チャフィー (イタレリ)製作記
Chaffee (ITALERI) making
 イタレリのチャフィー、組み立て完了です。いや〜、組むのにこんなに手間取るとは思いませんでした。(まだまだ青いのぅ・・・)。砲身はヤスってる途中に折れてしまい、修正するもどうしても歪んでしまうので、ファインモールドのアルミ製に変換、キャタピラはポリ製なので、アーマートラックモデルの可動式に変換・・・・・。我ながらバブリーモデリングになってしまいました(反省)。初めて可動式のキャタピラを組んだのですが、こんな修行のような苦労を皆さんされているなんてすごいなと感心しました〜。友人は組む前のピンをみただけで「イッ〜〜〜〜〜〜〜」とショッカーの戦闘員のようになってしまうし・・・・汗。まあ、組み終わってしげしげ見たら、やっぱチャフィーかっちょエエ〜です。うんうん。
(2002.7.4)
 とりあえずオリーブドラブ、吹きました。
(2002.7.12)
 チャフィーの塗装再開です。オリーブドラブにダークイエローを混ぜて明るくしたものを吹き付けました。この後に続く、ウォッシングやスミイレを考えて、かなり明るく、またムラに仕上げてます。その後は油絵の具を適当にチョンチョンと塗って、ペトロールで落として単調な色に変化が出るようにしてます。嫁さんが1番上の写真の状態を見て「き、気色わる〜〜〜こわ」と言いながら去っていきよりました。こういう迷彩と思っとるようです・・・・ふん。「じゃかましい、男の仕事に口出しするなぁ〜。よく聞けよ。こ、これはフィルターリングちゅ〜てなあ、偉い人が考えた技法なんじゃ、このすっとこどっこいがぁ」と言えるはずもなく、何事もなかったように作業を続けるおっさんでした・・・・ふぅ〜。次はウォッシングに入るべやぁ。(2004.2.5)
 It is resumption of Chaffee paint. What mixed Dark yellow with olive drab and was made bright was sprayed. Washing which continues next was considered and it has finished quite brightly. Oil paint is applied suitably, and it drops on petrol, and is made for change to appear in a monotonous color after that. Next, the work of Washing is done.
 チャフィー、ウォッシング&スミイレ完了です。だいぶ、らしくなってきました。ウォッシングは油絵の具の黒と茶を薄めたものをエアブラシで吹きつけ、1時間くらい経ったところで拭き取ります。スミイレはエナメルの黒を薄めたものを窪んだところへチョンチョンと付けるように塗っていきます。装備品はファレホで塗装してます。ガッシュと違って、オリーブドラブとかフィールドグレイといった色が既にあり、混色が不要なので明度の調整のみで塗れるのがいいです。また、容器が目薬の容器みたいに一滴づつ出せるので、ちょこっと塗りたい場合にめちゃ便利です。(2004.2.8)
 They are Chaffee and Washing completion. Very, it has come seemingly to be it. Washing sprays with an airbrush what thinned the black and the tea of oil paint, and wipes it off in the place which has passed for about 1 hour. Then, it applies so that what thinned the black of enamel may be attached to the hollow place. The equipment article is painted by vallejo. Unlike a gouache, there are already colors, such as olive DORABU and a field gray, and since you may not mix, being smeared only with adjustment of brightness is good. Moreover, since a container can take out one drop at a time like the container of the eye lotion, it is convenient to apply a few.
 チャフィー、車両完成です。ドライブラシはエナメルで行いました。ライトはいつもの方法でアルミホイルで内面を貼り、ガラス部は皮用のポンチで0.2mm透明プラ板を打ち抜いたものを貼ってます。ちょっと色気出して、ダンボール箱なんぞを乗っけてみました。う〜ん、八百屋の配達みたい・・・・・。ん?やっぱ星マークを見ると興奮するのは病気でしょうか。小さい頃から青と赤の星マークを見て、育ったものですからつい・・・・・汗。すりこみっちゅ〜やつですかね(笑)。いや〜それにしてもなんともバランスのとれた車体ですな。ドイツとはまた違う趣があっておもしろいっす。(2004.2.12)
完成ギャラリーへ

 They are Chaffee and vehicles completion. The dry brush was performed with enamel. The light stuck the inside by Aluminum Foil by the usual method, and the glass part has stuck what pierced the board of a plastic transparent 0.2mm to the punch for the skins. It is the well-balanced body.