blitzkrieg 1940  making

次ページへ
前ページへ
3号戦車E型、基本塗装終了です。
サフ吹いて、1晩乾燥後、裏面やファンダー裏、キャタピラ等にマホガニーを吹きました。
ガンダムグレーを全体に吹き、それに白を加えたものと更に白を加えたもの(2段階)をエアブラシ2本でパネルごとに吹き分けています。
ライフカラーのグレーと白を混ぜて、細かいところを塗り分けています。
(2012.11.4)

やっと塗装に入れる状態まで来ました。
フィギュアはすべてベースに固定する為の真鍮線を通しています。
エポキシボンドで固定するのですが、真鍮線がないと強度的に不安ですね。
民間人が近すぎな気もしますが、ブリッツクリーグの写真をみると近くにゴロゴロと民間人が居る写真もあるので大丈夫かなあと思います。
ご夫婦のフィギュアはバーリンデン製で2体で2150円
とてもよく出来ていて仕上がりもキレイです。(男性の左手は柵を掴むように替えています)
もっと演出をするなら、作戦変更を告げる兵士に戦車兵が食ってかかる等でも良かったですね。
(2012.11.4)

フィギュアの配置、終了です。
斜面に適応する為の改造や配置で結構時間がかかりました。
フィギュアはトライスター、ドラゴン、ズベズダを使用しています。
「伝令部隊より緊急に作戦変更があった」という設定です。
(2012.10.31)

ズベズダR-12を組み立てました。
いや〜今更ですが、このキット、めちゃめちゃいいキットですね
パーツも「これでもか」というくらい薄く仕上がっていて、繊細。それでいてキレも良く、合いも問題ありません。
スポークも素組みでここまで表現出来ています。
最近のズベズダはフィギュアも良くできていて、このキットのフィギュアも普通に組むだけでちゃんとバイクにまたがってくれます。(左手首はマップを持たせる為に改造しています)
ブレーキコードは0.2mmの真鍮線で追加しました。
(2012.10.29)

フィギュアの組み立てです。
サイドハッチのフィギュア2体はグンゼのレジンキット、前の座ってる戦車兵とハッチのフィギュアはトライスター、立ってるフィギュアはドラゴンの戦車兵です。
車体が斜めに傾いているので、立ってるフィギュアを垂直に調整する必要がありますね。
(2012.10.26)

blitzkrieg 1940 (making)