BMW R/75 Side Car
 東部戦線などでは350cc以下の小型オートバイは数日の戦闘で動かなくなり、大型でも戦前型は数週間しかもちませんでした。この頃、力を発揮したのがリバースギアを付け、頑丈な車体を持って登場したBMWR75型でした。BMW伝統の水平対向2気筒746ccのエンジンは最高出力26馬力を発揮し、サイドカー付き400kgの車体を95km/hの最高時速で走らせたのです。偵察や連絡に使われたばかりでなくサイドカーにはMG34を装備し、また時には迫撃砲さえ搭載して、攻撃の先頭に立って活躍したのです。(タミヤ解説書より)

 えらくベタな情景となってしまいました(反省)。木の製作にも地面の草の貼り付けにも簡易のりとして今回はグンゼ水性つや消しトップコートが大活躍!どちらもスタティックグラスを使い、思っていたより簡単に製作出来ました。フィギュアのスミイレには今までローアンバーを使っていたのですが今回はマーズブラックを使用。陰影がくっきりと出て、いい感じです(ただし、粒子が粗いのでウォッシングには向かないような気がします)。いつもはスミイレ→ハイライトと作業を進めるのですが、今回は逆にしてみました。なんかこのほうが作業効率がいいような気がします。
(2001.1.20完成)
製作記へ