M5A1(TAMIYA) making (No.1)
静岡ホビーショー用作品、製作開始です。
建物はミニアートの「ハンガリーの都市の建物」で、以前にヤクトティーガーで使用予定だったものを利用しています。
表面はパテと石膏をシンナーで溶いたものを、筆で叩きつけて荒らしています。
台座は立ち上げ部にファルカタという軽くて安い木材をホームセンターで見つけたので使ってみました。
厚さのわりにのこぎりでサクサク切れてなかなかいい感じです。
ただ表面が荒く、ニス塗りがきれいに仕上がるのか不安ですが・・・・。
(2008.3.17)

タミヤのM5A1ヘッジホッグ組み立て完了です。
ライトガードを薄く削り、手すりを真鍮線に替え、キャタピラはAFVクラブの物に替えています。
荷物はタミヤ、バーリンデンやplus modelを使用、土嚢や布はマジックスカルプで自作しています。
穴をふさいだり、ヒケを埋めたりで予想以上に時間がかかってしまいました。
(2008.4.2)






タミヤのM5A1ヘッジホッグ、ディオラマ製作中です。
脇役のキングタイガーも組みあがり、ひょっこりと顔を出しております。
キンタのキャタ、千切れさせたほうがよかったかも
あれこれ考えていたら、ホビーショーに間に合わない気が・・・・汗
関西AFVの会向けになるかも
(2008.4.5)
ディオラマ製作中です。
歩道を作るために1段、木を貼って段差をつけました。
歩道は紙粘土を盛り、乾燥後ケガキ針で筋を入れていきました。
路面は歩道とは違った、ごつごつした質感をだしたかったので紙粘土ではなくウッドフォルモを盛った後、乾く前にヘラとマイナスドライバーで石畳の形を作っていきました。
(2008.4.7)
建物は屋根の崩れた木と電線の鉄柱を足しています。

(2008.4.7)
タミヤのM5A1ヘッジホッグ、ディオラマ製作中です。
いろいろ工夫して作った路面は見事に瓦礫に埋まってしまいました。(きゃ〜〜〜)。
フィギュアも車両同様、タミヤでまとめてみました(ちょっとベタベタな設定ですが・・・・滝汗)
この「あいや〜、待たれい〜」のおっさん、キャラが立ってるので一度使いたかったんですよね。
瓦礫にはホームセンターで見つけた「スモークチップス」と石膏のかち割り、小石等をミックスして使用しました。
スモークチップスは木材の細切れなので質感も良く、そのまま使えるので便利です。
(2008.4.12)



ディオラマ製作中です。
塗装直前の画像です。
瓦礫は水溶き木工用ボンドでガチガチにくっ付いています。
このままでも十分に瓦礫っぽいのですが一旦すべてフラットアースでエアブラシしてから塗装します。
そのほうが塗装は手間がかかりますが一体感が出る気がします。
(2008.4.15)
上官と意見が合わなくて、口論している設定にしてみました。
ヘッドはホーネットやドラゴン、タミヤを使っています。
(2008.4.15)
指差しおっさんはランナーを火であぶり、のばして人差し指を付けました。
(2008.4.15)

基本塗装完了です。
キンタはガイヤノーツの3色迷彩セットで塗装しました。
レッドブラウンをダークイエローで明るくしたのですが調色に失敗。
赤みがほしかったので上からクレオスラッカーの土地色を吹きました。
斑点が明るすぎたのか、病気みたい・・・・(汗)
(2008.4.21)
ヘッジホッグはクレオスラッカーのオリーブドラブを吹き、明るめに調色したものを上面に吹きました。
薄め液にはガイヤノーツのものを使っています。
リターダーが入っているのか、吹けがいいような気がする・・・気のせいか・・・
(2008.4.21)


塗装途中です。
キンタは基本色を明るくしなかったこともあり、全体的に沈んだ感じがしたので油絵具で明るく調整しました。
(2008.4.27)
ヘッジはちょっと、汚しがイヤラシすぎたような・・・・汗
2台一度に作業すると乾燥時間等が交互にできるので作業効率はいいですね

(2008.4.27)



車両完成です。
キンタのキャタをもうちょっと茶に振ったほうがよかったかも・・
キンタに瓦礫をぶちまける勇気が湧かないので、どうしよか迷っております。
誰か代わりにやってほしい気持ち・・・・。

(2008.4.29)


次のページへ

斜め後ろから
(2008.4.29)
土嚢の塗装が毎回上手く行かず今回も不発に終わってしまった気が・・・・。


(2008.4.29)
荷物はヴァレホと油絵の具で塗装。
荷物を縛ってるロープは絹糸を使用。
塗装はすべて縛った後で塗装しています。

(2008.4.29)