Sd.Kfz.7/2
3.7 cm FlaK 36を搭載した対空自走砲で、同じ砲を搭載した5tハーフトラック(Sd.Kfz.6/2)が生産中止になったため、その代わりとして生産された。2cm砲型と砲以外はほぼ同じで、やはりキャビン周辺などに装甲を追加したものもあった。機関砲による水平射撃や、前装式の15cm成形炸薬弾を用いての対戦車戦闘も行った。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用)

タミヤのフラックザウリア、車両塗装完了です。
いつもと違った塗装をしたくて、今回、いろいろ試してみました。
@全体へのウォッシングは止めて、凹んだ部分のみのウォッシングをしました。(より、明暗の差を出したかったため)
Aスミイレも先日買ってきた、ファレホのウォッシング塗料を使っています。(ただ単に実験したかったため)
B傷の描き込みとエイジングはいつものファレホではなく油絵の具を使っています。(アクリルでも油絵の具でも使えるようにしたかったため)
C一番やりたかったのは車体上部へのピグメントによる褪色です。(車体下部との統一感が出したかったため)
結果、得たものは大きかったと思います。(当社比)
(素組みですんまへん)
(2009.7.26)



製作記