わってきて、その塗装テクニックには嫉妬すら感じます(苦笑)。
フィギュアでどう展開するのか見物です。
あっ、写真がいわゆる「鳥の目線」なので「人の目線」の物もあってもいいかと思いました。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
いかにも「歴戦の車両」という感じで、各所の「現地改修感」や「生活感」に背後のドラマや人の気配を感じさせられます。
脇役的な車両を主役級の存在感にまで引っ張り上げてくるのはやっぱりツカサさんの技量ですね~^^
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
小物に凝り過ぎたとおっしゃってますが小物の配置や塗り分けなどとても素晴らしいと思います。
それに車両の色落ち具合など、参考にさせてもらいたいです。
が自分の技量ではきびしいですが・・・。
大戦ドイツの中ではオペル+対空砲が非常に好きなんでツカサさんの作品を一度、拝見したいです。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
オペルの剥げ具合が決まってます。
Flak38の薬莢受けのメッシュ、私もドラゴンのキットで苦労しましたが綺麗に作られてます。
私もスプレー剥がしをトライしてみようかな。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
流石、テクをマスターされ、それにツカサさんご自身の味付けを....臨場感に溢れる仕上がりですね。
ツカサテイスト万歳です!
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
下地のジャーマングレイが程よく見え隠れしていて、まさにアフリカ車両の塗装のお手本といえるような仕上がりですね。
自分も、こういう塗装にトライしてみたいです。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
素晴らしいDAKカラーですね。
いい具合に枯れていて真似しようと思ってもできそうも無いです。
自分が偉そうに言ってなんですが、最近見かける朽ちモデルっぽくなくて凄く好感が持てます。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
抜群の塗装が施された作品を評して「塗装によるディティールアップ」と言われることがありますが、この作品は「ディティールアップ」の範囲にとどまらず、「塗装による演出」にまで及んでいるように思います。
とても存在感、そして惹きつける力のある作品だと思います。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
細部まで眼の行き届いた工作、メリハリのある塗装、と昨年の3号同様、単品でもとても存在感のある作品で素晴しいです。
ただ、なんというか、一風呂浴びてサッパリしたような感じで、埃っぽさが無いかなあと、個人的には感じました。
このあともベース制作がある、という事で、汚し表現もこれから追加していくという事なんでしょうが。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ジャーマン・グレーの表現、コントラストがヨーロッパの作者の作品を見るようで無条件に「カッコイイ」です。
ヘルメットなどの小物が「絶対にここに置くのが良い」「この角度が良い」「この色が良い」と思わせますが、まるでドイツ兵が配置したようです。
それによって、単品ながらヴィネットに負けないストーリーが生まれていると思います。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
他のサイトでも拝見しておりましたが、塗装へのこだわりが、この存在感をかもし出していると思いました。ほんと、勉強になりました。自分の好みとして、単品でも、使用されてきた経過が感じられる仕上げが施されている作品に、より興味をもつので、この作品は、大好きです。最終的には、情景にとのことでしたので、そちらも楽しみにしております。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
退色表現の素晴らしさに。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
周辺の情景や人々、はたまた乾いた空気やギラギラした太陽までも想像してしまいました。
単品なのに情景作品以上の説得力があって素晴らしい作品と思います。
お疲れ様でした!
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
他の方も書いておられるように、ハゲ具合のグラウとブラウンのコントラストが絶妙だと思います。
車両・砲・トレーラー・ドラム缶という風に構成要素がいくつもあるので、
折角だからどれかトーンを変えてみたらもっと説得力が増すのではないでしょうか。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
上品で戦闘車輛なんだけど品がある作品です。
けっこう汚し塗装をしてるんだけど、上品で、むしろ綺麗に見える。
そのバランスが上手く仕上がった逸品かと。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
塗装のはげ具合が参考になります。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
いつもながら塗装に対してのあくなき探究心がひしひしと伝わってくる作品です。
ドラム缶やエッジ部分のギラッとした感じがグッときますね。砂塵に吹きさらされて、生き残ってきたというのが伝わってきます。単品でも、その周りが見えてくるようなオーラが出ていると思います。塗装に対する真摯な姿勢が素晴らしい。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 

11 -ツカサさん
OPEL BLITZ (TAMIYA) 1/35