blitzkrieg 1940  making

欧州に良く見られる門を作ってみました。
カーブの部分をどうやって作ろうか迷いましたが、サランラップの芯をガイドにして粘土でアーチ部分を作りました。
垂直部分は木で作り、補強のため真鍮線で繋いで接着しています。
外側はレンガを貼り付け、内側は粘土を塗りこんで、乾燥後やすりで削って、目地を作っています。
すべてスチレンボードでやればいいんですが、こういうのもやってみたくてちまちまやってみました。
(2010.6.19)
路面を貼り終えました。
上の建物が不自然な気がして只今思案中
自分のイマジネーションの欠しさに腹が立つ〜〜!!
(2010.6.14)

壁も1枚1枚貼っていきます。
木の窓はミニアートのキットから。
リベットが小さかったので打ち直しました。
インセクトピン(虫ピン)を使っています。
(2010.6.12)

石畳を作ってみました。
粘土でレンガを作り、それをひとつひとつ、貼り付けていきます。
まるで修行のようです。
ううう、首が・・・・
(2010.6.8)

ディオラマ土台の製作途中です。
ファルカタ材が軽量だからといって、これだけ組んだら、めちゃ重くなってしまった・・・。
当初のレイアウトでは直線で左上がりの坂だったんですが、紆余曲折でこんな感じになりました。
(2010.6.2)


ディオラマ土台の製作を始めました。
台座はA4の写真パネルを利用して、4mm厚のファルカタ材で立ち上がり部分を作っています。
手前の2つの壁面はバーリンデン製で、壊れた建物はオークションで買ったものでどこのメーカーか忘れました。
石膏のストラクチャーは重量があり、輸送時等の衝撃に弱いため、しっかりと台を作りました。
(2010.5.25)

橋の欄干を作りました。
木で作った土台に粘土で作ったレンガを貼り付けています。
支柱は木で作り、質感を補正する為にモデリングペーストを塗りこんでヤスリで整形しました。
手すりは0.75mmのエバグリーンのプラ棒を使用しています。
(2010.6.19)
次ページへ

blitzkrieg 1940 (making)