汚し塗装です。
以前は全体にウォッシングしてしばらく放置→綿棒で拭き取りしてたのですが、最近はウォッシュブラウン(502アプタイルンク)でスミイレして、全体に対しては油絵の具、数色で褪色させています。
(2011.3.25)
アカデミー 韓国陸軍K9 155mm自走榴弾砲です。
最近のアカデミーのキットは目を見張るものがあり、この韓国陸軍K9 155mm自走榴弾砲もパーツがシャープで非常に素晴らしいキットでした。今回はKA Modelsから発売されているこのキット専用のエッチングパーツも使用しています。特に細かいハッチレバー等がたくさんあるこの車両にはエッチングパーツは有効かと思います。キャタピラはベルト式ですが質感も良く、別段組み立て式に買える必要性も感じませんでした。接着にはコニシボンドのGPクリアーを使用しています。この接着剤はポリプロピレンをプライマーなしで接着できるのでポリキャタの接着には便利です。(塗装の下地としてメタルプライマーを塗っています)キャタピラはそのままだと起動輪の上部で浮いてしまいますのでフェンダー裏にプラ棒を縦に接着してキャタピラを押さえています。

(2011.3.19)
塗装はサーフェーサー(ガイアノーツ サーフェイサーエヴォ)を吹いた後、車体裏や影になる部分にマホガニー(GSIクレオスMr.カラー)を吹いています。迷彩で一番明るい色であるタン(白を加えて明度を少し上げたもの)をエアブラシして、乾燥後、テープでマスキングします。シャーシ上部にブラウン FS30219(GSIクレオスMr.カラー)、シャーシ下部にはカーキグリーン(GSIクレオスMr.カラー)をエアブラシし、シャーシ上部には白を加えて更に明るくしたものをハイライトとして吹いています。

(2011.3.21)


完成ギャラリーへ

アカデミー韓国陸軍K9 155mm自走榴弾砲 車両完成です。
結構デカイし、砲身が長い!
こうやって見ると、結構迫力ありますね。
キャタピラをプラ棒で押さえたのですが、起動輪のところで少し浮いてしまってます(汗)
(2011.3.28)
フィギュア完成です。
キットにはフィギュアが3体付いており、そのうち2体をそのまま使っています。
タミヤやドラゴン、ミニアー等とはまた違う感じで面白いです。
塗装はライフカラーを使いました。
(アップで見るとイマイチです・・・・汗)
(2011.3.28)


基本塗装終了です。
マスキングを剥がした後、塗装図や実写真を参考にカーキグリーン(+白)とブラックの迷彩を吹いていきました。
しかし、砲身が長い!画面に納まりません・・・・・・

(2011.3.24)

K9 (ACADEMY) making
K9 (ACADEMY) making