1号15cm自走砲 BISON
 15cm重歩兵砲sIG33は、歩兵と行動をともにする支援歩兵砲としては最大級のものとして君臨し、全戦線において多用された。車体には訓練用として開発された、1号戦車B型が用いられており、15cm歩兵砲を車輪も装着したままでフェンダーの上に載せられている。1940年2月にアルケットにおいて38両が製造され、1943年半ばすぎまで第一線での仕様が続けられている。(世界の軍用車両」(デルタ出版)より抜粋)
 15 cm infantryman cannon sIG33 reigned as the maximum one as the support infantryman cannon the infantryman of which is an action together and was used in all the fronts. Pz Kpfw1B which was developed as the training business is used for a body and it is as the wheel, too, attached and is put on the fender in the infantryman cannon of 15 cm. 38 are manufactured about Al blanket in February, 1940 and a specification in the front line is continued until the middle pass in 1943.

 1号バイソン&ウクライナの建物、完成です。フィギュアはクレオスの「故郷からの手紙2」を使用。材木やハシゴはプラ棒で自作、壁のツタは鳥の巣の草とハドソンアンドアレンの葉っぱを使いました。結構、手間がかかりましたが得たものも多かったように思います。(な〜んちゃって)
(アーマーモデリング誌 2005年1月号「東欧一品録」に掲載されました)
 "bison1"&"the building in the city in Ukraine ", Being completion The figure uses " letter 2 from the hometown " of GSI Creos. The wood and the ladder were a plastic stick and the ivy in the writing, the wall used the grass of the nest of the bird and a Hudson & allen leaf. It quite took time and effort but it thinks for there to be many, too, gotten ones. ( Armour modeling magazine It was carried on the January issue in 2005 ).
製作記へ
To the account of manufacture