中戦車 M3 リー (タミヤ)製作記
U.S.TANK M3 LEE (TAMIYA) making
 フロント部に隙間が出来たので余ったプラを埋め込み、ラッカーパテを薄めて流し込みました。その部分にグンゼのメタルプライマーを塗り、塗料が弾かないようにしてから、オリーブドラブでエアブラシし、ベース塗装完了。
 転輪のゴム部は転輪が可動する事を利用して、エアブラシのエアーでくるくる回しながらフラットブラックを吹き付けました。
 キャタピラはキットに付いているポリキャタです。ポリキャタの上から塗料を吹き付けても、ぽろぽろ剥げてくるので今回はグンゼのメタルプライマー(大活躍!)を全体に筆塗りしてから、アクリルのフラットブラックをエアブラシしました。結果は大成功!定着率がかなり上がりました。これからはこの方法でポリキャタを塗ろうと思います。
 デカールを貼りました・・・・が、本当は星印にしたかったのですが、砲塔部の白ラインを綺麗に貼る自信がなかったので、こうなりました。(ああ、情けない・・・)友人に「アメリカの戦車って、ステッカー貼ってるみたいでかっこ悪いなあ!」と言われ、二重にショック!
次はウェザリングです。
 エナメル溶剤にフラットブラックやフラットブラウンを少し入れたもので墨入れとウォッシングしエナメルのダークイエローでドライブラシしました。パステルをこすり付け、その後、艶を消そうと仕上げにペトロールのみをエアブラシしたら、変な「しみ」が出来てしまい、あせってオリーブドラブをスライドマークの上から薄く吹いたら、艶は消えたけどフロント部のスライドマークも一緒に消えてしまいました。あっはっはっはっはー(壊れた)
て、てごわい・・・・スライドマークのつや・・・・・・くやしい!
 結局、もう一度、フロント部を塗り直そうとシンナーを綿棒で擦ったら、デカールごと、熔けて無くなりました。(俺は一体、何をしてんねん!)
 再度、オリーブドラブをエアブラシして、やり直したけど、何故か最初の色合いと微妙に違う・・・・・・・・・?
 しかし、これ以上、いじくり倒すと収拾がつかなくなるので、これは完成とし、今後の参考だと自分に言い聞かせ、あきらめました。
Oh My God!
完成ギャラリーへ