タミヤのテクスチャーペイント(サンド)を指で塗り込んで、上から小石等を撒きました。
乾燥後、サーフェイサー(クレオス マホガニー)を全体に吹き、タミヤアクリルのパフを吹いています。
小石はヴァレホのライトグレーやライトフレッシュを筆やスポンジを使い、塗り分けています。






土台はジャンクヤードにあった廃棄土台を再利用する事にしました。
4号の設置面と傾斜を調整します。







NewShot N0.1627 (2021.9.4)
ウッドフォルモを盛りつけて、少し傾斜をゆるくしてみました。
意外と量を使ったので重量が増えてしまいました。
輸送の際の事故等を考えると、土台は出来るだけ軽量のほうが望ましいんですが・・・。
クラッシュした車両の兵士のお墓を作って見ました。