KV-2 big Turret
 KV-2とは、第二次世界大戦中に旧ソ連が設計・生産した重戦車で、KV-1重戦車に152mm榴弾砲を搭載した巨大な砲塔を据え付けたものである。その総高4m近い巨体ゆえに、フィンランド兵からはギガント(巨人)と呼ばれ恐れられた。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用)

トランペッターのKV-2 big Turret 完成です。
「単色の戦車をどう塗装するか」というのが今回の課題でした。
大きな砲塔側面が間延びするか心配でしたが、インパクトのあるマーキングに助けられました。
ちなみに今回で100作目。
8月で10周年だから1年間で約10作。
長かったような短かったような・・・・・・(遠い目)
でもまだまだ作りたいものがあるので当分は辞めませんよ~~~~。


(アーマーモデリング誌 2008年5月号に掲載されました)

製作記