ヘッツァー中期生産型 (タミヤ)製作記
jagdpanzer 38(t) Hetzer Mittlere Produktion (TAMIYA) making
 タミヤのヘッツァー、組み立て完了です。全くの素組みですが3〜4時間で組みあがってしまいます。左右のパーツを接着する際に間違わないようにダボの形状を変えてあるところはさすがタミヤ、親切な設計です。部分分割のキャタピラですが、思っていたより組み立てに手間取ってしまいました。(もっと簡単に考えていたせいかも知れませんが・・)。パーツが起動輪の爪にキッチリとハマリにくいので爪を削る等した方がいいかも知れません。しかし、初めから弛みを付けてあるキャタピラ上部パーツはナイスアイデアで簡単に弛みが表現できるのがいいですね。
(2007.7.22)
 基本塗装途中です。ガイヤノーツのドイツ3色迷彩セットを使いました。ダークイエローには白をレッドブラウンとダークグリーンにはダークイエローを足して吹いています。いつもはもっと明度をあげるのですが、このあと上から冬季塗装するのでこれで行きます。点々はヴァレホで塗っています。
(2007.7.22)
 冬季迷彩塗装途中です。ヴァレホのホワイトを全体に筆塗りし(左下画像)、乾燥後にアクリル溶剤を付けた綿棒で擦り落としていきました。落とし方が規則的になってしまい、ちと反省しております。ランダムって難しい・・・。
(2007.9.4)

完成ギャラリーへ