ロシアンフィールドキッチン(マケット) & ZiS-5Vトラック (イースタンエクスプレス)製作記
ZiS-5V (EASTERN EXPRESS) & PK-43 (MAQUETTE) making
 マケットのロシアンフィールドキッチンとイースタンエクスプレスのGAZトラック、組み立て完了です。ん?寒い冬の公園で聞こえてくる「や〜〜〜き〜〜い〜〜も〜〜〜」という風景がなぜか・・・・・汗。どこをどうするのかわからないまま結局そのまんま組み上げてしまいますた。GAZトラックはシャーシ裏側が結構細かく作られているので驚きました。運転席のガラスが分厚かったのでプラ板で作り替えてます。(2005.1.23)
 It is MAQUETTE Russian field kitchen and eastern express GAZ track, construction completion. It had finished just as it is after all as it didn't find how to do where.
 GAZトラックはシャーシ裏側が結構細かく作られているので驚きました。運転席のガラスが分厚かったのでプラ板で作り替えてます。(2005.1.23)
 GAZ track was surprised because the chassis reverse was quite minutely made. It is re-forming with the plastic board because glass in the driver's seat was thick.
 ロシアンフィールドキッチンとGAZトラックの土台製作に入ります。100円ショップで買った板に、同じく100円ショップで買った水性ニスを塗ったものがベースです(ありがたやぁ〜100円ショップさま)。スタイロフォームで適当な高さを作り、レイアウトを考えました。木は水野さんに譲っていただいた根っこを使用。接ぎ木してパテで修正しました。(水野さん、ほんと感謝しておりますです)。柵は毎度お馴染み必殺割り箸工作で作ってます。上の部分は木づちで叩かれて潰れている感じになるように実際のかなづちでシバキました(おらおらおら〜〜)。当初、実はGAZトラックの荷台におっさんどもを載せる計画だったんですがスペースの関係もあり変更、食料を満載ということになりました。荷台にはプラ板で作った箱やミルク缶、スペースを稼ぐためにスチレンボード(この上に幌を被せる予定)を積んでいます。(2005.1.29)
 It enters sill manufacturing by the Russian field kitchen and the GAZ track. The one to have applied aqueous varnish which was bought likewise for the 100 yen shop to the board which was bought for the 100 yen shop is a base. It made suitable height with Styrofoam and it thought of the laying-out. The tree uses the root which Mizuno transferred to. It grafted and it corrected with the putty. It is making a fence every time by the popular deadly disposable wooden chopstick making. The part above nailed to crush,
 当初、実はGAZトラックの荷台におっさんどもを載せる計画だったんですがスペースの関係もあり変更、食料を満載ということになりました。荷台にはプラ板で作った箱やミルク缶、スペースを稼ぐためにスチレンボード(この上に幌を被せる予定)を積んでいます。(2005.1.29)
being beat with the hammer with the actual hammer to become to feel At first, it actually was the plan to publish a figure at the carrier in the GAZ track, but there was relation of the space, too, and a change, a food were called to be fully loaded. It is loading a carrier with the styrene board ( schedule to put on a hood on this ) to earn the box and milk can, the space to have made with plastic board.
 ロシアンフィールドキッチンとGAZトラックの土台製作続編です。木の粘土(ウッドフォルモ)をペタペタと塗りつけて、固まる前に岩などを押し付けて貼り付けます。岩はラバー状の型(ウッドランドシーニックス社製)に石膏を流し込んで作成しました(塗装の目止めにサーフェイサーを吹いてます)。(2005.2.4)
 It is the sill manufacturing sequel at the Russian field kitchen and in the GAZ track. It is possible to paste rock and so on by painting the clay of the tree and forcing it before firming. Rock poured gypsum into the type ( made by Woodland Sea Nicks Inc. ) having to do with rubber and created it ( It is blowing Sir Fay Sir to the eye stop of the coat ).
河原の石は金魚鉢の石を使用。統一感を出すため一度、土台全体にタン+白をエアブラシしたあと岩などを着色しました。ウォッシングは行わず、ドライブラシでハイライトを出してます。(ウォッシングをしなかったのは、木工用ボンドが塗料を弾き、うまく色が乗らなくってエライ目にあったことがありまして、怖かったので避けました)(2005.2.4)
 Stone at the shore of the river uses the stone of the goldfish basin. It colored rock and so on after doing tongue + white in the airbrush to the once, the whole sill to let out uniformity. It doesn't do Washinging and it is letting out highlights with the dry whisk. ( It avoided because Bond for the woodcraft flicks paint and can not not done a coat successfully ).
 ロシアンフィールドキッチンとGAZトラック、塗装完了どす。ロシアンルーレット・・・じゃなくってロシアングリーンに白を足したものを吹いて、エナメルでウォッシング、油絵の具でチッピングといつもの黄金コースです。(2005.2.10)
 It is a Russian field kitchen, and GAZ track, coat completion. It does the one to have added up white in the airbrush to Russian green and it is doing a cutting edge chipping with Washinging, the oil paint with enamel
 ほのぼのしてますね、この車両。日本でいう「ロバのパン屋」みたいなものですね・・・・・・・違うか(汗)(2005.2.10)
 Warm and its being this vehicle
完成ギャラリーへ
To a completion gallery