15-CWT Truck
 第2次大戦中、カナダは850,000台以上の軍用車両を生産しました。中でも4×2のシボレー15CWTは最も広範囲に用いられたタイプでした。オーストラリア、イギリス、カナダ軍のバックボーンを成し、ソ連、中国、インドを含む他の連合国軍隊に供給され、使用されました。。(イタレリ解説書より抜粋)
 15CWT of 4x2 was the type used most broadly especially. The backbone of Australia, Britain, and the Canada army was accomplished and it was used, having supplied other allied force parties including the Soviet Union, China, and India. . (An extract is made from an ITARERI explanatory)

 2004年元旦はシボレー15-CWTからスタートです。フィギュアが出来ていなかったのでずっと放ったらかしになってたのですが、なんとか完成しました。いや〜フィギュアがど〜〜〜も納得できません。顔が・・・ね、なんかロウが溶けたみたいになっちゃいます。アクリルガッシュでドライブラシしたのがまずかったのか、リタッチしたのですが、ダメダメです。ブレンディングという言葉に拘らず、うすい色を塗り重ねていくイメージでやっていくほうがいいような気がします。う〜〜〜悔しい・・・・・・。(2004.1.1完成)
(キヤコン2004 銅賞受賞)
 The 2004 New Year's Day is a start from Chevrolet 15-CWT. Although it remained the figure skating having been incomplete and placing, it completed at last. However, a figure skating cannot be convinced somehow. A face will become wanting to melt. It is useless although retouch was carried out [ whether it was unsavory to have carried out the dry brush with the acrylics gouache, and ]. Irrespective of the word of "mixing", the way done in the image which paints and piles up the thin paint says, and I feel like. It is mortifying. (2004. 1.1 completion)
製作記へ
To the account of manufacture