サイバーホビー(白箱) ノイバウファールツォイク多砲塔戦車(ラインメタル2号車)です。
楽しみに待っていた車両なので、届いてすぐ組み始めてしまいました(汗)
ゆっくり組んでもここまで8時間くらいでしょうか。シャーシパーツもワンパーツでほとんど形になっています。
キャタピラは右側で127枚(説明書は124枚)左側は125枚でした。(右側弛ませすぎたのか?)
キャタピラはマジックトラックではないですが、サクサク組めました。
上部転輪の4つは基部の接着ガイドが内側寄りになっているので、そのまま接着するとキャタピラが内側に曲がってしまうので、少し外側(中央の位置)に接着するほうが良いみたいです。

(2011.4.7)
全体ではなくエッチング部分のみサフを吹き、裏面やフェンダー裏、凹部分にマホガニーを吹きました。
ベースにブラウンFS30219を吹き、マスキング(ガイアノーツ)を筆塗り、乾燥後、グレーFS36081を全体に吹いています。(ブラウンもグレーもグラデーションをパネルごとにかけました)
マスキングコートが簡単に剥がれなくて、マスキングテープを貼り、めくって剥がしていきました。


(2011.4.13)
スミイレ終了です。
フィルター&スミイレしただけですが、あまりにもかっこよかったのでアップしてしまいました。
やっぱテクスチャーがあると塗装のメリハリが効きますね。
これからもう2段ほど汚します。

(2011.4.15)


NeubauFahrzeug (CYBER-HOBBY) making
組み立て完了です。
合いも良く、15時間ほどで組むことが出来ました。
注意点というほどのことはないのですが、アンテナ受けのB27はそのままだとアンテナが曲がってしまうので0.8mmのピンバイスでガイド穴を貫通させて 足の長さを調節しました。あと、右フェンダーの前部とシャーシの隙間が空いてしまうので調整が必要です。(わたしは少し空いてしまいました・・・・汗)
エッチングMB1は緩やかな曲線に曲げなければならないのですが、クレオスの接着剤のフタ(ブラシのついてるとこね)に沿わせたら丁度いいカーブになりました。
D37(フック)は接着部分にガイド穴が空いているのですが、ダボが大きいのですべて削って、瞬間接着剤で固定したほうがいいでしょう。
いづれも通常の組み立てとなんら変らないので参考程度にということで・・・・・
でもハッチの裏は再現してほしかったなあ・・・・・

(2011.4.9)

完成ギャラリーへ



NeubauFahrzeug (CYBER-HOBBY) making