ノイバウファールツォイク多砲塔戦車(ラインメタル2号車)
1930年代、欧米各国では大型の車体に複数の砲塔を搭載した多砲塔戦車の開発が流行していた。ドイツでも、1933年にヴァイマル共和国軍がラインメタル社とクルップ社に「大型トラクター」(Großtraktor)の開発を指示したことで、多砲塔戦車の開発が開始された。ドイツ軍はヴェルサイユ条約のもとで戦車の保有が禁止されていたため、戦車の開発を秘匿するために「大型トラクター」という名称が用いられた。NbFzは車体中央に主砲塔、右前方と左後方に副砲塔を搭載していた。主砲塔には機関銃1丁と戦車砲2門が同軸装備され、副砲塔にも機関銃1丁がそれぞれ装備された。
軟鋼製の車体を持つラインメタル社製砲塔を搭載した試作車両が2輌、防弾鋼製の車体を持つクルップ社製砲塔を搭載した実用試験車両が3輌生産された。ラインメタル社製砲塔は7.5cm KwK戦車砲、3.7cm KwK戦車砲を縦2連同軸に搭載し、クルップ社製砲塔ではこれらを並列に搭載している。ラインメタル社製砲塔では同時期のT-28中戦車のような「鉢巻きアンテナ(フレームアンテナ)」を装備している。なお副砲塔はI号戦車のものとほぼ同じである。これらの設計は重戦車としての役割を果たすには複雑すぎ、信頼性の低いことが判明したものの、多砲塔戦車の設計技術向上のため、開発はその後も続行された。
(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用)

サイバーホビー(白箱) ノイバウファールツォイク多砲塔戦車(ラインメタル2号車)完成です。
このラインメタル社製は試作車が2輌作られただけなので、こんなに汚れるわけがないのですが実戦に参加したら・・ということで汚しました。
今回、ガイアノーツのマスキングコートが大活躍。剥がすときに、ピンセットで傷を入れて、マスキングテープを貼って剥がしたので少し苦労しましたが、塗りやすさが抜群なので、仕上がりを優先すれば剥がしにくさは我慢できるかも。
(Military Illustrated Modeller issue002に掲載されました)






製作記