T-70M
 T-70は、T-60を基本形に武装、防御力強化した車輌である。変化した荷重配分に対応するために転輪を片側5組に増やして機動性は向上した。武装はT-60の20 mm TNSh 機関砲から45mm ZIS-19BM 戦車砲に強化された。この45mm 戦車砲は近距離での貫徹力に優れていたが、小型の一人用砲塔で車長が偵察、装填、照準を強いられたため発射速度は速いものではなかった。装甲も最大20 mmから最大60 mmとなった。1943年までに8,226輛が生産された。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用)

 ミニアートのT-70M完成です。東欧キットと聞いて、かなり構えての製作だったのですが、すごくよいキットで組みやすさも抜群で正直、びっくりしました。フィギュアも顔を含め、ポーズも自然で充分な出来です。ミニアートには今後もいろいろな車両をキット化してほしいメーカーですね。(値段がちょっとナニですが・・・・)。是非、ロシアのマイナー系な戦車等をどんどこ作ってほしい〜〜〜。

(アーマーモデリング誌 2006年9月号に掲載されました)

スライドショーへ
製作記へ