SAM-6 Gainful (TRUMPETER) making
トランペッターのSAM-6対空ミサイル「ゲインフル」組み立て中です。
禁断の領域に踏み込んでしまいました。
つい、かっこよすぎたので・・・・・(汗)。
今日買ってきて、すぐ袋を破いて組み始めています。
小学生か?俺は・・・・・・・(遠い目)
(2005.10.22)

組み立ては問題なく進みますが、あえて言うとすれば、シャーシの上部と下部を合わ せるときに、前部に歪みが出るので、圧着が必要です。
あと説明書ではシャーシに細かい部品を取り付けてから、シャーシの上部と下部を貼り合せるようになっ ていますが、前記のような貼り合わせが必要なので、まずはシャーシを貼り合わせことをお勧めします。
あとキャタピラなのですが、一体式のパーツとはいえ、 少し組み立てが困難に思えたので注意が必要かも。
枚数は説明書どうりでいけました。
細かいパーツにヒケが見られますが全然許容範囲内なので問題なしです。
(2005.10.25)

前から見たらカニみたい・・・

組み立て完了です。
思ったより組み立てに時間がかかってしまいました。
何点か挙げますと、ミサイル の合わせ目処理、ミサイルと発射台を繋ぐパイプ、後部エッチングメッシュの曲線での折り曲げ、ノコギリの柄の部分くらいでしょうか。
ミサイルのパイプ部は ビニール管に針金を通して、形が固定するようにしました。
まあ、上級者の方なら問題はないと思います(わたしは、ちと苦労しましたが・・・汗)。
今回は特 にタミヤの光硬化パテが大活躍でした。
便利やなあ、これ。
(2005.10.30)


パイプ部がキモ!
 おっ立った状態と運搬中を選択できるのですが、わたしは何故か運搬中の方がかっこよく見えます。
固定してしまうのはもったいないけど・・・・ね。
(2005.10.30)

クララが立った・・・!


基本塗装完了です。
2年以上放置していたものを急に思い出し、塗装しました。
こうやってみると怪獣映画に出てきそうな感じですな。
ミサイルの下のパイプは黒かなあ、調べなきゃ・・・。
(2008.1.27)
 今回、久々にドライブラシをやってみました。
普段はやらないのですが、陰影をさらに強調したくて試しにやってみました。
前回のドライブラシ前のものと少し違いがあるのがわかりますでしょか。
(あまり変らんやんけ!と言われそうですが)
次はウォッシング&スミイレで影を付けて更に陰影をつけたいと思います。
(2008.1.29)
発作的に現用を・・・
2年も放ったらかし!
男のドライブラシ!
トランペッターのSAM-6対空ミサイル「ゲインフル」、車両完成です。
コントラストを強調したかったので、いつもの仕上げの汚し塗装にもう一手間かけてみました。
仕上がりはかなり印象が変った気がします(あくまでも自分基準ですけんど・・・汗)

今回から撮影にタミヤのポータブル撮影スタジオを使用しています。
ちょっと出費がイタかったですが、効果はあったように思います。
(2008.2.3)

土台とフィギュア製作です。
ICMのソ連兵フィギュアを使用しました。
ヘッドもキットのものですが、なかなかいい表情をしています。
土台は100円ショップで買った黒板に立ち上げ部を付けて、ディオラマ用の土を水溶き木工用ボンドで固めています。
(2008.2.8)
ICMのフィギュア、使えます!

ICMのフィギュア塗装です。
いつもは油絵の具を使うのですが、今回はハンブロールを使ってみました。
油絵の具と違い、マットに仕上がります。
下地にはダークイエローではなくフレッシュ(ラッカー つや消ししたもの)を使用。
肉眼で見るとまあまあなんですが、デジカメでアップすると涙が出そうになります。ううう・・・。

(2008.2.10)
ICMのフィギュア、顔がイイ!

ICMのフィギュア塗装です。
下地はヴァレホで濃淡はハンブロールで塗ってみました。
いろんな塗料使ってたら、なんだかわけがわからんようになってきました。
「これ!」と決めたら特性を掴むまで使い込まないといけないのはわかってるのですが、どうしても結果を急ぎすぎる性格なもので・・・(汗)
でもハンブロールの入れ物、めんどくせ〜〜〜。
(2008.2.11)
満タンでもハンブロール!(寒)

完成ギャラリーへ