To the next target point (FRANCE 1940)  making

前ページへ
土台の塗装です。
ウォッシングした後、油絵の具とヴァレホorライフカラーとパステルで色付けしていきました。
順番はなく、ただ絵を塗っていく感じで作業していきます。
こういう時、絵を勉強してたらなあと痛感します。
(2012.9.14)
次ページへ


タミヤ SD.kfz 222 基本塗装終了です。
サフ吹いて、車体裏をマホガニーで吹いて、下地終了。
ガンダムカラーのグレー(24)を全体に吹きつけ(右上画像)、グレーに白を足したものと更に白を足したものの2段階(エアブラシを2本使って)でパネルごとに吹き分けています。
このガンダムグレーはなにやら廃盤になったらしく残念です。

(2012.9.11
ベースの塗装に入りました。
すべてエアブラシだけの作業で所要時間は5時間かかりました。
土の部分はフラットアース+白(屋根とドアも同じ)
石壁はデッキタンそのまま(色違いの石はミディアムグレーをエアブラシ)
大きな扉はミディアムグレー
路面はライトグレー+白(ランダムにミディアムグレーをエアブラシ)

最近はエアブラシでサクッと塗っておいて、ヴァレホやライフカラーで色付けすることが多いです。
少々はみ出てもリタッチするので気にしません
(2012.8.5)

なかなかやる気スイッチが入らず、牛歩ペースでやっております。
塗装前の状態です。
土の部分の凸凹が大きすぎたのでヤスリで削って調整しました。
フィギュアは真鍮線とエポキシ接着剤で固定するのですが、足の裏も地面も真鍮線より大き目の穴を開けて、調整し易いように遊びを作っています。
(2012.8.4)

タミヤ SD.kfz 222です。
sd.kfz.254は東部戦線の背景が似合うのでこのバックには合わないと判断。結局222に変更となりました。
今となっては古いキットですがエッチング製メッシュカバーとアルミ砲身がセットされていて、なかなか頑張っています。
この複雑な形状もサクッと作れる、さすがタミヤというキットです。
車幅ポールはAFVクラブの金属製に替えました。

(2012.9.2)

To the next target point (making)