悪役1号
大日本絵画刊「宮崎駿の雑想ノート」第3話「多砲塔の出番」に登場の夢の多砲塔戦車が悪役1号です。
1930年代中頃、バークシャー連隊の悪役大佐が政府に反乱。悪役1号に乗り帝都に進撃を開始しました。途中少女を誘拐し、迎え撃つ政府軍を蹴散らしながら帝都に迫ります。さらわれた少女を助ける為に少年が登場・・・
悪役1号は170mm加農砲、230mm噴射砲などを搭載した強力な主砲塔のほかに多数の小砲塔を装備。車体の下部には中央に第3の履帯(キャタピラ)を装備し不整地の走破性を向上。車体後部には伸縮式の大佐の個室兼指令塔を配して文字通り動く要塞として強力な戦闘力を有していました。
(タスカHP解説より引用)

タスカの悪役1号、完成です。
塗装はラッカー、油絵の具とアクリルで汚し塗装しました。
組み立てもピタッと決まり、組み立て説明書も分かりやすく、ものすごくいいキットでした。
キャタピラはベルト式にプラパーツを接着していくもので、可動できるので塗装も楽ちん!
良い気分転換になりました。