M-50 (ドラゴン)製作記
M-50(DRAGON) making
 ドラゴンのナースホルン、組立て完了です。ドラゴンのナースホルンは改訂版が発売になり、今回はそれにプレミアムエディションとしてエッチングや金属砲身、新規マジックトラックを追加しての登場です。タイヤにはロゴまで入っており、マジックトラックにおいてはセンターガイドがきれいに開いていておまけに左右が混同しないようにプラの成型色まで変えてあるというサービスぶり。これにはビックラこきました。デカールも信頼のカルトグラフ社製でマークのぎりぎりまでカットしてあります。なんだかみていてうれしくなりますね〜(変?)。
(2006.11.18)
 サイドルーパーはエッチングに替えられるようになっていて、今回はハンダ付けしてみました。ただここはキットのままで全く問題ないと思いいます。ハンダはヘタっぴなので後が汚いんですが、デザインナイフで綺麗に成型できました。苦労したのは砲弾ケースで、組立て図と実写が違ってる気がしたので実写真を真似て作りました。砲弾はタミヤの88mmを使用してます。砲身部分は完成状態を見ると、めちゃめちゃ細かいように見えるのですが、全く問題なくスイスイと組めました。
(2006.11.18)
 基本塗装終了です。サーフェイサーを下地にさっと吹いて、ラッカーをかなり明度を上げて吹いています。その後、仕上げを考えてデカール保護のためうえからアクリルつや消しスプレーを吹いてます。前部ハッチはヒンジ部を再現したかったのでエッチングの切れ端を貼り付けました。つくづく思いますが、やっぱデカールはカルトグラフですね。デカールでズッコケたら、今までの作業がパーですからここは大事です。カルトグラフ大好き(はーと)
(2006.11.21)

完成ギャラリーへ