SEMOVENTE M40-75/18
 ドイツ軍は1943年に入ると改良型であるM42型セモベンテを自軍に多数編入し、特にパラシュート部隊の対戦車砲部隊には続々と装備させました。この傾向は1943年9月、イタリアが降服するといっそう強まり、ドイツ軍は集中的にセモベンテを探し出しては捕獲、使用したと言われています。

 ズベズタのセモベンテです。ちょっと汚しが少ないですね。何故か汚くしてしまう事に抵抗を感じてしまいます(笑)
でも、実車はもっとドロドロに汚れているので少し反省しております。
 ガッシュのグレイッシュベージュでドライブラシ。パステルの黒を砲塔や排気管に擦りつけてます。 ライト部レンズはWAVEのH-EYES1の4mmを使用。真ん中にヒケがあるのでそのまま貼ると変になる為ヤスリがけが必要です。
(1999.6.26 完成)
製作記へ