T-40S
 T-40の車体そのままに、水上航行用装備のみを省略したのがT-40Sです。T-40は1940年後期から量産が開始され、1941年にかけてT-40Sと合わせて688両が作られたとあります。このうち181両がT-40Sで1941年に入ってから、同年内のみ作られたと思われます。(かば◎氏解説より)

 T-30のキットなのですが、スクリュー等を外してT-40Sにしました。リベットが小さかったのですべて植え替えして、後部のエンジングリルをプラ棒と網で作りなおしています。箱を開けたときは「だ、大丈夫か?」と思うほどプラ色がものすごく、倒れそうになりましたが、組んでみるとなかなかプリチ〜な形です。今回の初挑戦はスチレンボードのレンガ造りとアルミホイルを使ってのライト製作で、どちらもうまくいったように思います。(2000.8.22完成)
-------------------------------------------------------------------------------------------
 T40-s、車両もフィギュア等もリペイントしてしまいました。油絵の具は作業効率いいです。2日くらい(1日3〜4時間程度作業)で車体、土台、フィギュアをリペイントできました。(ただ、上から塗っていますが・・・)。失敗したときのフォローが非常に簡単。これはクセになりそうです。(2004.5.21完成)
製作記へ