ウォッシュ&スミイレ終了です。
後でよく見るとデカールが何故かシルバリングしていたので、カッターで切り込みを入れ、デカールフィットを塗ったら直りました(ホッ)。
(2014.1.7)



迷彩のマスキングにはガイアノーツのマスキングコートRを使用ました。
液状であれば複雑で細かい形状に対応できますし、何よりも筆塗りの細かな輪郭が簡単に出来ます。
箱絵を横に置きながらガシガシと塗っていきます。
水性なので筆はすぐに洗えばきれいに落ちます。
(2014.1.3)
Char 2C  making

前ページへ

マスキングした上からダークイエロー(ガイアノーツ)を吹きました。
白を混ぜて、パネルごとにグラデーションをつけています。
(2014.1.4)

マスキングを剥がすのにマスキングテープを使いました(ややこしい)
細かいパーツが数個、取れてしまいましたが予想の範囲内です。
ただ、取れたパーツがひとつだけ行方不明になり、正月早々、大捜索しましたが、どうやら4次元ポケットに入ったらしく、仕方がなく100均で買った「おゆまる」を使い、複製しました(想定外)。
ド派手なデカールのおかげでピッシッと決まってくれました。
デカールは信頼のカルトグラフ製。さすがです。
(2014.1.4)


キャタピラの塗装、終了です。
ライフカラーの錆セットとピグメントで色付けして、油絵の具でウォッシュしました。
折角の可動キャタピラですが、私はすべてガチガチに接着してから塗装します。
動くと、なにか安心できないから・・・・・・
(2014.1.9)


完成ギャラリーへ


Char 2C (making)