NewShot N0.1388 (2017.7.29)

ハセガワの i/35 日立建機 油圧ショベル ZAXIS135US 組み立て完了です。
建機シリーズがスタートする。それも1/35スケールで・・・。聞いたときは狂喜乱舞しました。昔、海外キットのブルドーザーを買おうとしましたが廃盤で手に入らない。なぜ日本で建機のプラモがないんだと思っていました。双腕仕様機 アスタコ NEO SW04がキット化されたので、もしや・・・と思っていましたが、ハセガワさんがまさかの建機をシリーズ化・・・ああ、模型やっててよかった。1/32ではなく1/35というところがいいんですよね。いろいろ展開が広がります。
 キットの内容ですが、先端のアタッチメントは、バケットとフォークグラップ(挟む爪状のもの)の選択式になっており、アームはシリンダーロットと連動して実機と同様に可動、車体前面に装備されたドーザーブレードも上下に可動します。油圧ホース、キャタピラは軟式素材で再現されています。操縦手のフィギュア付き。デカールがいいんです。「HITACHI」という大きなロゴがかっこいい!これを貼りたい!という気持ちが湧いてきます。また、注意書き等の細かいデカールがキットに精密感を出してくれます。組み立てですが特に問題もなくサクサクと組みあがりました。いつもはすべて組みあがってから塗装するのですが、塗り分けを考えて、シャーシ部、アーム部、運転席ユニットは基本塗装終了まで接着しないようにしました。特に運転席の屋根パーツ、ウインド透明パーツは外せるようにしておいた方が塗装は楽だと思います。