Vol.1 簡単ライト製作法
 第1回目はライト部分の製作をやってみたいと思います。
 まず、用意するものはアルミホイル丸い棒(ライトの穴に合う大きさ)です。今回はリューターのドリル刃の尻を使いますが、筆の尻とかでも良いと思います。アルミホイルはあらかじめ丸く切っておきます。
 棒の先にアルミホイルを被せて、指で覆うようにして形をつけます。
 カッターの刃をを押し当てて、切断していきます。大体、先から3〜4mmのところで切断します。このとき刃がすべって手を切らないよう注意してください。もしうまくいかない時は、棒を寝かせ、刃をあてて、転がすようにして切っていくとうまくいきます。
 切断したところです。一皮むけたっていう感じでしょうか(アホ)
 木工用ボンド(わたしの場合はマットメディウム)を少量つけて、棒でグリグリ押し当てます。この時、ずれたりしたらなかなか修正は難しいので、一発勝負ってとこでしょうか。もし、失敗したら、最初からやり直したほうが早いかも。
 完成写真です。ね、結構簡単でしょ。ポイントは接着に失敗したら潔く捨てて、初めから作ることです。わたしは3〜4回、作りなおしました。この上に透明のプラ板を丸く切って、貼り付けたらよろしいかと。
(追記・・・今はこの方法で製作していません。タミヤのペイントマーカーのシルバーで筆塗りしています)