M3 LEE
 このM3中戦車は、智将”ロバート・エドワード・リー将軍”にちなんで、ジェネラル・リー型中戦車とも愛称され、1941年8月から最初の生産計画である2200両の量産がクライスラー社、デトロイト戦車工処で開始された。
 1943年4月、標準型から限定標準型に等級が変更され、翌44年4月、旧式装備兵器として、編制装備表から削除されたが、戦車開発史上、約8ヶ月間という短期間で生産されたことは主力戦車として記録をもつものであった。(タミヤの解説書より抜粋)

 転輪のゴム部は転輪が可動する事を利用して、エアブラシのエアーでくるくる回しながらフラットブラックを吹き付けました。キャタピラはキットに付いているポリキャタです。ポリキャタの上から塗料を吹き付けても、ぽろぽろ剥げてくるので今回はグンゼのメタルプライマー(大活躍!)を全体に筆塗りしてから、アクリルのフラットブラックをエアブラシしました。結果は大成功!定着率がかなり上がりました。これからはこの方法でポリキャタを塗ろうと思います。
 デカールは星印にしたかったのですが、砲塔部の白ラインを綺麗に貼る自信がなかったので、こうなりました。(ああ、情けない・・・)友人に「アメリカの戦車って、ステッカー貼ってるみたいでかっこ悪いなあ!」と言われ、二重にショック!
結局、もう一度、フロント部を塗り直そうとシンナーを綿棒で擦ったら、デカールごと、熔けて無くなりました。(俺は一体、何をしてんねん!)。再度、オリーブドラブをエアブラシして、やり直したけど、何故か最初の色合いと微妙に違う・・・・・・・・・?しかし、これ以上、いじくり倒すと収拾がつかなくなるので、これは完成とし、今後の参考だと自分に言い聞かせ、あきらめました。
Oh My God
!製作記へ